Skip to main content

Full text of "Psalmody of the Japan Mission of The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints. Japanese, compiled by Horace S. Ensign and Frederick A. Caine"

See other formats


Digitized by the Internet Archive 
in 2012 with funding from 
Corporation" of the Presiding Bishop, The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints 



http://archive.org/details/psalmodyofjapanmOOhora 



長 老 



ホ ラス H ス、 H ン サイン 

フレデリック、 H 1 、ケィ ン 



末日 聖徒 讃美歌 



末日 聖徒 耶穌 基督 一 

日本 傳道部 



所 刷 印山靑 



た, 5 た こ は つね ひや- こ.. ろ かん でフ ぜん おこな ちから だい 

歌 を 唱ふ亭 は、 常 に 人の 心 を 感動し て、 善 を 行 はしむ る カ大な りノま 

,5 た しん り くれく ちゃ- フ いう りょく えう いん じ C つ し かつ わ はつ じつ 

た 歌は眞 理の擴 張に 有力な る 要因たり 。こ の事實 を識 り、 且、 我が 末日 

せ」 ご イエ ス * リ スト けう くわい けう り じゃラ さう まつれ あ ひ がつ さん! b か ひつ えう み ご 

聖徒 耶統荡 督敎會 の 教理に、 情 想 全く 相 合する 讃美歌の 必要 を 認め、 

r I けう ► く .C い に ほん でん だう ぶ やく ゐん およ せん けう しぎけ つ およ 

こくに 我が 敎會の 日本 傳道 部の 殺 員 及び 宣教師の 議决 によ り、 凡 そ 

六十 六篇を 含む この 小 讃美歌 集 を 出版す る事ビ 成り ぬ。 選 定 は, 我 が 

バ£ い 、ゆ _ ぐ えい ぶん さん t> かし ふ な ラ 4.: ちう い にち えう 

敎會の 種々 なる 英文 讚美歌 集より 爲せ しが、 その 歌 は 注意して、 日曜 

せい ご せい さん くわい ならび た てい くわい もち 

る も の、 聖 徒が その 聖餐 會 並に 他の 定會に 用 ゆる 

ュ く いん ぎ しき しつ かう i-s た ご- フ 

る も の、 福 音の 儀式 を 執行す る 時に 唱ふも の、 等 を 

す. - めい つ, にほん いん ぶん てき 

の は數名 なれ ビ、 そ の 都 度、 日 本の 韻文に 適する や 



がく か- フ せい ご てき 

校の 生徒に 適す 

でん だ, プ v*3 争よ- フ 

JO の、 傳 ぶ 用に す 

を さ 

納めたり。 

續譯 を爲 せし も 



五 十 音 索 引 

あの 部 

あいする こらよ よるひる かみ は 十 二 

あさのけ しきの たのしく も 廿 四 

あさ はせ うび の ひか h- はなちて 六 

あしくない ひそ 廿玉 

あはれ くしくも あめ をく だ. 5 tt. 七 

あ ふげ よろ づの もの は あげて 六十 二 

あめがしたなる もの を こぞ. 9 六十 五 

あめなる ち ゝ のみむ ね を まも b 四十 四 

あんそくにちの たび ご どに 十 三 

い の 部 

いかに だいなる そのち その あい 卅 九 

いざさら ばよ の ほ ま r*' 玉 十七 



いざやす くひの ひ をた のしみ おくらん 五十 一 

いど かしこみ て はかせら はみ き 七 

いは ひうた はん TTT のみな を 卅 六 

いはへ やた のしき あん そズび 廿 一 

うの 部 

うつくし くた ふ- yj きた まよ 十 九 

うへ なる あめにみ くらさ, たむ る 五 

うへ なる かみよ, 9 せい./」 に たま ひて 廿 六 

,rs れ しく かつ はした しく 九 

えの 部 

のみた めどみ なによ h> 计 四 

おの 部 

お ほくの は ゝびど 主の み も VJ に 三 十 

かの 部 

か .5. やくつ ゆ の ま廿ニ 



- v^* レ し じ. レ らラ . ^づら 

う、 EQ^ の 詩人の 勞を煩 はしたり :. 

I ほ を W ゐて、 まるず く、 i ん i に^ 惟の ぐ < ま 恩 を 傲き せん、、」 したれば、 大 

撥、 が ほ 4 11 の^^ は, ハム を _か_ ^よりおく する の 必要 を 生じ 、従って 原作 

i, かく へん しん きょく つく i り ,》 レ }0 

の^^ を膨 して 各 篤に 新曲 を 作る こ 、こ 、こ 成れり ; 

淋の歡 ^は、. この 齦 Ik ま 節|| に i: な ひて、 いづこ^ 何なる 時に 於て::、 

、 , r これ X しょ くん これ *\ く •••r 

% を- ふ 1、」 ころに いま 、し、 &ぉを .£ 曰 ひ、 之を讀 む 諸君が、 之に 含める 事 

II だ プ nL > . ぐわん われ ら さん 

は 素 i- なる ナ なり、、」 の 膨を 化ん こ,、」 を 祈願し て、 我等 はこの 讃 

ぎ ま 集 をみ 衆に 献 ずる ものな り。 

明治 三十 八 年 六月 一日 

、 末日 聖徒 耶穌 基督 敎會 

日本 傅 道 部 



たかく さか ゆ〕 る ど こ ろ に て 四十 S 

たのし あんそくびの あさ や 二 

たのしき ひ はめぐ きて 四十 I 

つの 部 

つかれたる ものよ われに きたれ 六十 三 

ての 部 

てんの つか ひの どぶ をみ 

なの 部 

なほき を な せ 

はの 部 

は、 はやさし くまめ やかよ 

はるか あなたの ユダヤ のの ベ に 

ふの 部 

ふ 力き くるしみろ ち を ふ さぐ も 

ほの 部 

ホ 1 ム のうちに あい あらば 廿 七 



よ 四十 九 



よ や 五十 五 



十 七 

四十 七 



みの 部 

みかみ よしん かう VJ あいに よ て 四十 八 

みたまの はげまし ひ, 5- にた, £: す 四 4- 

みむね にした が ひわが みかみ よ 五十二 

めの 部 

めぐみ あ ふる ゝ かみ を ほめよ 六十 六 

. わの 部 

わがす くひぬ し Tn^ よ 四十 六 

わがやに あ- 5 も いづこに あり ビも 廿 八 

わかれに のぞみて いま ひどつ 付 二 

われ はぢら はで 主に ぞ たよ, 四十}?^ 

われら さかえに すゝ むな- .5 二 十 

われら どした しく あ ひむ すび 祈 一 

われら は ひにひに よかれあしかれ 廿 三 

11 一 



かってい やしく うまれし H ス は 卅 ミ 

かみの せいどが いで あへ る 1 一一 

かみの みたま は ひの ごビも ,£t 玉 十三 

力みよ やさしき みまも... 9 ぐ」 四 

かみよ われらが て をお きたる 玉 十九 

かみよ われらの さるに のぞみ 4 ハ * 十四 

かみよ われら わかれに のぞみ 十 六 

か ん しゃ 、す み か み よ 五十八 

きの 部 

きたれ こらよ もろ ど もに 一 

き た れ せ い ど よ 玉 十四 

きたれよ げん しゃ のく ちょ, 9 ぞ 六十 一 

けの 部 

けさお き いづる その ま/に 廿 九 



11 

この 部 

こ ゝろは よろこびな, 9 わたる ま で 

こ ゝろを さ 、げ てち ゝょ 

こ Vj もよ 生 を あいしみ むね を まな ベ 

さの 部 

さ いは ひなれ や 

さんびのう たど あいのう たに 

• レ の. 部 , • I ,,1. 



シ オンに ちから ある わが 王 ! 4 ス よ 

したしみ せつなる あま つ ち ゝ よ 

しゅ はわが ひか- 9 ぞ 

しゅ よなが くるしみ おも ひ 

しんり はなん ぞ 

たの 部 

だいち はいくへ はな を かざし 



十 

十 

十 



四 

八 



五十六 

十 



五 

六 



十 

十 



四十 二 




力 二 



is: 



— よ ~ ^ — > - 



二! ==^: 



!^〜 一 



- ♦ —— 



V 



H 1 

— 
れ き 



-r- 



-"" 1- 



お 



れ 



さす: れ こら よ ^> ろ 



ョ曰 

一 t~ ,- 



dome mwx Cbilbrcii %m\ anir ,mg 

ァ ン 二—、 ス ミ ス 作 
ホ ラス、 at ス 》:1:シ サイン 作曲 



ぞ 
ぞ 
えん 



そ の 
さ よ 
か の 



み 
ら 
力' 



ャ- 

め 



が 



ぐ 

や 



I 



r d m 



w のさ 

いり r- 

わかる 

の ひ 

そみ v$* 

s のめ 

まくの 

み ふよ 

のの, か 

そ そわ 



第 一 来れ、 子等よ。 

(ん 

I きた こら =も 

1 來れ、 子等よ、 もろ 共に 

あまつ 君 を ほめうた はん 

み 

う その 銜 まもり VJ その 愛 VJ 

み ゆ *i 

め その 御 めぐみの 故 もて ぞ 〇 

4* た きた 

. ^求れ、 來れ、 

_h き.^ こ ごも 

求れ、 子等よ、 もろ 共に 

, 返 * み } . 

か ( あまつ 君 を ほめうた はん C 

み 二 われら 口 を 開ら きて ぞ、 

き 受 くるめぐ みほめ た、 へん 

そ の 福 昔 の 御 ひか hv の 

つ て ゆ si 

きょら に 照らす 故 もて ぞ C 

111 われら 若き 時よ b ど 

? ら >0i みら ふ ゆ ) > 

わ 知 慧の道 を 踏み 行かなん 

わ よ をに ご ** 

我が 世の つどめ 終る 時、 

_ かの か やきの かむ b を 得ん 



き! 

. にぞぞ 

.1* てリ 

ビ さぶ 

るら さ 

も ひ -yj 

. ふかさ 

らち か 

、、くわ 

れらら 

たれれ 

さわ わ 



I 



1 

J4.,L たた 力 

一 うた ゆ 

めめみ 

ほほ ふ 

I か^か 

_£! みぐ ち 

V|A さめみ 

つ るの 

■> まくみ 

もうち 



^. ゑ あむ 

^ ゆ ゆか 

のす の 

みら さ 



Mclcfluu, Mtlcoim Sabbailj Pnniiug. 



No. 2. 



ト * ビー 



ホラ. ス' 



ぺー /i^ f 作 Si^ 

ン サイン 作曲 



=l=q —— |^_V. 



;ほ 



«8: 



i— 



の 



しわん そ 



び の 



や 



醣^^ 



—— k- 



ぉ 



よ の 



わ 



ざ 



ベ 



X 



や 



す む 



お 



き 



の 



し さ 



の 



わ 



け 



—— S- 



-t 49- 

-•9 h —- 



1*^ 



—主 



一 St 



'«7 



ま) ん 



び 



や い 



の 



の 



ひ 



や 




すれ リも 

ビ たな -VJ 

さきく く 

へ ざび り 

しそち. 1* 

いみせ 

^やに は 

^ ら げちき 

れそ みら 

わい のつ 

く ざリの 

よい? 

て は ばん 

^うられ 

リ のれく 

の そわ r* 

きリば 11 

ミ な- VJ し 

I つ、、 ら 

ミ まみ わ 

の 1! つら 

ス ちまれ 

H み わ わ 



マき 



t 



ま 



I し 

S 



t 

(ぎ 



に 



L 



むろ 一 一 

すれ ミど 

やわう つ 

てき リ 



へ びす ォ 

す ひう き 

リ に もや 

ょリ ゆお 

ざた たや 

わ わたお 

の ゑみつ 

i- 、かか 

やて てり 

さリ. J お 

わな ふべ 

- のれれ る 

びか ひし 

くの はリ 

そ ひら わ 

. ん のれ も 

- わ、、 わ S 

しゃ- r 

のけ ここ 

たき Z Z 



り i 

一 一二 二 



き 

ぶ 



ま 

I 



え t 



, 

ヌ> 

ヰ- 



ま 



やしぶ 

ひれな リ; 

のうまな 一 

リ もめ € : 

の W -W み 

いい もた 一 

やや^の 一 

びし リ LL 一 

くの のく ; 

そた みの 一 

ん -W のみ j 

わい * か. 

け V5- てし • 

さ-^.^ つ 一 

わう しお 一 

の の ミー 

、、うたい 一 

さ のれに; 

しもむ め 一 

のぎ ミー 

たこ わつ 一 

もや-一ら! 

r- けこれ; 

いき、、 わ 



.ー 



ケ 



4i 



V- るて る 

れ むれさ 

いしら ま 

へらへ ぞ 

力た し L1 

V さかり 

LL て もむ 

(かきき 力 

(£れ か は 

(> わり 

ちくし ぐ 

ばぞリ へ 

かかぶ 卩 

,M4L らら にき 

れれ みく 

わ わ ふよ 

く は. ろ. 

しさ ぜ 一 

たびる、、 

しひし (j 

ししげ そ 

がさ つ • 一 

わ やみく 



ぎ 



一一 一 _ 

*1》 

* レ 



に 

I I ! 



1 tHi _ 



ェ 
ス 



わ 



た 

ゆ 



ょス 日' が 安 まど 世 

く の 曜り 息 t も の ^ 
わ 貴 > ^た 日"^ (^わ 安 
れ - 校 t) しゃし: 息 



も 

C 



る 





ぬ 





ふ 









て 



ぶ 





ふ 



れ 





る 



四 三 

わ 苦く わ こ あ 御み ここ 道ミ 



世 

の 



ク 



:れ 
ら 

ら 



眞 えこ 神 力 ぷれ且 S ゝ 眞ぇ) ま 年 r つ 主お ゝ か 、 

jffl り そ 



は 信え) 



ら , か 仰ち、 



の 
國 I、: 



ク 



に 



きに む を 



は 



し 

に 

よ 
迫 1 く 

b 堪 

來 くへ 
ビ ん 



の 



に 



民; 

ど 
: ど 、 
ま 锻す: な 

さ り 



理り 動み わ げ の 
御み , 



に み に 
わ わ 



い レ <£ 
ざ 待 ま く 
いつま 







たの 



あん _v く び 



あさ 



折 





樂し、 安息日の 朝 

の 



あん そく 



曰 



あさ や, 

よ. す ベて 休む 

きこの あさけ、 

いの, 9 の 日 や 

くわれら をば 

に迎へ 入れて、 

のり 

き 法 を もて 

をし I 

らを敎 へさ どす C 

た の し 、安 息 日の あさ や、 

よ やす I 

世の わざよ すべて 休む 

いど もた のし きこの あさけ、 

( あん そ く ぴ ひ 

安息日 やい の b の 日 や 

二き け や、 こ の 日 の かね 鳴, ON て、 

こ ゑ あた, 9 に ひ > き 渡る 

きけ や、 子供のう た ふ 歌 を、 

い VJ たのし や • いど も 嬉し 

やさし ひ > き はわれら をぞ 



さ 

ねき て、 來 たらしむ 

なり、 を の 歌 は I- 

き 

そげ や、 いそぎ 來た 

れらは ひれ 伏して、 

ュ -, た ト 

i ゝ ふる 歌 をうた 

がむ ねたの しみて、 

の ゥ 

I 法 を も、/」 め まな 

ふみ 

るせ る II 曰に よ- 5、 

をし 

^ きも 敎 へられ 

こ VJ ば われら をば 

) 道に みちびくな 

あ, o、 しるべ あり、 

,々來 た. 9 つ V- 

ど め に い VJ あっし、 



No. 3 



ィ ライ サ'、 ァ - 



、スノー 作 3^ 

'ノ サイン 作曲 



CHORUS 



-專 - 



-m • 气- 



きけ きけ こらの 



r: ズ おす: の しき こらの :: ゑ や 



みっか ひの ご;; わい ゎリ てつみ なくた の 



ここる t て 



^2: 



お 

n し さ 



I て 



つな ミ 



は 



: お干 



むれつ; 一:: らは い 
二 じ た \t こ If ^ 

C^il'- かたん : 2 ^ な 

こら はみ なわし き こ 



に- く^ 
す ベて 
; ころ 



る わがめ 
てつよ { 
,ぉ つつし 



ふくいんに よくも し や- ベ し 
さ 力、' よく てつよ く かし: きな 

いづ: に もれい: ^ O; tt つも n 

そのみむ れ なす ズぉ えさせよ i 



く ろ 

しな 

ま 力 

さ づ 

い わ 

く す 

る ま 

ひ の 

ろ i 

、 、 T 

、 、 さ 

して 

、ほ T 

I お I 

I ざ 



^ め 

ひ つ 

た -」 

ま み 

く ば 

つ.^ 

わ さ 

に し 

ひ た 

し リ 

ベ さ 

一 か 

ろ さ 



- V 一一 



き 



め 



で 



力 











if 



お 



て 



れ 



りて し 

なしい 

むな わ 

く W てみ 

す 3 ^も 力 

ひくて 

まら !;> め 

たくお、、 



神 I' 

わ の 
が 達,) 
愛 わ 徒- 



めで ; ! ■ . 

第 三 わが 愛た きデ ゼレ. 'に 

が is で 遇へ る 

でた き メ\ ^ゼ レト に、 

む れ つ V- ふ 子等 はい ども 多し 

ひろ ノ 9 

こ ゝろ寬 くいさ ましく 

れ ふ ^ i , -、 

貴 VJ き 魂 をす く はれて 

iS によく も從 がふ ベ し 

きけ、 き け、 子 等の 歌 を。 

^ たのしき 子等の 聲ゃ、 

f つか ひの ご VJ 愛 ありて、 

返 つみな く、 樂し きこ,、;、 きろ もて、 

( ぅれしき^-ほもてっざふ時は0 

二ぞ. i- はいの ちな えがらへ て、 

y く!^ .,な る 得ん ために、 

tr^ ヒ、 煙草、 茶 を ば ど ほ ざけ て、 

ものます、 ゎづ かなる 



1- く くら 

を 食 ひ、 もどむな 

|i I!- よく て、 强 く、 か しこき を。 

專 くち , 

1: 一 わかき 時に その 口 を 

つ ゝし むこ VJ 、ま た 慾 ビ 

is! : ,たんこ VJ をなら ふ べし。 

^に^く、 また 人 を 

おも か 9 

すべ て 重く もて 爲 して 

れい しんせつ し )- 

い づ こに も體ど 薪 切 あ れ广, 

あさ ゆ ふ 

四 Jl§ るゝこ VJ なく、^ タ 

ひ 日 ゲ に まに いのる ベ し、 

ぞ ii: は!! 惡 しき こ S を 去り、 

しき をば 身に つどめ、 

W かみ みい 

こゝろ 籠め て 神 愛し、 

の^ 1^ なす を 得させよ ビ。 



K ^ N 



:> 二 



や 



や 



3fc;i 二 



-I 



耳 



ャ ズ、 

ウス、 ェ 7、、 



> ^-- 作 耽 
'ン サイ ン 作曲 



ま 



=t=:q 



ち, W ま 

k ちった 

^ がさめ 

わけし 



V* I 



きら へ 

かれさ 

- ふわお 

ぐ ヘムく 

パカ 

めさお 



-1 



P 八 



ふ 



つ f_ 



て I て 

みむめ 

ぞ やし 



のうえ 

^ひ 

ら なく 

til こみす 



「<« 



「{ 



る へ け 

だかす 



くつれ 

い- リ はふ: 



ぺ しら 

ままれ 

い いわ 



一二 I 

E I 



ま ま ま 

びびめ 



マ 



に 



し 



へさ 

いしな 

おかか 



き v5 -れ 

よちむ 



一 

一 



第 五 めぐみ 深き 我が 父よ 



1 うへ なる 天に 御く ら定 むる、 

ユカ 



い a 



めぐみ 深き わが 父 よ. 

今へ -9 くだる 子ら を のぞみて、 

基き 愛 をた びた まへ。 

み は 

二 いのち VJ まこ ど 满 つる 二 VJ 葉 を 

きかん ど、 われら 今朝つ V- ふ。 

みな モ 

いまし にっかへ、 御名 をう やま ふ 

道 を をし へたび たまへ. 

たす さ 

三 われら を 助け、 こゝ ろみ を 避け、 

あく おさ , 

惡を 腿へ しめた まへ. 

われら を 助け、 すく ひ 得し め て、 

御 旨 を爲 さしめ たま へ. 



ま 



る. 5- け 

むば さ 

バ ,0 か 

さ、、 み 

ら K- ろ 

蓉 くつこ 

みみ、 * 



Ttl lL マ」 け 

W\\ め 、 * す 

_ 一一 

-I I 

お ま: A 



まふ 



さ 



ま 



な ちら 

^ へのれ 

:i うい わ 



二 i 



さ 



ま 0rb, I manb き toit CI 说 き ni) で r Care, 



No. 4. 



ホ ラス、 エス、 ェン サイン 作曲 





tfefi--j 一" r» 1 ~~ 一 




二 ~~ 1 ~As -H —— K 






;ー S 一 L ぶ— J 一 J— 


—— ^ — 1* —— T^r— 




—— — 1^-^ 























― ^ • 1 i** 


1 i_ 1 —— 1 


一 ォ ~~ 







二" =^ -1- - 


1 1 ― 




-W-=i ^ ^ ^ 


-ま 


^ ^ ^ ^ 


- —^- - 

一十 \- - 



ビ もお 

リ t リ 

IP はも 

まち ま 

みちみ 

きも ミ 

し- W み 

さ 力ぐ 

やわめ 

r* るろ 

^ 力 力 

かわ、 P 



) むぬ や 

土 一 i 

€ びし 

I 二 

みたべ 

きう 

いみく 

わかむ 

三 一 

が なれ 

I I 一 

なみ わ 



そ 



かみ 



ぬろ な 



,し寸, 力 



たきつ 



iJk リ でに 

5l.il よい ミ 

み t 

かよ-^ 



111 



一- 

Tr す なめの 

ieli みあ そ 



参 



四 神よ やさ, しき 御守り W 



^ よ やさしき P- まも- 

なが 愛 ビ を 認 む。 



日々 の わが 糧、 わが ころも、 

かみ 

みな 钟ょ b 



二 わが 身、 わが 友、 ちゝ母 も、 

みな 神よ.. y 

すべ て わ が 持つ 御め ぐみ は 



あめ 



び ぬ- 



賜び ぬ 



天よ, 5 出で 來たる 



111 かゝる めぐみ VJ 御 まも. を 

われ 報い^ 

かみ 



ベ し や 



日々 にいの b て 神 愛し、 

その 御 も VJ にっか へん 



> '-, - 一 

ょスづ そ のか I: か; ^ りい でたり : の そ くびの さよけ さ よ 

かみ はも めに わつ きひ; i よりその みめ ぐみ し リぞけ じ 
よ I 二 はて きわ 》J おそ ひさ たる も かみ 5' ま さし 《みかたな る 



CHORUS 



4 二 



-1^ 



^1 



ざ や 



れ 



れ 









部ね * ぶ 4 ^ 一一— 







I- 



力: つ 力 1 う 



さ ナ: 



れ 





「ニニ 



さまな 

やくめ 

(<^1 卞 かなつ 

ニニ 

に はて 

-_: ろる み 



ミ 

丄 一 

- I i I 

LirT 1 



り さに 

、p つれ 

ひ あつ 

ばし く 

ぜ ベな 



I I まろ- W 

さわ、、 

i - _ いな 

レ パカ 



お 







,一 



れ むう 

lL ばく 

めな 



(ま 



わつ こ 

ら みむ 

れげ ゆ 

わ はた 



六 朝 は 薔薇の 光 はなちて • 



1 あさ は 薔薇の ひか, 9 放ちて、 

こやま てき 

やわく 小山のう へに 照- 9 

よくも さ へづる 鳥の こわね は 

欲の 樹 かげに ひ》 く 時、 

われら あらたに ねむ さませば、 

ひ か り、 こ \ ろ に か .5- やきて、 

その 香に かをり 出で た- 9、 

あん そくび t 

こ の 安息日の きょけ さよ, 



き I - 二 

いざ や、 來 たれ、 どく 來 たれ 一 

折 Si 斅 m に^たれ 0: 

退い ざ や、 が たれ、 ためら はす、 一 

( SiiS に^たれ 化 



二 われら 榮光 あるよ き 目 あても て、 

にち よ-.' ゆ k * 

かく も 日曜 ご どに 會ひ 

およ, 9 さづ かる 道に 從ひ、 

すく ひ 得ん どて つ むな り 

おくい , 

よげ つ レ めば 償 あるべし 

ち つ なげ 

執; きこ ゝろは 歎く まじ 

, み ひや > 

ず は、 も VJ めにあつ き 人よ h -、 

そ の 御め ぐみ をし b ぞ: s- じ C 



1 一一 い ざ や、 わ れらは 勇みす、 みて、 

まこ ビっ はものた るべき ぞ 

おこ そみ ちび け、 主 こ そま もらめ、 

い ざ や、 爲 すべ き こ VJ は ぁ h^o 

た ゆむ こ yj なく、 うたが ふこ ビ なく、 

つねに 勇みて つ.^」 めな ば、 

X てき き 一 9 

に は 敵 ありお そひ來 たる も 

継ぞ まさしく 味方なる 



iixx, Jfar Jitoan (i)n |ui)ta's pains. 



No. 8. 



ジ 一、 マ タフ アーレ ーン 作 
* ラス、 エス、 I ン サイ ン れ曲 









1 h— ^-i= 


■ "卞 


















士 



CHORUS 





\ > \ ^ 








^ ~ 厂 




L— P ~ 

— - 



r»、 み 



みさか 



か み に- みさか 



ん 



ち に は 



み 



=4: 



ら の 



に冬& 



かみに み 



さ 力, 

ほ 



お 



だ や か 



ひ 



し ナ: し 



i. 



み 



に はん へ 

ベ;: さる 

のうな そ 

のの びば 

ャ (i 、、ズ 

ダ のる ゑ 

ュ こよこ 

のの W み 

+1 こ, 力. 7 

なくつ LL 

わすみ く 

かしょ づ 

るの みる 

はれ かよ 

一 二 i 



寸ま 

に 



一つ 



お 



ま, 



一 £ 



さよた そ 

さ;^ うい 

たの 飞ぞ 

うみ も,^ 

、J ぐ S5 さ 

よめ - ぷ J 

{| の のん 

じら W は 

,o みまう 



しつら た 



むお わみ 



第 八 遙か あなたの ュ ダャ 

の 野邊に 

1 はるか、 あなたの ュ ダャ の野邊 に、 

むかし 牧者よ き 歌き、 ぬ 

g 祌に铜 さか え、 祌 に 御 さ かえ、 

高き みくらの 神に 御 さ かえ、 

. ^地に はお だ や か、 人 に 親しみり 

ニ樂 し、 救 ひ のこの 愛のう たは、 

あまつ 御 さの めぐみの た よ bo 

三 神よ、 御つ かひ VJ よろこび 爲 さん、 

われら まこ どの こ ゑ もて 歌 はん 

四よ ろづ國 たみこ ゑ をば そろ へ、 

み ごき 

御うた うた はん 時 を ぞい そげ 



No. 7. 



ホ ラス、 エス、 ac ソ サイ:/ 作曲 



i 



ぜ 



ヒ:" I3t=3^ 



な る 



な 



ぜ い 



な 



つ V 



な 



き つ る 

みし は 

はび た 



L 



L 



ら たつ 

ば らく 

、力れ ろ 

はか ひ 

てて は 

み ひに 

、、およ 

し 1^ ほ 

かしな 

いみい 

_ 二三 



ま 



伫 し し 

でね か 

いぶむ, 



リ im 拳 



. ^リし 

しれな 

み て 



-ま 



にきき 

めさよ 

あちき 



4^」 



詹. 

一一に k 

Fir 

,.ピ 



く はる 

しし は 

のりた 

たはう 

もた-,. L 

たこみ 

まよた 

はこ LL 

よ. W く 

ささの 

け しづ 

づ びろ 

しわよ 



5 



ぬぞた 

さ; 

さちの 

言 (^ 

炙; - しつ 

み 



§」 



のの の 



、 V か 力 



S 



4 



再 11 つれき 

ま はか 

わ われ 



ま 



ft 



; 5 



な 第 七 基督 降誕 聖歌 

か 一 い VJ かしこみ て 賻士ら は 見き * 

て い ほ.;" 

あめに 照. 9 出で し 星 を」 

! よは たの 

,る 靜 けき 夜半に、 またも 樂 しく、 

あま )/ ト,^ J / 

,な 天つ かひのう た ふ をき ゝぬ、 

:,、 ^ 垂 なる かな 、趣なる かな、 

«1 1 み みな せい 

,, § 君の 御名 ぞ聖 なる かな 

I もみ ほしお たァ 

」 二 街 星 を 追 ひ て か れら 旅しつ、 

- フミ ,•! ねみ I 

ち さき 馬! Is を た byo 

わびしき 床に よこた は, し は、 

な あはれ、 かの 奇 しき 稚子ぞ C 

. ^三い まな ほ 世に は ひろく 傳ュる 

Iv こ 

きょき 此の むかしばなし、 

? よろ づ の 國の 民に うた はる 

g 4- かこみ -'^ 

崇き 此の 御つ かひの 歌 G 

一 ^ ほし ひかり 

J- s あめなる 星 は、 光 まば ゆく、 

一き よろ づ國ど ほく 照らし、 

一 いろき きょへい. e 

その 色 m え じ 聖き 平和の 

- V* あ ふ 

^ この 世に ぞ溢 るまで は 



No. 10. 

—A 枓— 



ェゥァ 
ま ラス 》 



7、t *f . 



'ノズ 作默 

ィ >^ f^a 



h い 



み V.^hr 



そ そ -y 



V か -> 



し〜、 4 

二 ゑな 



の 




き 

ピ :4: 



「 ~ » - 



ziqs 二- 



- 

-ふ 



L 三 



i ず 



みへ 

しのけ 

ろ v., す 

• はも vi- 

, ^づめ 

みみ ミ 

つし つ 

の w が 

らま わ 

れ LL た 

わ; i 



■1 




げ けよ 



: ぶ み 一み 

ト ^ ゲ もぐ 

FT のす め 



r • 一 



.* か^か 

一 一 . 

4 さ さ、 -ぉ 



> め 

ti. 



,一 F 



« び 

ひ- 



やて 

htti の 

ひ 



^1 ; 



一 *>》 

ニ卞 



li ゥ 

,ま 



第 十 小兒の 祈禱歌 



一 ましみ 切なる あまつ 父よ 

汝の 御子ら が 奥 を あげて、 

み ごく ュ 

御德 をた ゝ ふるさ ま をの ぞみ、 

われらの" si^ をば 赦し 給へ 



折 



愛 ど 御 -ま をそゝ ぎ て 

£ か 

9};: きこ ゑ を VJ ゝ のへ、 

返 あ. まつ 使 ひの 街耿 ぐ」 

C 共に ひ > かしめ よ や 



二 われら は あが 

みて や r 

街ず よ. 數 



めん あまつ 父 を、 

々めぐみ 受 け て 

へん 子等の 住ま ふ 



われら はた、 

谷 間 ど ?.; S 水 も 父の めぐみ 



三 われらに 御 

* しュ 

あ ふ る ものら 

また わが 友ら 

また わがつ VJ 



んみ き よ わ;; 

祌の き 51:: を 

をめ ぐみ 給へ.. 

おや 

VJ 親 をめ ぐみ、 

め を 助け 給 へ 



5 



、 4 



rni つつ さ 

ホ ji^ わさ 



ナ 

r 



a! か 

ちち 

ちちむ 



4 



るん の 

なめみ 

つ 

せわみ 

みはに 

しらら 

しわ わ 

1 二 三 



一 

4 



_ 



、め 



f づ 

一 1 1 一 : 



.ir 



るん W 

ゆ へら 



たた i 

^はが 



くらわ 



f<i み,? i 




4- みみ 

_« ぐぐ 

こめ め 

がすな 

らカら 

: すの 

みか も 

の.: r る 

しょ ゆ 

*< てし 















二お"^, 




—— ら 





fi.- ^ — i 






ぜニ 


お- 




- づ — 1 



Sktihj Sheeting. 

No. 9. ホ ラス、 エス、 ェンサ<^ン 作曲 





—— =r^ —— •■- レ 






M 




;? * r— * ~~ 一: • 


づ . 




― L 1^ し 







|3— 5— ---riif— 



:ォ 



12^ 二 



it 



^ につつ 



ししし 

ナナす 

ししし 

t VV は 

ミっ 



ぶ 



S 



ぶ 

£ 一 



くくく 

ししし 

れれれ 



S 



111 



二三 



ひし さ 

の- IL ぞ 

ひつ ひ 

S € ど 

つ ひつ 

きか £ 

I I I 

r- る ご 

I こび 

ビ 、 、た 

のな の 

、 、みそ 



けて て 

ざ ひさ 

ほかが 

-W むみ 

ひ LL め 

もら は 

おくき 

のみ^ 

くつる 

やまこ 

む あ、、 



IJr 



むん (;- 

しさ ま 

ざお は 

に,^ め 

力 is- 力 

そった 

ごが^ 

おらみ 

なれ ぞ 

み わの 



つちて 



1 



I 



ま 



5 



せ 一 



i 



耳お 



つ だし 

びきら 

よさて 

みるれ 

かさむ 

らざく 

れのミ 

わ こみ 



1 



Ft 



S 第 九 嬉しき 聚ひ 

ノ かゥ した 

1 うれしく 且は 親しく、 

え 力 ゆ この 貴 VJ きつ V- ひの 日に、 

む やく 

*5<ょぞ 無益のお も ひ ど ほざけ、 

めめ 

皆 おごそかに 坐 を 占む 

の! - 化れ らは祌 によび ち 、、 

歌うた ひて、 いの, 9 を爲 さん C 

いもつ かつ した 

二 うれしく 且は 親しく 

みな ひご 

て 皆 こ ゝろを 1 つに しつ、 

一 力 力 み くら むか 

あまつ 御座に 向 ひて、 

二 I , つみ 

われらが 罪 を あかさん 

ひみび 此の 坐 を 去る にさき だち、 

てん も ご 

天の めぐ み を 求 めよ かしし 

、つめ ま 三 うれしく 且は 親しく, 

つが ま た! b ごご f 

その 度 每っざ ひぞ來 つ、 

たの 力 は 

こ 、ろ を 研め みがきて • 

、二 仏 4 のぞみ を 高め はげまさん U 

み f むね て 

种 德に胸 を 照らして • 

まな ゆ x-/ 

" わが 學び をつ どめ ぞ 行かん。 



No. 11. 



ゥ イリヤ ム、 ウイ 一 レス 作お 
ホ ラス、 エス、 ェン サイン 作曲 






さ い 




ひ 


な 


れ 


や 




い 




ま 










さ い 




ひ 


な 


れ 


や 


み 


の 


づ 


ま 




づ 


て 




さ い 




ひ 


な 


れ 


や 


ふ 


ぼ 


に 


し 




が 


ひ 


四 


さ い 




ひ 


な 


れ 


や 


い 


ち 


ねん 


つ 




め 


て 


玉 


さ い 




ひ 


な 


れ 


や 






ろ 


か 


し 










わ 




し 


た 


ひ 


て 


ま 






ら 


そ 


は 








さ 


い 


の 






よ 


る 


ひ 


る 


さ 


さ 


げ 




し 


さ 


な 


ら 


は 


し 


み 


に 






ざ 


け 


て 




ち 




がつ 






の 




ぎよ 




な 


ま 


な 


ひ' 


お 


の 


が 


ぶ 


ら 


い 


ミ 




ん 


さ 




お 


さ 


へ 





It 


し 


さ 






ん 


つ 




1 こ 


つ 




む 


る 


い 


や 


し 








It 


た 


之 


て 


か 




ら 


す 




け 




る 




し 


へ 


む 


n 




ひ 


め 


お 


さ 


主 


の 


ふ 


< 


い 


ん 




i 


< 




さ 


さ 


わ 


け 


い 


つ 


It 




さ 


リ 


て 






ん 






ざ 


け 











曄 8=^E^ 




-4- ^―^ 





は 




の 






< 




が 


い 


な 




ら 




力' 


み 


の 


み 


ち 


な 


IX 




い 




る こ 


ら 




わ 


が 


主 




ス 


■he 


It 


わ 


い 


す 


る 二 


ら 




そ 


の 


い 


ま 


し 


め 




し 


た 






ら 




つ 


n 






や 


す 




い 


か 


ら 


» 二 


ら 





卑ミ . 



神 力み、 


し 


淨! 




き 


さ 


の 




? $ ^み 
追ち 


ど 


い 


を 


ず 


の 


は 


絕ナ: 


9 


愛 * 




を 


す 


て 






か 




る 


PP! た 




子: 


ら 


さ 


等ら 


す- 





は げ 

* 



,5 をし むね ひ、 ^ . * 

受けた る敎へ 胸に 秘め 置き, 

わが. W Hli^ をば 愛する 子等 は 

ねん » 

四 さ いは ひなれ や、 いち 年つ マ」 めて 

にち ょ-フ がっ .^--r- くねげ ふ ほ . fc 

日曜 學校. の 課業 を 學ぴ、 

しゅ ふく いん きわ,, — ^ 

主 の 福音 をよ く も聽き 分け 

ゴ 

その いましめに 從ふ 子等 は。 

かし S 

さ いは ひなれ や、 こゝろ 賢く、 

ぶ らい たん き おさ 

おのが 無 鱧 V」 短 氣を塍 へ、 

さ きょ ; 一ん V ほ » 

い つ はり 去 て 虛言を 遠ざけ 

il にた やすく 怒らぬ 子等 は Q 



三 さい は ひなれ や、 父 母に 從ひ、 

ザ- S きなら はし 身に 遠ざけて 



せう に 

第 十一 小 兒の歌 • 

1 さい は ひなれ や、 愛 ど まこ VJ VJ 

、ru わ し た もら そ , I 

年 和 を 慕 ひて、 また 爭 はす、 

つね 

正しき こ € を 常につ VJ むる、 

鳩の 如くに 害な き 子等 は 

み gjc まも 

二 さい は ひなれ や、 御 法 守りて 



60b Mill f.Ic^s (^Ijc pure |ii ^cart. 



No. 12. 

i- 



チヤ 一 ズ、 

ホ ラス、 t 



ン サイ 



作默 

作曲 



お 



1^ 



4 



― わ 
二 わ 
H み 



い す i 
いすろ 
か み It 



よ 
わ 
み 



る ひる 
まっか 
たまの 



み 
ら 
も、 



ま 



ャ- 

な 

ひ 
な 



^ 

れら^ 
るよ る 

れら; t 



お 



ぼ 二 4z ^H— 



ちお、 《ぞ 
おこ it 
す: のしみ 



ま も 

なん ち 
ん し 



の 



み 



ま 

つ 



す 



サさ t 


H5 - 




一 ^ _ ^ 舞丄 —— m ~ 


—^- 1 —— 


m- —— fef— g— ^ 




才? =^ 







わ 
み 



: e はげみ よくお: な はば 
さも よさ も ながゆ 一:;; は 
まの ^しへ ミ{ きて さけ や 



Iff: 



メ 



め 
わ 



9^ 

ぐ み ん 
かしの 
か' よ ろ 



二 r 



お 



す: ま ひ 
ふ み に- 
こ び は 



― "― V< 

X 

す: 

ひ 



の 



よ ば 

し ろ 
わ ふ 



ん 
す 

れん 



ま: 



か 



み^し 
く ^ す: 
さ'^ つ 



ん ぜ 
i て 
く せ 



ま— g 



かみ^し んビ 
ミく; V た I -C 
ざ ^ つ く t£ 



^ ' 1 


! — ^ 














U 


— , —す 


— —— 




カー 


-1 ~~ 1 ~ 











かみ に-す: よろ I iD は 
: :. ろ さよ さ もの It 
め ぐ み ふ か さ かみ ミ 



めぐ みズ ■f す: ま は ん 
めぐ み/ t: k It ん 
シす ンの みち ミ |1 



かみ 



第 十二 神 は 心の 淸 きもの を 

めぐ ^ま 

惠み給 ふ。 



あい こ ら ひる ^み 

1 愛する 子等 よ、 よ る晝、 刹 は. 



ちか 



な れらを まも b 、近く ぞいます 



おこな 



善 きこ ビは げ み、 よく 行 は K 

めぐみ を 賜 ひ * その 二十 VJ 呼ばん 

かみ しん - 

神 を 信せ よ、 

舸に たよる もの は 

めぐみ を 賜 はん 



二 変す る 子等 よ、 あ ま 使 ひ 等 も 

よもなん; f 1/ み 

ひる 夜汝 のお こな ひ を 見 つ ゝ 



惡 しき も、 善 き も、 な が 言 ふこ VJ は、 

證據 の ふみに 正しくし るす 

V く たも 

德を 保てよ、 

こ ゝろ淸 きもの は 

め ぐみ を 賜 はん 



みかみ みた i こ Ha 

三 御 神 は き よき 御靈の に 

なれ 等 を をし へ、 樂 しみた まふ 

みたま ごきき 

^靈の をし へ 疾く來 て 聽けゃ 

汝が よろこび は 日に日に あふれん 

忠義 を f 魁せ よ、 

ふ 力 み 

めぐみ 深き 紳ど 



シ オンの 道 VJ に 








お' mg ^nb pvap. 



No. 13. 



ンゥ X* ^イング 作默 
、エノ サイ y 作曲 





? y ―" ^ C ~" : —— IT-- 




リ -^^ 


- 1 , ■ 


tJ 


ト丄 
t 




[_)^ 1 





0- 



•IL てて 

>、 げび 

ひわ: 

び ゑろ 

の ひな 

ち あ 

く T 

- てるよ 

ん: ち 

め こに 

1 二 一 二 



さ- 

I 

す 



1 







T き 



I 

1 



(>i 



一 I 

一 



いほな 

に ひる 

(マ わ 

う,^ 4* 

よ 主め 

ち I e 



,* 



I 二 一 

一 rtB 



, 一 



一 



てろ り 

ひなよ 

- リぉビ 



さ.? 

ミり ぴ 

の のら 

そいえ 



I 一-」 



.5* へ に 

ゑ たれ 

、、おつ 

さ J;> ち 

しや JT^ 

のろの 



たも そ 



T き 



して 1 

S み- 



、し リ" 



が- _L 

なま 



一 I ニニ 1 1 I 二 1 1 ニー 

拳 拳, 

I ニニ m 一 _ 二 



klU I ぞの 

さくな 

うさみ 



rt 



ぞ. i ひ 

られ^ 



. てる; 



. 之 



:i し lL な 

ん のばい 

Ati た そわ 



5 







みのも 

マ す 

ま ど え 

わ、、;: 



てりす 



^き は 



5 れ 



の. a. ち 

そわみ 

るら. *V> 

の、 * ま 

- いみせ 



hfi れぞょ 



..: くゼ 



I きさな 



>し し- yj 

さ, し 

、、J v*i 



4 に 



げのは 

わい な 

リ つし 

はかう 



たけつ 

うづめ 

めか. i 

ち1> 



しそ 

.っ は、、 

がろ LL 

なう キ: 



づ のの 

めいい 



第 十三 歌 ひ 祈れ。 

あん ぞくにち たび, - * 

1 安息日の 度 ご ビ に 

二ち よ-つ がつ やう -, ジ 

in 曜學 校に いそげ 

うた ひていの る その 爲 めに、 

ごき ほ ? 

をの 時 V- きに 來れ 

た の しき こ ゑ を 張. 9 あげて、 

なが I b ぬし ほめ 歌へ 

たのしく うた ふなが 歌 を 

あまつ 夭 使ら ぞ愛 づるリ 

11 こ ゝ ろ を 振 ひ、 こ ゑ あ げ て、 

け ふ 主 をうた ひ 讚め ょリ 



夭な るみこ ら、 わ がうた ど 

いの b をよ みし 聽くぞ 

もろ V- もた ゝ へ、 且 いのり、 

主に かしこみ てち かづけよ 

そばに て聽く ぞうる はしき 

ぞ I- のうた ど いの. 

にち が つ かラ C -.、 

Ill 日曜 學校 をよ ろ こ ひて 

わす ^ '0 

つ VJ め を {1 ぬるな 力れ 

みち 、 

yj く よ hs せまき 道 を こそ 

えらびて よし ビ なせよ 

そ の 遨 つねにう しな はや、 

う へ よ,. 9 さ VJhN 求めつ ゝ、 

14 な る 御名の 主に こそ は 

て b やもう た ひい のれ Q 



|]rc;il; IJflt き Sabbat gan. 



No. 14. 



B パ (1/ 1 

ホ 7 ス , 



フ.、 : 



ペー ド作默 

:> ^サイ:/ 作曲 



• め 



の お 



X 



I れ 







^ ^ ~ メ ^ • 


^ 1* g0 1 



やぶ;^ 



" もん 



び Jt" 



=1- 



■ •■ '? ^ 一 1 — ^ 一 ■■ J ― — ^ I — 



1- K I I =^ 









-マ h 1 




匚 ^ 




— 1 — 1*» -' — 1^ 


— p き ~ i 二 















丄 ~ I —— S 1 , 




1 S 一 |5 N- 






KJ 




-' • ^ 舞- 




1 一 — 





cnonns 





卜 奢〜 y__=f^ ーュ .—.| 






- " - 



ま 



んるゃ 

なさよ 

はまえ 

たさて 

うやめ 

めが v- 

ほかむ 

てよ ば 

むいか 

ゑ f* い 

、- いも 

..YJ はの 



のる I 

たよ (き 



ひ Ll す 

たこ は 

う: r* 

ぴ てま 

• > ひさ 

る. W た 

よつ. 》< 

てな て 

ゼかリ 

はきぐ 

わし さ 

スれリ 

、ぶ. -ん 

、、いし 



ん はに 

ば るう 

みづち 

かさに 

しびよ 

ひこれ 

まる た 

た ft き 

ひて に 

きき. 

よお の 

さみこ 



p. 



4. 



さ 



一 

家 

rt 



め 



て 



III s 



び やぶ 



第 十四 安. R 日 を 破るな よ- 



1 こ ゝろは よろこび 鳴, 9 波る まで、 



たの ほ 

樂し きこ ゑ もて 讃 めうた はなん Q 



こ ゝろを 合 はせ て よろこびうた ひ、 



垂き 日た まひし 祌 をば 讃 めん 



折 



にち よう がつ かう 

日曜 學 校に いそげ、 

途中に てた めら ふなよ 



よくこの おきて 守れ、 



やぶ あんそく! b 

破 る な よ 安息日 を 



力 A そく び あさ み て 

il ま 息 日の 朝、 御 ひか h> 照れば、 



萬 物 はいよ いよ か. 5 'やき^る 



い ど樂 しき かな、 つ V- ひて、 こゝ に、 



御 おきてよ ろ こび さづか る もの は Q 



こ さも ft ぎ たぐ 

111 小 供 はし づか に 行儀 を 正し、 



敎師の 愛 をば もどめ て 得よ や Q 



しん り 



置 (锂 を さぐ て、 また さま よは や、 



ひき にら X} がつ .f う 

こ の 日は來 たれよ 日曜 學校 



Clawing |)])mir. 



No. 16. 



二 b- 



二 ホ 



— ) — — — ― 



二: i= ゴ 



iJ^ ョー ゲ、 

ホ ラス、 f 



ゥ X ィ ンク' 作歌 

エン サイン 作 



i2: 



匿- rr^ 



みに よし 

;てさ ち ろ 

^ W ちゆ 



<|1 ささみ 

k れ なしつ 

/ た * I •、 

かみす V 

わつ しわ 



-て 

;ゎ ふす 



;らみ i 

. みれ ぐみ 

, かわめ か 

ニー 1 一四 



I 



, 



I _ 



.f^ しさ はし 

く.;.' き- 71 

(si- ミぃ 



一 



むひ 

i *J< まつす 



二 ス. は,^. 

^ れ 1^ さよ 

えてよ み 



ぞ.. らろ 

一 おれ、、 



7 へよ トウ 

^ み わ、 

一 

^ .ー 



1 



4 



,てせ ひろ 

1,, め まもく 

i おお 



.WI にに く.^ 

ャ ろら し ri 

これの. 

こわた わ 



ジ屮. ^ばく 

, ^れ ち,^ よ 

A 、、みめ さ 



ま 

に 



くの- yj へ 

かリ つま 

ふ d みみ 



i 



伫 i 



舞 



^お 



一, k 



T き 



4-,!-, 



くわい 



へへ へよ 

まま. 》<み 



^^^^ 

しらろ ( 

かか 、、ま 

おち、、 た 

ぽこ、、 な 

おお 5J 

くれ ft け 

力む たす 

なみまた 



第 十六 閉會の 歌。 



1 神よ、 われら 

け ふ え 

今 HL ぞ得 たる 

深く これ を 

ながく お ぼえ 

5: か 

-ー われら 若く 

み 

卸お きて をば 

しん り みら 

眞 狸の 道 を 

_ 御 旨お こ な ふ 

ふか 

三め ぐみ 深く 

われら 善き を 

御つ どめ をば 

またよ ろ こぶ 

四 牌よ、 すべ て 

こゝ ろみ I~hy 

み i へ 

T >ー5: きょく 

たすけ ど な hN 



別れに の?^ み、 

をし へ を 祝 し、 

こゝ ろに 留めて、 

置かし め たまへ C 

W さ 

つみな き 時に、 

まも A 

守- 5 ぞ得 たき- リ 

われらに 踏ませ、 

ちから をた ま 八。 

親 し き 父 よ 

つ VJ むる VJ き は、 

S おも 

樂 しく 思 ひ. - 

こ、 ろ を たま へ リ 

わがつ み ゆ る し, 

救ひぞ ir たし、 

我が 世 をお くる 



たま . や、 神よ 



,〇 



No. 15. 



エマ ライン、 ビー、 タエ)!^ ス f {5 歌 
ホ ラス、 ; C ス、 ェンサ ィ ン 作曲 



[平 8- 



:ョ 二 



一 



-I ~- 



~ I —— 



ニヒ - 



二 ど 



lit 



二 



vU) ~ i '\ r 



^ 



:-t— t 



醫三 _ ^^國 




^よじ 

1 <w ち ひ 

* つみ や 



一 



噩 



-W よん 

せじら 



4 



^ ,、さく 

u やしし 

さ だた 一 



さたし 

: も: 

れ くひ 

つまが 

主せ た 



さ 



き 



さぶ て 

丄なひ 



せまお 

_u いはみ 

もらぐ 

ひれめ 

わ わみ; 



产 



へ ミば 

まよ 

たれち 



1,ti* の わみ 

そき の- 

こ, ス 

?主 



一 



LL ぞリ 

もぐが 

いなく 

いく ぞ 

だしに 

一 だ ゑ 

Q たつ 

ばくの 

ら ほつ 

さな \^ 



丄 



む n 



かかさ 

ゆ ゆな 

L ぞ^- 4f 

ひち ざ 

I おみ わ 



一 



しゅ 



あい 



んんん 



ばき て 

. ^しみ 



ち のげ 

みた は 

のの み 

^ ゑ ゑ さ 



ちち パ 



驚 十五 子供よ、 主 を 愛せよ。 

こ f い がい みおね ぺ — 

一 子供よ、 主 を 愛し、 御 旨 を學べ 

、ん な 

主 つ ねに さ ゝ やくつ VJ め を爲せ 

あ ひあい 

ヱ ス こその たまへ、 相愛せ よど 

き やう だい し まい でも 

さらば、 兄 第 姉妹 共、 に 

ち みち お ゆ 

智慧の 道 をば 追ひぞ 行かん。 

二 主の ご VJ やさ しく 御 神に いの b ノ 



せま 



みち 



も 正しき 道 まよ は じ よ 

i えき ま. な ) 

世に 益 あれよ ど われら は學ぶ 

直く、 正しく、 お VJ なしく ぞ. - 



智 



ゆ 



ふ jf< うやま 

1- 父母 をば 敬 へ、 



のた のし き 道 を 行かん。 

れ生 の敎 へ。 



あ ひ 



たが ひに 親しく 相 まじ はら ん 

主 の 道 をば 御め ぐみ 追 ひて、 

す 力. 9 



てつ つ- *{ かた 

戴の 杖に ぞ固 



ゆげ 



い さ み勵 みて わざ を爲 さん 



pgmii 概 撃 mis" 



No. 18. 



ェゲァ ン、 

ホ ラス、 1 



ゲ ぶ ンズ 作 狭 

3i ン ナイン 作曲 



-a- 

土: 







:=]: 



: お ま 



nir- 



n- 



お 



— A I • 



: ま 



3^ 



lit 



-•at 



— ^ • き — — I ―. 



ど 歌ク: 父;' 深; j: 授さ罪 g 愛 i5 す 
、ふ を 

の 

ベ は -r 

給 4: の 



かの! な 

し 、 - 

る 子 こ は 



ま さ め 
せに てよ 



現 2 其ぁ數 * ぞ 子: 御み 詩し ど 愛?, の 

はやへ 等ら ゝ の 歌; 

れさ 力? を に" の 

、へ 歌 さ 



ベ さ "'"2 子 こ つした Mf' 在 あろ て 
しへ ふ ど \ きしむ はんに 




ま 

.11 

す 

: お 

ーゴ 

'- 



一 



にむ ■>.- よ 

うめの ち 

の ほき 

いらな か 

わ こす ふ 

?J るに の 

た てみ 

う li ベぐ 

の ちす め 

び ははみ 

ん みみ- 

さ, a かむ 

一 二三 四 




一 

f) 

t んし I て 



てた i« め 

へ ,^>た は 

の へ し.^ 

- -ぞ V 




ミ も.^ ち 

W ゑみの Li 

、 、ぐむ マ 

さめる- N? 



^ かきだた 



わなく は 

ねりれ 

. わるへ わ 



A 



【 



n 



はさ へ LL 

^ ろし ささ 

I さ こべ 

、、やの I 

のの み W 

しそつう 

^ さビ るび 

ベ ごた こ 

ぶきれ ろ 



え- W け 

がごに い 

わ ひよわ 



3 



V4. 



S4 



リっ しせ 

おつべ ま 

にれ る へ 

みは かの 

から づ. - 

み もさ ミ 

すは^ *5- 

まリ い 

しも あ、 、 

ままば- W 

に のれる 

めい? 

お あく、、 



』 一お 一 

Ml _ I 

マ S 

_ FE 



第 十八 



ん び 



へ く, た る 者 

世に 汚れた る 

悔 ゆれば 愛 を 

み <r ぐ 

四 ぁゝ銜 惠 みの 

我は紹 えす に 

あ ,J 

愛 をよ ろ こび 

こ ろ こ ゑ 

心 ど聲を 



No. 17. 



ホ ラス、 ス、 Xi /サイン 作曲 



し 



_ ^丄 ^ 1 S ^ - —や 



gzi 二 や J^-tmjg 



一! — 



1^ 



—m- 



3t 



父 ふて 休; 日 ひ 

. 我に の 

の 

m 等ら 糧 力て、 

け * 床^ 
も . ど 
て を 

は 成さ 與き 暖? 

1^4 へ か 

ら 

かりけ き 
む ]) 



め- 



-5 — 



1*^ 



家 * 食 くら 
我?^ 庭ム 父ず ふ 
等ら の ど 

に 

力 > @げ@ は 

父 ふの 甘き 
ど 

母 暗 ほ ^ 



け に 物 あ も 
?) よ 



身み 朝 § 
我^^に 足ち 夕: f, 

等ら 纒 i の ^ま 
が ふ さ 

る 

Jl へ 4 

を よ 我 

i> 力 > 

^み 母 【ず 
. の 

しても は 

む の 



我^^ 母 

買 か 等ら 父 t は 

はの は 優 

ん 爲ム; 何い し 

が く 

> ^ナに 時つ 
爲 な 健 

に 良 じみ 
レ 貫 

はき もや 
ち 衣 I 忙 



【 



よは さ 

か-ひ *p 

めが • ちた 

まわ わお 

くるき W 

しも まて 

さま あか 

や I にの 

は §- I ひ 

I- さろ の 

はわく そ 

1 二 三 四 



4 



リ 八 



くの ょリ 

がの もへ 

そみ また 

レ かたお 

もりの vJ* 

でよ- W 、、 

つき- i 

いさ はの 

はの ミみ 

I し I す 

ちわち や 



1, 



む i 



豈 



お 



n 



て n リ 

ぬ へ かな 

一 

きの や ビ ... 

一 

き t れ -vn 

一 

r*-w は ひ 一 

に のの も 一 

め も けら 一 

た I か .si 一 



1 1 

_ 一一 

ゆ」 



■1 

1 



の S の わ 

らま ムて 

れ!. 11 が Ir. 

ま f * や ふ丄 



一 



1 れれ ー 四 其 

かわ わ ふ 

やが 





W 'むりむ 

けしけ か 

らくら ら 

^、- "1 W 

に 1-^ はて 

め へ ぼけ 

れぅ ふす 

<« 力 力. T- 

んらら 



整 へ 

、 ク . 

ぁぢは レ 

や か 



みい ふ ほ 



第 十七 我が 愛なる 父母。 



は I やさ まめ 

よ 

し し 

らけ hv 



pardjing ,0meto ま, 

ジョン、 I A » チェ ムバレ 一:/ 作 

No. 20. 一 2^6, ゆ き. c【a. ホラ 7、、 てス、 Z ン サイン 作曲 

李 ffZ=:pr: ^-g_^<«g =r_|Eiizj^:qi=^ 二: :fi=:|^^Ei:j^ 二 ミ 

二で 二 4Tt3r:l2 二 レニ :|2 二- toZZ::^I=:J=E 二:^: 1 - 二 さ —— ョ 



fc に-き- 



卓- 

: に 



お 



45- 



お 



二 12= 



: な 



T ^Lpr 



-, 二 ■s. 



われら いへ ち' に すすむな リ もめに D*t> 、'やく ミ ほつ { 



^^&虛"^^-薛当き^^^^ 



つさぬ いのち; t もミ むな り 二れ ぞ われら;^ まれく ほ し 



,レ なな も 

> む 一 W 

.W 、、ろ 

£ む も 



お 



お 







I 



むまし 

かわれ 

ら ら 51 

れれく 

わ わす 



hli けにめ 



お W ほ 

卞 き: か 

びし 

^1., みれ 《 



, ^く s- 

一 W ひら ひ 



t p* はす 



5, 



攀 攀 n 

m 二-二-一 



る た, 



ら,^ ら 

れされ 

わよ わ 



じ. 

に まかえ 

It るち み 

k つへ ぐ 

- すいめ 



, はき V* 

かバ ら 

れくか 

- 、うち 

L すりみ 

えむ の 

た 力 そ 



一 

I 



I 



一 C 一 



いへ; 》 す, 



1 」. ひ 



第二 十 家路に 進む。 

1 われら 榮光 に 進むな う、 

われら かむ .5 を も ビ む な .50 

, み-が . 

われらよ ろ ひ を 磨き あけ、 

たえす これ をば 棄 つるま じ 

g われら 家路に すゝ むな hN、 

あめに か > やぐ 遠 つ 國 

^ つきぬい のち を もビ むな. 9.- 

( これ ぞ われら を まねく 星 

ひ ひ 

二 さらば、 日に日にす ゝ むな.. o、 

われら あま 路に向 ふな bo 

善き を はたらく 度每 に、 

. かむ b 受 くべき 家ち かし 

三 その 日き た らば 、御〕. f1 -レ つ Vj ふ 

すく はれし 子 ら も-ろ VJ も に, 

われら 救 ひの まを讃 め、 

その 御ち から" めぐみ 得 な ん。 



-4-f> ; 








/Prj^ h 1 1 —— 


一 iS< ^ 


V.... 


二 ~ -, 




'■ j - ■■■:] -- ^ - 


- 1 k - 


4~ 


., 1 1 „ 1 


iztz —— 











1^ 帶 — P" , 5^ 1 り 


― t ~ f— 
-厂 -ip* 


二 r —— r ^ 


— ! _ « ― 



No. 19. 



ィ ライザ、 ァ -^、 スノ — 作 欲 
ホ ラス、 エス、 ェ ン サイン 作曲 



一-奢 



— —1 \ 



—& 一 



-3 



-ラ — g- 



まれ ざミ 

さ-一 JP も 

€ る に/ IVJ 



.1* や! 



I こリか 

->」 ほる i わ 

くみく..; 5 

しきしろ 

く" w くた 

<M つい 



L う? お 

1 ニー 一一 四 



,w のても 

X ちけ ゲ 

わう かま 

はの も P 

Ll ら に の 

まかれん 

すナも な 

き のにば 

ひが ミれ 

ぐる-;,: の 

たし ま-、 



」 



b 拳 ハ 

ニニ 一 



すよ ばか 

らま まき 

わたた な 

ものき の 

くつ- w も 

か- W I る 

た ひ V- し 

いりろ.^ 

たよ わな 

わて リの 

L のべ かま 

そす ひ;^ 



」 



I I 



す さ ベな 

や 一る- VJ 

- ナ . lL «3 . さ、 - 

-i- ろに かま 



た ふ s 



C& しリ ... 



—.5- ざら く は 

かさよ 一て 

てゲ. ^む 



m ベえ はげ 

すたの つ 

-W のミ れ 

ひそ こわ 



第 十九 貴き 玉" 



おぐ ひ 



其 

ひご 

人 



二 王 

す V 

其 



1 

ま- 

ひか. 9 

光 

言 



四老 

この 



玉 



し く 

な き 

あたい 

價 

て 



の 

すべ 

凡 



€ 君 

ろが ねの 

てよ, 9 

の玉ぞ 

し く 

VJ もに 

あ る 

の 葉 を 

たる も 

玉 は 

の 名 を 

告げむ 



た ふ -、 > た ま 

貴 き 玉 よ 

玉に は あれ ビー 

た 力 一 

高く も あらす 一 

かす やす j 

飾る に 易 し 一 



ほ こ る 黄金 や 

たから ラち 

寳の 中の 

ひご たま 

一つの 玉よ 

さら た.^ ご 

更 に 貴 き 

かざ 

矜 にも 飾, 5 

むね かげ 

4.: ふご たま 

貴き 玉 は 

善く 飾るべし 

わか した 

若き も 慕丄 

なん 

何の 玉ぞも 

し & 5 

知る 者な きか 

そ ま こ や J 

其 は 眞理な b 









: —— I _ ->» !^ ~ 




4 






- ■J. — ^ ~ 






r it 











-マ. ft — 






i. 丄 




— l^v— * ~~ • 丄— —— 


'一 ' r 

1^' 



J? 鱅— ゲ、 マンタ TtH/ ィ 5/ダ 作 耽 
No. 2l. ホ ラス、 エス、 ac シ サイン せ 曲 



や 


,- jf 








^ 




は^ ほ 













は J=^^ 




+r-'^ 





- ^ 一 h-^ 


! — ? 




1 

i" 

'ネ 


― ^1 —— 



び ひす 

C さ い 

そよ わ 

わい な 

さぬ の 

しひ. ひ 

の まく 

れたそ 

やはん 

へ-」 わ 

は W き 

いひ i 

一 二三 



耳 



1i 



一 



お 



むくや 

すれけ 

T き 

一にれ 

,さ- VJlo 

わみ ひ 

のか 

よみつ 

は.^ ろ 

らる な 

れ I め 

わ-、 わ 



5 



再 



149 iOi 一 

ま 拳 〈 

m ニニ- 1 



ひひ ひ 



のの の 



そそ そ 



んんん 

WJl おわお 



さきき 



んさり 

がづ も 

ほ まま 

-W ざく 

: ひよ 

かさ 

力まく 

ひ いそ 

きはん 

I ら. © 

れれ の 

うわ-、 



( へ -き く 

た. fi 

ォュき 

ほいい 

かひ ひ. 

みまが 

かやた 

みうし 

は^- レ 

ら * れ 

れがむ 

わ わみ 



ん、 ろ 5 

ひする 

よんり 

きか の 

れ にの 

け まみ 

びに、 P 

たまみ 

その は 

、、みる 

れ ぐく 

かめお 



王 



な, 



さ 



ひひ ひ 



のの の 



そそ そ 



\ あ (あ V. あ 



I I. ささ さ 



_«ul ぶぶ r* 



のの の 



一? 

こ fi 



息く 天え) 息】 





に 

ま 




の 


の 


P ひ 




ね 


P' 



の 
よ 



送お i 
< ヒ 
る 

は に 
御み ^ 

祌^ a 
の 
法? 
な 



息く 

の や、 t 

n 

ぞ く 



曰 ひ る 





あん そく ひ 



第二 十一 よき 安 &日。 



いは た ゆ あん そく s> 

1 視 へや、 樂 しき 安息日、 



あん そく 

よ き 安 息 の 



われら は 世の わざ 今日 やすむ、 



あん 



よき 4IQ の 



m( 



ひか." 



うれしき 光 を こど ほがん、 

われら は 御 神 を ほめた ゝ へ ん 

かれ こそ 賜び けれ きょき 日 を、 

あん そく ひ 

このよき 安息の 日 



あん 



ひ W たま 

11 人に は 賜 ひぬ 

よ き 

心 を 街 神 ど 

よ き 



ヾ J よき 日- 



あ. < 

かヌ 



われら は 今 また ひ ざ ま づ き. 

しゅ ふか 

わが ま をう やま ひ、 い V」 深き 

めぐみの まに /\ 感謝す る * 

あん そく ひ 

このよき 安息の 日 . 



あんそくび な あい 

J1 よき 安息 日 の 名 を 愛 す. 



よ 



き 



安息の 日、 



あめなる 使 ひも 歌き け や、 

あん そく ひ 

よき 安息の 日 

あん そく び 

こ の 安息 曰 をよ くま も hN、 

み むね し 4^ が きょ 



-に 



一 # 



一 t 



ヒヒ 



22=zfc 二 i 



-t— 



え- ヒ 



— !- 



二お t 



No. 22. 



口' <;1/ ト、 ビー、 
ホ ラス、 エス、 コ 



ぺ - ド 作軟 

ン サイン 作曲 



-( 



二 t 



.卞 



れ丄 

かれ 一 

なの ご. j 

「f ミに ぐ: 



、 、 I つ 

すの の 

ごま ゆ 

すづふ 

くな び 

しいれ 

な はた 

U む そふ 



らゅ ゆ 

たずん 

はす さ 

くくな 



rt 



よさみ 

に li び 

*{ま : 

の るろ 

そみ よ 

る r- の 

てから 

ぞ るれ 

ひく わ 



」 



じんや 

. b かじ 

k かゆみ 

ミ. 2 す 

、 -さす 

す へ か 

r にさし 

のま わ 

. ちす す 

みはま 

の- 5 

そき た 

ひ 



! 



」 

一 



C 



てリけ .41- 



れ しに 



一 



に 



さ なぞ 

れかリ 

ま 0- し 

ひみし 

、、すお 

f ぐし 

か J 

のの の 

そよ て 

たが , へ 

まわす 



4,1 



3 



軍 



3 



el 



7 



-.」 

ー广 



ヨ 



1*1 



ざ v> め 

めの す 

さ ひな 

くの な 

がちき 

な lL よ 

そちめ 

、、いた 

, ^だの 

そ.;: よ 



b 參 

厂: > HI 



てよ ば tl 



ま 



L 



Hi 



、、い 



ねじな 

ちらき 

むお ゆ 

くの A-rJ 



i むひ 

の さの 

ゆびつ 

つ よな 

ぐば さ 

や^し 



i かや J た 

1 ニミ 



に ゾ 



ま ^ 



L 



2 



ま 



T き よさ わ 



しむり 

やす わ 

はす も 

V. ひる 

い HI さ 

€ かく 

* 、ちほ 

るみ" W 

たる *s- 

きな め 

のきが 



1 



^ て? J 



11 



ョ 

ず rl 



r .: L 



めす ひ 

,s かれ 

w お ま 

きめ に 

ひ、、」 ひ 

リ るら 

かこれ 

ひこ わ 

はの ぞ 

らら. は 

れれれ 

わ わさ 



第二 十二 輝 く 露の 間 • 

1 か > やく 露の よくもち ゐ て、 

むなしく 過す こ VJ な か れ 

日ぞ 照る その 間によ く はたらけ、 

夜の 來たる こどい VJ 速し 

ひかり ひ , 

われら は H 光 を 引き ど V> め て 

そ の み ち 延ばす こ VJ を 得 じ 

まお、 その かげ を も 乞 ひまね きて、 

そ を こそ 長く 留め 得 ざ れ。 

二 時間 をば 呼び どむ もの あら じょ、 

そ は いなづまの 羽に のれ bo 

く み す * ゆ.' 

來る かど 見る まに どく 過ぎ行き 

さきなる 道 を 飛びす ゝ む 

お 

われらの こ ゝろを どめ 置かす ば, 

、來 あはす 機 さ へ 消え 行か ん 

わが 世の すぐる はすみ やかな. 9、 . 

た > いち 日の 日の ご VJ し 



1- た の しき 夏の 日 過ぎ ゆき な ば、 

ふた ゝび 冬の 繼 ぐご € く、 

われらの よろこび 皆 消ね 行 き、 

わが 目 を 遠く 去る も あ -.yo 

ひ ひ, 

されば ぞ、 われ らは 日に また 日 VJ 

た ゆます 足 をす、 め じ や、 

すべての 惡し きを 押し返け、 

世の 爲め 善き を 爲す爲 め に 

四 か > やく 露の間よ くもち ゐ よ、 

こ を爲し 得る は たし か な. 9、 

すな は やすき ,フ 

はやき は 即ち 安全 を 生 み、 

貴 どき 幸 を 持ち 來 たる 

み はた 

こ ゝろを もち ゐて身 は 働 ら き, 

そのこ ゝろ に はま こ VJ あれ 

さらば ぞ、 御 一 牌 はめぐ みたま ひ、 

また 愛 を も て たすけた まふ 



No. 23. 



* ラス * It: ス * x>/ サイ ゾ 作 ffll 



『ヒ "fc=i 



に 



お 



縦 



i2- 



i2- 



r つりり 

つなな 

さるろ 



1- まま" 3 

! -れれ れ 



一 



さる る 

たつる 

がおか 



へ に ち 

f ゲ にの 

かれい 



一 



一 



til 



お 



5 



一 ま 



1 



くれき 

ふら V- 

ビ てく 

力す り 

ュ: て 

る ち之 

わい ひ 

に ろの 

• ちがて 

*7 らく 

はむ ま 

は V- の 

ねび そ 

る W た 

わ ひま 



一 



れリリ 

ななな 

くろる 

ゆわお 

ら ねね 

ちた た 

そ るる 

- 、かさ 

•J- かま 

べにえ 

力し 力 

^わさ 







か ii 



,亡 







N. お 



ぐて み 

られし 

はかろ 

やおく 

にれ は 

めすた 

わ わ ま 

のに ひ 

みら は 

ぐの い 

め もさ 

る るく 

て ナ. ? 

まこが 

もお わ 



to" 



ななれ 



Ife, おわ- 



-1」 



かにれれ_ 



マき 



ろ 一 の 

も ス き 



i 



「t* 



一. 5, 



Li に li つ 

れぜミ 



ま 



華 ? 



に の もお 

たつが 

かわす 



のの ひ 

らら な 

はの こ 



^ てて W 

きもば 

f わつ」 

"め こ 



の や. > の 

力. 3" ら 

たのれ 

. まい わ 



5. 



5 



二 



5 



一- 



ななな 

るるろ 



Til 



な卞 

U ト- 



わ わお 

れれれ 

ナナす 

、 、しし 

の S 



♦ 1 て: 



おそ そ 



^ れさす 

かけさ 

4ii しづ だ 



lip, わしい 

ナ: Hltf 

よいめ 



士 



滅- 



i 



ひし. i 

K び ど 

ひさ- W 



,一 W はのに 

らべ ち 

れまえ 

U わ や、、 



3 二 1111 



第二 十三 種播き • 

ひひ よ あし 

1 われら は 日 に 日 に、 tl かれ 惡 かれ、 

かぞ へがた き 種を播 きつ ゝ、 

ある ゐは 畑地 に、 あ る は 風 ふ く 

岡べ にこ そ 散らし ゆく なれ。 

て あめ 

あま 照る めぐみの 雨に や はらぐ、 

うねに 埋る たね も あ るな, 0- 

又、 か のか わきて かたき 野 はらの 

おもにの こる たね も ある な り 。- 

二 山 ベ のさび しく、 い ビ も靜 けき 

谷に 落つ るた ね も あるな.. 

人々 むらがる 市に 棄 てられ、 

あし 

足に か >るた ね も あ るな. 50 

おこ々 る ものら に 忘れお かれて、 

甌に 散ら ふ たね も あるな bo 

あい あつ 

いの, ど 愛 もて 熟き もの ら の 

そだて やし な ふたね も あるな bo 



こえち め い 

S 沃土に VJ 3- ま .0、 芽 をば 出 ださす、 

いのち かる ゝ たね も ある な bo 

まて ひ ゆでき 

また その 播く 手の 冷ね て 行く 時、 

さか .£i まさるた ね も ある な bNO 

わが 播く さい は ひ 又は くるしみ、 

一 っ氣 息のう ちに こもれ. 90 

われらの こど 葉 VJ 、すがた、 おこな ひ、 

そこに 生死の たね は ある な h^o 

E われらの 弱き を 知れ る 御 神 よ、 

われらの み に 種を播 かすな 

ト xj 

なが 御つ かひして 貴ビき 穀物 

生 ゆるう ね を まも b まも ら せ、 

畑地 はさ かえの かむ -9 いた > き、 

じゅく ほ 

熟しき たる 穗もて か > やき、 

なみだに 播 きたる 種の みのりの 

ど わの いのち 满し たま へ や 



No. 24. 



ジョ 一, レゲ、 

ホ ラス、; r- 



シ タ 



作 狭 

ン サイン 作曲 







h , 1 1 




— ^ —— 
















卞— J 




—— ?-: i.-i^ 



2^ 



-な 



i 



ip てリ 



ナ 

き 



妾 

一 13? 



rt 重 



4 



わ づ 

リ め 



か 

ざ 11 

ひ 5 

く $ 

く 5 



「n わ ひ;: 



二三 四 



4J. ナゎ しか W 



卓 



"5 



り C? LL て 



t へ 



It 







ョ* 



て 

力 



T 







さ 



て 



のさ や 

; みび 



£i げち リ 











5 



5- 



のた ろ 

へん 、 

てよ r* 

すば る 

れ^る 

そミふ 

おひ わ 

ほまれ 

なわむ 




3 



し 

ii お, 




きれ 4- さ 

け- W み 

り: ば 

rt のれ 

れ そか 

€ か 

み み 



か 

み 



H みこ 



0^ かに か 



一る り 



ま 



る ろ 

な た 

ち さ 



ケ 5 



j きゑ ちれ 

た ら 



な 

1 



i ら 

ちくし 

はわ は 



I 



の 



さそ か 



かよよ 答? •: よわ 
れ ろせ へきが 

はこに こ 愛め 

見み び けら ど づ 
き やれれば 子 こ 

一。、 、 、 



n 夭;^) 時 f 惡, 口 I 乞" 

よの な 魔 ま に 
I) 賴の 

け 父 ずれ ゆ しみ 
れのざ ゑぬ て 

» * ^ 



2 たちまち にして 

まひる ひ 

眞晝の H よ b 

且 はか > やく 

み 

その 身のう へ を 

ひご , 

あまつ 人 を は 

ち t かみ 

父なる 神 ど 



ひか h' 

光 あ b 

あきらかに、 

はしら 立ち、 

射 照らし つ 

み k 

ふた, 9 見き 

その子 ど を 



四 『これ は、 ジ ヨセフよ, 

この 子に 聽け』 ど 



ジ ヨセフ、 いの- 9 に 

お ^ ヌ 

生に こそ 耳 を 

むね 

胸に あ ふ る ゝ 

いきた る 神 を 



第二 十四 ジ" -セフ 

き た 5 

就禱, 

あさ , 、 

一朝の けし き の 

ほ はか > や きて 

鳥 はさへ づ. 5、 

もリ 

そのこ ゑ 森 を 

これ ぞジ ヨセフ. が 

あい ^ , 

愛なる 满を 



さい しょ 

ス ミ ス 最初の 

たの 

しく も 

-7 1. ,» 

上に あ- 

はち な 

は 鳴 き、 

ひ > かしぬ 

i かげに て、 

お 專 

??! ひし 時。 



二 低く ひざ 折 h-、 

はじ 

初めてい の. 

むね 

これ ぞ、 その 胸 

くもし I ► 

苦み なやむ 

なほ もお それ. 1^ 

御 まも り にこ そ 



Iliin Spcah |l0 111 

No. 25. ホ ラス、 :!: ス、 in ン サイン 作曲 



ft 「' 

> 


P- —— & —— 1 --" -H H 1 1 




^-M-^-l 「 「 「■ * 


1 1— — . ぶぶ 


リ. 



WLi よ vi- し 



,』| 







b わべ 

さろ す 

こころ 

のこ ゆ 

リ るが 

は ゆ W 

は.^ の 

-w ちび 

わお よ 



rt 



か u 



ーチ- 



u 



はて vs- 

ろ へ が 

かかの 

なぎ 

みた ひ 

はみ さ 

うつさ 

るの リ 

た" W よ 

きび ミ 



-t. さよ ひ 



!, I. 



^ じんれ 



ぶ 



ニニ I 



らぇか 

>*リ な 

ざこ 一 

ひ ほ ゆ 

かれき 

れ こさ 

のか も 

るで W 

こかる 

二い し 



n ニー 

.. 一 

一 r 



rrj, タ しさよ 



まま 豪 ま 

- - - - - :… 二 I I I 一-ニニ 



ばび し 

らら: J- 

S ひ 

ちち *yj 

みみ ひ 

ろ.. v< る 

さかぐ 

またす 

み も だ 

し LL た 

たら は 



き 



き 



,5 



しんん 

よばら 

ら I が 

さ- yj た 

も かか 

れ -W さ 

た ひ 力 

る I じ 

かざの 



£ まひ そ 



一- 



• はめし 

らミか 

し なじ 

わよ ひ 

もて I 

さめ. t 

よこす 

のる が 

かこら 

づ ごれ 



mi 



わ まわ 3* 



ま 



ま 



第二 十五 恶 じくな 云 ひそ。 

* い こ W » 

ー惡 しくな 云 ひそ、 よき 言葉の 

あどに は 刺 を の こ さじよ 

みな 

きゝ たる うは さ 皆 かたる は、 

たか ひご 

こ ゝ ろの 高き 人なら じ 

し 41 • みち 

親しみ まさる 道え らば >, 

*1* た ュ 

播か る ゝ種 もさら に よし 

し 

わ づ か の よ きも あ.^ ど 知らば, 

かぎ ,i ) 

およばん 限 b よき を 云 はん 

i ひ-、. - 

二 あた へ よ、 われに、 世の 人ら の 

ね 

おち VJ を ゆるす こ ゝろ根 を。 

世人の つみ をた >かぞ へ て、 

いかで か 之 を ほこ.^ 得ん 



更に も 高き 道 え ら び て、 

ト 

さ ひご ね ふご 

人て ふ 人 を 尊ばん 

まご ゝ ろ-籠め てよ きを も, ヒ め、 

かぎ V \/ 

およばん 限, 9 よき を 云 はん 

三惡 しくな 云 ひそ、 おのれの ご ど 

よ !b ご 

世人の どが を ゆるすべし 

ひご さき ひご 

人よ -5 先に 人の どが を 

知る ど も、 さきにい ふなかれ。 

t す ひご ひ 

世 はた >過 ぐる 一 日に して, 

. そのみ じか さ を 誰が 知らん。 

われらが 住ま ふ 日 はみ じかし、 

およばん 限- 9 よき を 云 はん 



^mitM max^B m ぎ 0bc* 



No. 26. 



ク ヨセフ、 ェ */、 タウン if:/ ド 作砍 

* ラス、 =C ス、 :!: ン サイン 作曲 



CHORUS 



—S ~~ h-^— -p — , — 1 一一 



-ニ 





のこ ミ ばれの 



I ニニ 





さ 



ァ 



7) 

气て& 



tit- 



ま 



? * 一 



ひらん 

たし i 

にさの 

ミ よみ 

(もき か 



よるろ 



力 力 力 



まな- 

へ 』 



みみ 

せ ニー 一 一一 



『一 一 

マー 



3 



,ト》 




ま. 

.h. や 



お. 



十 



二 

き 



-ま 



宣 



一 一 



さ 

し 



*ゥ る は あい こ ご は 

第二 十六 美しき 愛の 言葉。 

かみ せい, « 

一 う-へなる 神よ. 9 垂 徒にた まひて、 

あ,, H づ道を 踏み ゆかしむ る、 

* ひひ き 

御 こ VJ ば • 日に日に われら 聽 くな hN、 

しん hs あい 

あはれ、 義き眞 狸 ど 愛の 

あい 

うる はしき 愛の こ VJ は、 

たのし、 た ふ どし、 その 御 言 葉 G 

みかみ く き, > 

御祌 より 下 だ. 來 たる、 

返 あ、 

C ぃビ うる はしき 愛の こ VJ ば 

み こ>1 か +i きょ ^ S 

1 一 御 言 を 語る は 塞き 使徒 ら ぞ、 

な モ v)/ 

われらす ベて その 名 をう やま ふ G 

. な しめ » 

かれら は、 爲す ぺ きこ ど を 示す に, 

05 々に爱 VJ よろこび てす 



み iw かた かみ i げん しゃ 

一 1ー 御 言 を 語る は 神の 預 言 者、 

よ a*)- むね あ 

世に はさ か らふ ほ こそ 有 なれ 

あし せ 

われらの ねが ひの 惡 きを 責め て、 

すべて 善き を爲 せよ VJ 勸む 

み こご かた きょ み 

四 御 言 を 語る は 塞き 御た まの 

え ひ S rri 

ちから 得た る 人々 なる ぞ 

み たま よ す ひご 

聖靈 はこの 世に 住める 人ら の、 

たか ひく も S ク 

高き、 低 き、 す ベ て を 求 む。 

て, 

五き よくも まば ゆく 昭^ら 1^ さ の 

こご は J 

たから なれば、 ひか りの 言 葉 

も ご ひひ 

かしこみ 求めて、 われら 日に日に、 

そ^ 御む ねに したが ふ べき ぞ0 



No. 27. 



ホ ラス、 エス、 :Cj/ サイン 作曲 



き 



T 1^ Jm 



くして すてぬ 



しのく かみれ 

くた しづ るハさ 

つなの かほれ 

.4 う tt 'たち ほみ 

てても て 

ベべ やみみ -,. - 

すす ^ たか ($ 

のの ふれみ は 

がりの い 

,^?,-^づかぃ,か 



みきし いわせ 



一 ._. 



5- 



お 



ばてて 



わ わお 



ま 



一 戴 J3L ちちち 



のの S- 



はての 

さきて 

かさ か 

たな そ 

ゆ は i 

わ- yj る 

いもが 

へしな 

ており 

ベむ た 

す ふわ 



攀 S 攀 s> 



ま 

丄 



> みなろ 

ゑ さし 

ほの も 

-は そお 



LL の も 

もび き 

M ミこび 



もる ひ 

やよ の 

も はづ 

f* よみ 



お 



十; 



ま 



お. 



お. 



じ:: 

らへか 

あしら 

の、、 き 

るく. b 



ざ た ほ 

ら a な 一 



> か はら 

しち そ! 



れの I 

> ういお 



ま 



id. 



ま 



にん 一 

から IP 

やなた 

だるみ 

おは ゑ 



1% ひ さぞ 

きしみ 

つ く か 



くつの 

?っリ 

お 、ださ 

す. <,! ひ 



さ 



さ 



WVV ばて^ば 

らもら らちら 

わお わお わ わ 



おわ わ わ わめ 



さ 



-す 



一 

き 



ちちち ちちち 

のの のの のの 

ムムム A ムム 

ニニ 二 

****** 

! 二 三 



赃 



さ 



卞 t 



芈 i 



家 T 家で 
庭ム 庭ム 
の の 

內 r ヒ 內 I 
總, す に 聞き に 見 



ホ I 



第二 十七 家庭の 愛, 



ホ I ム ラち あい . 

家庭の 內に変 あら は 

み ものす うつく 

る 物德べ て 美し 



? 0- 1 みな たの 

^^ベ て 皆樂し 



愛 あらば 

もの す、 , 

愛 あらば 

へ. 3- れ ゆたか 

ベ て 卒 和 VJ 裕 さは 

四方八方 VJ もに ほゝ ゑみ て 

うれ も S- 

しからざる 物 あら じ 

す. ゆ つきひ おだやか 

過ぎ行く 月日 穩に. 



あい 



二 家庭の 內に愛 あらば 

しづ .,: &せ 0. たの 

賤が 伏屋 も樂 しくて 

ホ. I ム ラら あい 

家庭の 內に愛 あらば 

いかりね たみ ち*^ , 

怒 妬 も 近づかす 



家庭の 內に愛 あらば: 

ふ あし も ご はな さ 

踏む 足下に 花^きて 

X itc- こび その 

世 は 喜の 園 V」 な- 9 

いのち まつれ W に、 

命 は 全 く 長へ に 

^:ビ ラ つく はる 

唯 美しき 春な らん 



一二 家庭の 內に愛 あらば 

あいみ かみ * > 』 

愛の 御 神 はほゝ ゑみて 

家.. 庭 の 內に愛 あらば 

世 は 愛 もて 満た されぬ 

お 1 ム ラち あい 

家庭の 內に愛 あらば 

なが 



あた. 9 流 

ひ .4 おも 



ほそ か は 

る、 細 刀の 

みづ ひ •< き おも しろ 

水の 響 も 面白く 

お ほ そら なほ あきら き , 

大空 猶も 明かに モ 

ひ V り かみ、 ^ > 

一 人の 神ぞ 笑み 給. ふ 



難 hill Mox^$ %xt Slmct (Lmcs ま Clje peart 



いな ろ ひ 力—' 
まこ ミの まじ 



a 響 — — gr 

リ^ かがやき てら す 
はり なしうる まで も 



No. 28. 



タ a セフ、 ェ^/、 タ クゾ セン) 》 作 1^ 
ホ ラス、 X ス、 ェ シ サイン 作曲 



一 わがや I こ ib リ ;; 
二 やまのはて リ づ 



i) 



づ 
さ 



ひの ご 



り i 



一一^ぶ 



す: ミへ If : ミ りの さに なく ごミく に 
きょく も わき づる いづみの ごミく I: 




I r' ^ 



さ; 



^ I © ぞ 
I: っミ 一 




ろ こ 

す: し 



=1= 



H 



び み 



ゑ 



し 



て 

X 



^ —— <^ ~ き —— 夢に- 夢 T 

二 ギじニ S?=t= は: R==^ 



荅 



5^ わた へ 

にな さ ん 







さ 



ま 



苣 



ト 



ん へ 

は た 

に わ 

LL び 

ひ こ 

が ろ 



5 



ぶ 



か て 

ば し 

r- ま 

> 、 さ 

さ か 

し ろ 

し こ 



し ら 

れれ 

う わ 

づ さ 

の び 

お ひ 

ゑ さ 

, . し 

の の 

そ ;: 



ろ づ 

これ 

こ つ 

の ぞ 

さ ば 

げれ 

な さ 



-」 < 

ろ び 

、 、 す 

-W む 

る く 

ぜ し 

ざ た 

W し 



く ろ 

る I 、 

< こ 

の は 

ひ ろ 

れ 二 



,た- 



さ 



1 



1. 



T か 



ぶ 

に 



み れ 

ぞ ら 

の も 

€ り 

さ は 

う じ 

ゆ ま 

る の 

な ら 

めれ 

わ わ 



(^Concluded 厶 



CHORUS 



まき 夢. 1 - -t* 


- ~ 1 ' 








-— «' 1 






W —— 1 ~ ^5 ^ —— 




' 1^— ^ 





したしき:: ミ ir It こころに-のこ リ て 



そ -C り 力 'へ さん ひか リ は た 71 じ 



き 

ま 



i 







ま 

一. if 



ん 



ひ 

力 



0. か 



一 一 

し 



1 



ま き 



f ろ 



ほ 



ま 



--- 

ふ 

ま 



し 

ゑ 

一 • 

そ 



第二 十八 



した 



^5 は 



親しき 言葉。 

づこ i 



ゆ 一 わが 家に あ- 9 ども、 いづこに あ. 9ビ も, 

した こご ほ おが い 

. 親しき 言 葉 を 互 ひに 云 はん 

: こごりき な 

た VJ へ ば、 小鳥の 樹に 鳴く ご VJ くに、 

こ ゑ ラれ 

その 聲 おの づど 嬉しき も のぞ。 

な f f 少 

歡 きのこ ゝろ によろ こび 満たして 

ゆうき あた 

あめなる 勇氣 VJ のぞみ を與 へ、 

うれ ひの 黑雲 VJ ざせ る VJ ころに、 

愛なる 光 を か ,> やき 照らす 

) 親しき 言 は 心に のこ て、 

その 照り かへ さん光 は 絕ぇじ 

した こご は たが かた 

親しき 言葉 を 互 ひに 語らん、 

^ たの き こ 

( そのこ ゑ樂 しく こ、 ろに 聽 ゆ。 

やま はて あさひ 

二 山の端 照. 9 づ る 朝日の ご- yj くに、 

こ ゝろを さまして よろこび 與 つ 

わ き いづみ 

きょく も湧づ る 泉の ご yj くに、 

樂し きひ いき を われらに 薄 ふ 

つね,;.^ しれ こる 

されば ぞ、 常々 親し き聲 もて, 

あら な 

われらの まじ はり 新たに 爲 さん 

こ t ろ した むす 

こ ゝ ろ は ひビ 親しく 結びて、 

な ラ 

まこ、/」 のま じ は. 9 爲し 得る まで も 



lib |0U Cljink Ha |puia? 



No. 29. 4« ラス、 エフ'、 :!: ン サイン 作 曲 



11 



丄 

ふ 


1 T !丁 






i 4 *-j-*-rrr r* * す J~ ,リ 


rti 







—けさお さ いづる その まへ に - いのる こさ^ば お ほ' えし か 

二 こ ,るに い 力' リ わらん 3 さ いのる: i fir IX おぼえし か 
三み に-わざ は ひの きたる; i さ いのる こ ミ^ば おに i' えし か 



It 



キリスト :!: ス のみな I 二よ リ なん ぢが ^ — のれて S して 
や よ G — た' いよ はらから よ なんち • の てきな ゆ あすた め 
こころ 力 'なしく つらき ミ さよ わけの かどに ギ S ュド の 



rr^i— qzzrn ~~ 「 _|__^]==^=:==1:{: コマ- a 



1— 3=t=j!5r 



-7^ 



わい のめ ぐみ ズ if れ が ひ し か 
めぐみ;^ かみ にれ が ひし か 

さ i き — 乙 一力 'りし かや 



• いのり はつれに よ © なかの 



: ま 



つかれし ものな やすめつ I よる^も ひるに 力' へれ も ― 



卞丁 1 



-It- 



こ I ろく ら { て わびしく ば レ、 のろ:: I ズ 3 ^ わするな 



いの こご ft » 

第二 十九 」. ^る 事 をば 記憶え しか 



けさお い. その まへ 

今朝 起き 出づ る 其 前に 

祈る 事 をば 記憶え しか 



キ タスト エス の 御名に よ-^ 



な. c;£- け ふ おて 

汝が 今日の 擴ビ して 

あい めぐみ ねが 

愛の 惠を願 ひし か 



いのり つね よ なか 

浙は 常に 世の 中 の 



折 



退 



つか も 8- やけ 1 

疲れし 者 を 休めつ、、 

よる ひる AW ,7i 

夜 を も 書 一に 變 へ. 給 ふ 

こ、 ろくら 

心晴 くて わびしく は 

いの こ .》 ろ わす 

祈る 心 を 忘るな よ 



11 心に 怒 あらん 條 

いの こご お お 

祈る 事 をば 記憶え しか 



き やう だい はら から 

やよ 兄弟よ 同胞 よ 



なん ぢ てき ゆる 

汝の 敵を赦 すため 



^;ぐみ かみ わが 

惠を种 に 願 ひし か 



み わ は ひ きた >J き 

11 一身に 禍の來 る 時 



いの こご お ほ 

祈 る 事 をば 記憶え しか 



こ, >ろ かな で 

>5 悲しく つら き 時 



かで 



夜 明の 門 に ギリ ュ • トの 

きょ に-, 力う か 

淸き 乳香 借 りし かや 



^D-vbii) oLIj^m Hot. 



•g- N r 

f ぶ —- 3^ 丄 





^ —— , 








^ ^ 1 ^ 


- ^—L * 













f き 






~ め め 


暴 






1 1 



IE ス ェ >/ サイン 作曲 



=12- 




のの て 

ち I も 

くち C* 

みつき 

のま か 

そ あ ふ 

W そ Li 

れ こく 

むら W 

みこ ご 

る きの 

なさし 

いい か 

せちむ 



「T 

、 奢 L. 



+. 



セレ 



た 羞 



ミれ た 

しな^ 

めら み 

普, !,> W かぐ 

.b ため 



4 



ひろて 

そ "さ ち 

き. P ま 



かか か 

1*- にら 

ぐ くれ 

U めみ な 



Et 







fii^ みのみ 

t 一 のの ま 

f ^ 主 そ い 

I I 



• W な は 

びむ ス 



ま I 



H 



r 



は w 主 

くら. t 

I れど 

おか-、 

二 1111 



さみ じ 

づ くな 

たよお 

かか, -ュ 

ーサ ら れぜ 



5 



W お 



づ では 

め まく 

のば か 

そこれ 



-■iu 一 



耳 



ばて C- 



かきた 

しだみ 

ilA みいて 

ばき ベ 

》 こかす 



iJ . . . 

マ」 れの 

IT* もむ も 

I 1 

A のの る 

1.1. ら そむ 

.61 はま も 



, 



拳 拳 参 



リ, i 



,》 け Li ほ 

ひざ か 

ま I み 

たろ の 

のま そ 



てき. y 

ひさよ 

かいく 



> むち ミ 

れいば 

このれ 

主 こさ 



(.1: 



よ SC 



ネ 



お 



一お 



め びら 

し. 7 力 

ら みし 

5 たぐな 

さめむ 



ま 







「Tt 



ョ 



>レ ろ 1 

れつの 

わみ 

ば ぞ ろ 

言 、む 

、 一 さ. b 



W みら 

JO ぞく 



てし ぞ 

さべ 主 

へす さ 



第 三 十 彼等 を,、」 ぐむな 

お ほ sit ? しゅ み I 

一 多くの 母 人、 主の 街 も ど に 

めづこ き 

その 愛子ら を たづ さへ 來て、 

せい みむね みく ち 

疆 なる 御 胸 V」 そ の 御 口 の 

も ご 

めぐみ をき そ ひ 求 め し 時、 

ちつ Jl^ くる き 

熟 心に 狂へ る もの 求た, 9 て 

母ら の も ビ め こ はみ し 力 は 

主 これに 向 ひての たま ひけ, 9、 

『子ら をば われに.^ らし め よ 0』 

二 『かれら を ど > むな、 その のぞみ を 

こばま で、 わ れを よく nw! すべ し 

こ ち- 

ちい さき子ら こそ あまつ 父の 

御 鯛 をかざる たからな れ』 ど、 



愛する 御う でに ちかく あつめ、 

また そのむ ねに かきいだ きて、 

まろう, 

この い どち いさき 客人に も 

きょき ぞ満 つるめぐ みたび ぬ。 

11 一 子 供 よ、 主 M ス は 今み くらに 

? i く は 在せ vj 、おなじき i ぞ。 

_M ご ふか あい 

むかしの 如くに 深き 愛 もて、 

なれら を 待ちて めぐみ をた まふ C 

主 frl^ はよ ろ こ び、 そ の め ぐみ を 

求む る も の をす ベて 見た まふ リ 

されば ど、 VJ くよ b そのみ かほ を 

も ご - / D 

求む る もの はむな しから じ 



loin ^t CIjilDKu 豪 Clje ま 0rt. 



No. 31. 

ばお: 



フ 、クリス チ y "t ゾ 作默 

ホ ラス、 'て ス、 ェ ン サイン 作曲 



至 



二 



4^ 



-J0- 



3^ 



—害 



二; =^ 



^ び に よ 

す にげ 

むくつ 

ひろ ひ 

まま レ 



,しに 

し >」 £ 

たりび 

^ しめよ 



k ビ に ぞ 

らちく 

れ のろ 

わ こ ひ 



一 



二三 



農 一 へへ お 

J \\ うつか 

め く 



,4 よて リ 



ほ (に 

くの 

•t* 主 ふ き. 



「ni 



がの、、 

わ こま 



,vv たつい 

t 卜》 た わめ 



f 1 

I 一 I 



めミー 



お 



ふし 



めな の 

ほみ そ 

かのお 

きも ま 



きわみ 



各す 



f:s> なろ ぐ 

みこめ 

の ごの 

キ; ま そ 



まト 



』 

參 i 攀 f 



つ 言 

1. し- ひに: 



め 一 



1! 一 

I I 



ふ 

L ち 

-Irk 



I りら り 

rL 



. や 



いひよ 

かぎ 

(きつ も 

のの の 

そ. Hi そ 



く か あ 

おたば 

せ さ- W 

-りビ 二 



し a み 

vu^ Li てろ 

_*\\ みかな 

ii> た わげ 



のにつ 

IL. プ つかみ 

たた 



i:- 



7_ 



》 



ト 



r 一に -I に 



ミっ 

りめ リ 



かっか 

てて. 

t か 

, .J き 

k れ みれ 

, まし ま 

のの の 

W 、、た、、 



卜 



一 ま 







巨 



のの の 

主 主 ま 

よぶ よ 

ベ ベ ベ 

すすす 

むむ む. 

ひひ ひ 

わ わお 



-キ 

L や 

家 



rjr し、 ご , の 

、 地ち 

のろのに 

倒っ あ 福 t 在 6 



あ ひ しゅ こ ら 

第三 十 一 相む すべよ 主の 子等に • 



した あ ひ 

一 われら ど 親しく 相む すび、 

わが 主を讃 めうた へ よ 

主の 御名き よき を ほめた ゝへ、 

その 愛 をい ひった へよ 

よろ づ の 民に し ら せ 送 り, 

みち をし I 

すく ひの 道 を敎へ 示め し、 

, J の ま ね きをば かたり 告げよ、 

相む すべよ 主の 子ら に 



あ くに 

,5 ど し 在る 國に, 

音 をった へて、 

みな 

る もの 皆 あつめ、 

体に を さめよ 



ゆたかに わか て、 貴 どきた から、 

すな はち 卒和ど よろこび W を。 

. たのしみ を もてつ どめ 盡し 

あ ひ しゅ こ 

相む すべよ 主の 子ら-に。 

よ 5vi つ 

11 一 ひろく ぞ 世人に いひ 告げよ. - 

い かみ 

まこ どの 活/、 满 あ.^、 

そ の め ぐみ ど、 まお そ の 愛 ど、 

その あめより 來た る を。 

ま た、 御 つげなる 御 こ VJ 葉 あ h -、 

天地に 满っ る その 御 わざ を 

このまね きをば かたり 吿げ よ、 

あ ひ しゅ i 

相む すべよ 主の 子ら に。 



5=E 





-— ^ fi; N K- 






^ ^ ~~ ~ ~" 


— (- V- 




1 ~ =1— 

1 — ^ 1 













'., 




― J - —— ^ ~ 


_ ^"や- 




— ォ ^ 


1 _ « 


1 ^ 


-4: 



ジョー 11^1*、 マ5/ ゥ 3:)1/ ィ ング 作效 

作曲 



rrrn 



き 



き 



5- 



リ ゑ け 

も ござ 

まも I 

み-、 ミ 

ききち 

しし ま 

さの や 

やた も 



ののに 

みら ひ 

かれよ 

み わ 主 



一 it 



*1 



ま 



お- 







ま 







ま 



ぶ 



ニニ 17 



みけ や 

、 、ゆ へ 

び ま 

か のれ 



はり 

い そ も 

^ わ-、 £ 



* たづ 

ふの み 

あそつ 



攀八 m m 



んそ li 

さ: ろ 

がか: 

びた ひ 

ひう み 

らさて 

そし け 

のの す 

ひナナ 

1 の^ 

ぶ らら 

ちれれ 

にわ わ 



ま 



i なへ 

たも ま 



U てれや 



5 



のにめ 

びくし 

こさば 



i ろみな 

ま よの か 

参が みく 

わか i 



■I 



ま らの へ 



一 

一 



, 



一 



れ みま 

わぐ た 

まめ さ 

いみき 



LL よけ 

* ちへ む 

ちた た 

よ. * みたか 



る V5- ば 

めかみ 

hi あみみ 



』 , 丄 

1ぶ 



5 



つ ミら 

ミ いれ 

ひ S 

** の. 1* 

いそい 

て ムス 

みへ ヱ 

ぞ たし 

のれ 《 

れ みな 



かかが 



tVc み も 

ニー 一 1 



んて (;? 



さ は もう 

た ゑめ 



ま 



^のて 

1 たみし 

^ i うれ ふ 



trii の はに 

hit びわへ 

ぶんの ま 

h.f+ さそみ 



リ ^ 

rut EL 



卸み あ 

^* m め 讃ぇ 

D な 

P しる 美び 

さ き 御み の 

し 歌, I 父, 歌?: 



さんく わ. i 5ね 

第三 十二 散會の 歌。 

1 別れに のぞみ て、 今 ひ VJ つ 

をうた はん 

に、 今、 わ れ ら 

を さ ゝげ ん 

み まも り 

き 御 守護 V」 

らい 

あ ふる 、愛 を かしこ み、 

にち v*3 び そら I 

曰 臛 日 の ひ か さ ん、 

わが よろこびの 歌 も て 

二 御 神 をた ゝ へ よ、 そ の 愛 VJ 

そ の あはれ みの 故 も て 

御 神 をた ゝ へ よ、 御 めぐみの 

數 かぎち なき 故 もて o 



たの こ ゑ 

われらの 樂 しき 聲ご ゑに 

その 歌 こそ は 延び 行 け 9 

た の „ 'た 

われらの 樂 しき 歌 を こ そ 

紳 のみ 11 くに 足る なれ 9 

三 あがな ひ 主 、今、 わ れ ら 

みま へ に 伏して ほめ 歌た ふ 

耳 をば かたむけ 聽き たまへ、 

われらが 歌 ふ 讃美 を o、 

.si- ひ S ほ k 

主 よ、 日 にあ やまち 遠ざけて、 

つみ Jr 

罪よ ,9 まも b たまへ や Q 

われら を 助けて 御ごゝ ろに 

よく かな はしめ たま へ や 



腿お le m Emblems Wth fartake. 



No. 34 



Slowly 



ジ a ン 
ホ ラス、 



I レ ソ ン ff:VC 
シ サイン 作曲 



卓— 
1(21 



±Etr. 







:卞 



ぶ 力. 

- - じリ 

な 一ぶ 

めたて 

た 力き 

み わお 

の はは 



スス 

H ヱ ひ 

一 二三 



お 



,卞 



さ.: TLL 

<W た ひ 

つ ひな 

かまが 

わた あ 

しし 

もが- w 

しなび 

さ み 

さば つ 

til I しり 

■I- 1 € ちょ 



お 



ひ Is 拳 . 售 

[BE rruL rut 



H, 



一 I 



ニニ 

ま 一 



より 2 

めさ き 

か はは 

しみ ス 

たや ヱ 

jl^ てき」 

しし ひ 

だな く 

いかす 

ひて は 



も くた 



お >ノ ま 



£1- 



お 



ま 



ま 

8 レ 

, レー 



でリ て 

きれ: 

r* がし 

さの か 

ろ: rSj 

I よむ 

、、しみ 

ミ はの 

てよ バ 

がの ホ 

わ、、 ヱ 



第三 十四 貴き しるし 分つ 時 



み ^« 



M ス の 御爲ど 御名に よ り, 

た ふ i わか 

童き しるし 分つ どき, 

思 ひ Is して 確かめよ 

て *i 

わが 手 どこ ゝろ淨 きをば 

P 1H じ, か 



ニヱス はわが 爲め 十字架 に 

血し ほ を 流した まひ た KVO 

かな さ 

• て、 悲 しき やみ は 去.. 5、 

J の 世 は 死よ b のがれた bo 



力 



一一 一人 



やぶ 



はおき て を 破, た. OSO 

世の つみ 人 を あがな ひに、 



または 救 ひに ュス は來 ぬ、 



M ホ バ の 御む ねかし こみて 



四 お 

力 

玉 か 

死 



きて 破れし 爲 めに 



そ、 



ヱス 死に 失せて 義は满 つれ 

.i び ごよ み し 

くて、 世人 は陰府 VJ 死 ど 

墓ビ、 のく びきの、 がれ た bo 

く て、 墓 をば 勝ち 出で ゝ、 

ひご さかえ ラ 

人 、ど こし へ の榮光 受け、 



を も 

. しゅ 

主 ノレ 



たみ も 離れ 去 b、 



を さ 



そ 《に 治め 住め 



No 33. 



Andante 



,、• 一 》 、 ビ' 

ホ ラス、 エス, 



ブラ タト 作歉 

3/ サイ ゾ 作曲 



、 , 




今 m さ 
は て 

逸、 の も、^ 

ば び 
す し 

唯 ゃ總〕 
其 そて 
の の 
儘ず 事ミ 
に も 



四 

今 ま 

は 

- 捨す 

向か ^ 

き れ 



今レ ま' 曾ミ今 I ま' 曾ミ 
はて はて 
王ず 民 g 榮ず、 流さ 
な 等ら え し 
?) にて ゝ 



: 王ず 殘さ 彼?: 否》; 現き 血ち 

位ゐ J 等 n I し 
ぞ た の な 出い ほ 

彼 力に!) 王ち; で ど 
はき よらぬ 淚さ 



今 V ま '曾き 

は て 

雲 汁; 
路も' 字 C 

の に 

車 m 力 
, まけ 
に ら 

乘 のれ 

h た 

ぬ き 



みお, 

て 
や 
さ 

き し 

な き 



は 

大ほ' 



今レ ま' 曾き、 今 ヒ餘ミ 

は て は 
此こ受 ぅ此こ 



て 



'我 、: 
ずお 
b な 
の 1> 
神お 



のけの 
地ち た 地ち し 
をる にく 

治 t 苦 i 榮ま生 e 
め 
に 



し 



て れ 



來 きみ 來 きし 

た 痛;:' た 5j 

b み b は 



十 



賤 S 二 





曾ミ 


ス 


て 


は 賠 




し 




< 




生ま 




れ 




し 



L 



二 



T 縿 



, 



,5 



て リれぞ 

えお はね 

かれら 一 

さわお 

^ Ll なて さ 



T ザ 



tt 



リみ W は 

たか でれ 

きのい か 



ちきえ か 

の 一 か だ 

、 、おさけ 

H W は 

まま ま *< 



ま 



41 



再 



iw I みきら も 

ザ. |.\ た リカ W 



J_ みれ れの 

しらまて 

るけ なべ 

t-^ く 力. > す 

ぶ るに にし 



T< たじら び 

け I みの 

iii う たし 

てて て 



一 iii ミミ 

iLy かか かか 



03 



卞? S 



お 



にに のの 

itj^ め まら そ 

さるれ 

1^ く かた 

. ^のリ す 



お. 



さの. k ま 



t ゆ 



. 一 



ち • ち なば 

の も I の 

、 一く かし 

まえ まま 



ii は き. たき 

ス リみリ 



T せ 



,. 

ま 一 



,5 



tt 



M ななた 

しじ ミれ 

れつ ほさ 

ま ひし、 一 

う、、 ちの 

くき k れ 



ま i しし しら 

やさが て 

いやな す 

てて てて 



ミミ 

力 力 力 力 

二三 四 



i 



|« '^.mmhxmxa M CI^jt Suffering. 













雍き =^^~r1 




— 1 — ^ — 舞 — • — 


: ^ 






No. 35. 



ズヴァ >^、 

士 プ- -T- y. 



ゲ エンス 作 欲 

、ノ A 7 ゾ 作曲 



4- ら に 

のか も 

も ち I- 

しっさ 

せかく 

かち I 

か. いか 

ら (なら 

れ ざれ 

わい わ 



ひ 



ニニ I 



たまな 

した 

ろぞの 

てらる 

もれ ゆ 

れ われ 

む ill 

み 主 ざ 







T ゆ 



ま 



N.. 



ま 



----- 



へ はよ 

までめ 

たまし 

びる け 

.{,1 さラ 

しばば 

- かか 

ゆ.. * し 

たのる 

ま、、 し 



ョ 



t2 



£ ぬん き 



再 t. 



さ 



一 ヒ 



ら. W 

3 な 

めの か 

たも わ 

のる (S 

ミきー 

びいぶ 

つお (." 



ハ 



ひめり 



や 



せ 



S 



「 



おさき 

み て 

しる も 

くこ か 

がが さ 

なわみ 

よよ は 

主 主 主 



r つ 



IE 



h5 



—nA - 



な 



ま 



かまめ 

わたし 

-4- リる 

しさし 

るば ぞ 

し.^ 1^ 

み ひち 

の ft の 



さ 



,. 

一 



ー專 



しゅ 



くみし ち 



S 三十 五 主よ, 汝が 苦み 思 ひ • 



主 よ、 な が Sc しみお も ひ、 

この 御し るし を わかつ 

生 は 身 をい けに へ どして、 

Sb ごね, 7 > 

つみ 人の 爲め 失せぬ 

われら を 犯せし もの を 

御む ね もて ゆるした, 9、 

われらの あやまち あ る も 

また ゆるした びた まへ 



1 主 よ、 わ がこゝ ろを淨 め、 

まよ!!^ を は 去 b たま 

かくて ぞ、 御 靈を受 くる 







いざな ひに うち 勝つ ちから、 

主 よ、 わ れら, にぞ たま へ ( 

ひ ひ - 

われら を 日に 日 に まもれ、 

こ の^をば 去る まで は: 



111 生 は 御 さかえ もて 來た -5、 

この 地をぞ しろしめし 

ず f 

正しき ものら ど 4^ ハに 

) )- しゅ 

バン どぶ ざう 酒 わかつ 時 

お ほ WJ» 

われら を 多く W 典に 

座に た ゆる もの なし 

あらたに 主の くるしみの 



Cts .Stout Co Sing CIjc Patrblcss fobt. 

ク ョ—, レ チ'、 マ J/ ゥ; t , ン 2r 作 欲 

No. 37. "oi" ホ ラス、: n ス、 :《: ンサ イン 作曲 



is=;=] ミ— E— 一. 



I— 



陣- 



12- 



一 » —— 學- 

t 1>» 1— 



1 . 



すべ てつみ;^ \th が な ^さて: K ス は 力 . 'レ パ リ やまに うせぬ 



き r=£ 二-- 


二! 15? 1 ^ —— 

二 レ ^ t 


— I [ ^ j 


— I*-- —— ft ~ 






- Y- \^ ^ ~~ ^ - 


: t2=^ に 



—か 



% W- \- - 

-1^ —— [ 



\ 



ま— 



CHORUS 



V 

h 



た 



の 
れ 



« 1, リひリ 

くつ じ 

通:— 



-殳 

丄 

ま 一 



\| め lL の 

おひ: 

ものき 



t. ヌ くく- W 

-L.jk しその 

よ 4、 

^れ にし 



I 一 I 1 1 一 

^ U. あ 一 



I 



え, rJ ナ 



-ー 二; 一! 

あ』. 一 メ 

-- --- 



ぐ ひ 



-, た 



1 あはれ、 奇しくも 

ち よび ご 

地 に て、 世人の 

血 を * はなが し て 

た ぐ ひな き 変 を 



第三 十七 類な き 愛 を 歌 ふ 

は樂 し。 

C ! K を た. -、 

爲に なやみ、 

う きみ 

失せし 君 の 

うた ふ樂し 



つみ 



折 



, すべ て 罪 をば あが な はん どて、 



M スは 力〃 バタ 山に 失せぬ 

返されば、 御名 ゆ ゑ ホザナ うた へ ノ 

^け ベ あめつち、 の 愛 を 



二 共 



あん そく 

安 息 



の 



ゆ 



> 一 



れ 



H スの さ だめし 

かく もまの 死の 

あい し A かラ 

愛ビ 信仰 を 

たの ,乙き 

三樂 しこの 時、 

こ けう し 

子ら も 敎師も 

めぐ み」 

M ス の 恩惠を 

ごも た ゆ 

i:^ ハに樂 しく, 



曰! 

みち 

道 一 



はつ V- ひ、 

したが ひ、 



しるし 分ち、 

きょむ うれし.^ 

このま じ は hNO 

友 もつ V- ひ、 

おも ひ 出 だし、 

讃美 をうた ふ 



ビ めし 

*1 ザ ぴだ ! 

一 r* さ-一き 



JJJJ 



皇 



が 



,ス ら 

」 



( 



み ($ ひ 

0- た ど 

なしつ 

lit 

め r つも 

たみ- yj 

のし も 



ナ 



のちし 

み 力-./ 

さわい 

しし ひ 

せろ も 

うしお 

ての 

ししみ 

がの ぐ 

な. Hi め 

ば -b の 

, ^くス 

ちか ヱ 



2 n 



うさ (さ 

かかく 

きし 

き、、 の 

な (した 

ぐ、》 も 

たき 



リ 



磁 e,U Sag %ll fail C0 » 舰, lame. 









^ 


三 ま: 


幸 ほ 


1 






— f- — ifi— 






1 a s _ 






1 


' 1 レ : 1 r 



9 チヤ ド、 ァ rt/ ド S ジ 作欧 

No. 36. ホ ラス 、エス、:!: ン サイン 作曲 

Dolce 



i 堅 



:g: ― ォ 



お 



一き一 



一^- 
二 匕 



まき 



あ 4^=1 



:E=h ~ - す- 



|> — 13 一 



— 一 



缉 二 



r 



4 ^てに め 

なりめ I 

み へれす 

.ぇ のがの る 

ス みみ k 

q ふ M よつ こ 

一 _ 

し も はは 



ま 



:c はて v-y 

た "しづの 

ノ しみみ 



ま 



一 &L ひ は, W さ 

<ri はス ン f* 

い IS パき 

fi ニー 三 四 



U 



f つ 

ゃリ なげ 

うな しら 

めた る は 

一 W うし や 

ゲ のの^ 

、なれ へれ 

* かにむ 

はぞ けの 

らひ い ら 

れく がれ 

わす 主 わ 



L ばてく る 

スび よい 

H よさ LL 



LLV^ る ひ 

I めミ I 、 * 

た ひこい 



ん してが 

^ されち- y 人 

【 力 力 か い 

L 好 わお, 



I れみミ つ 

" わつ (5 わ 



リ . 



? n. 第三 + 六 祝 ひ 歌 はん 叫ス の 

御名 を . 



めた ベな A 

そき すす - 

^ねかめ 一 

ちま わし 一 

LL に.^ は 一 

まれで そ 一 

やむ ひ、、 一 

リるも 一 

パな おひ 一 

^めの の" 

力 あ 主 そ 一 



、,お 



み な 



) 

一 



は ひ 歌 はん ヱスの 御名 を、 

われら は 主をぞ ほめう やま. 



われら 活 かさん 爲 めに、 M スは 

hnMHnMHHynnu やま ち そ 

力 < バ リ 山に 血 を 染めぬ。 



二 エス は 死 



て もよ みが へ hN て、 

ひぞ 彼の 歌な, 9 き。 



つみに 穢れし 人 をよ びて、 

あめな る 群!, i まねきた, 90 

三 バン ど.^ ど はつみの 爲 めに、 

主が いけに へ のしる し な bo 

垂 徒よ、 わかち て、 こ \ ろき よく 

主のお も ひでを あか す ベ しし 

み の ゥ rt 

四き よき 御 式 は こ ゝ ろ獎 め、 

. むね - 

われらの 胸 を や はらげ つ、 

あ つ き 聖徒が い こ ひに 入る、 

ひ しめ 

その 日 を こそ は 示す なれ 



乙 



お 














L _ L ~ 1 ~ 1 


L_| J 





No. 36. 

― 



ヘン,、 *f rji/3.» 子ズビ タト 作; » 
ホ ラス、 エス、 ェシ サイン 作曲 



お 



: ま 



き 



-ォ 



ヌ; 



一, 

聚 



ゴ 

,ヹ 

,- 




ら ぞ 

れゎン さ 

よ I しる 

i も け つ 

ちた さみ 

て に よの 

げび てら 

I く 力 か 

さそわち 

か,^ ざ J. 

ろ わつ ば 

I 力 、さ 

こなつ こ 

一 二三 四 



響 

一: 

r 



,. 



む. * せす 一 

W € はだ i 

乂 "ま い , 

一 

リぞ ヘ^ー 

のて; V」 ゑ 一 

いかつ; 

言き き 

け ちづし 一 

すの か 

れい さた 一 

丄 

の は- 

まひし リー 

たこ ろん: 

みいし し 一 



C 

一 



一 



て ひて め 

めさ: T あ 

しょよの 

れも LL み 

な- W ちぐ 

はいみめ 

のの る 

ひひれ な 

-tw らか 

おひね や 

し に も わ 

れ かくさ 

が «る ほ 

けな ふな 



一 

I 



にやて よ 

(I れ ベる 

ちな す ふ 

の ねらに 

ス むしち 

H みで み 

よきく の 

め こびめ 

ししち W 

まかみ つ 

の そのる 

た、、 さな 

りれ かい 

よ 、、つせ 



り ひるて 

た ごはめ 

みっか や 

" ぞもリ 

れミ くの 

ふ (# かい 

リ なての 

ょかじリ 

ななか^ 

が ひ LL は 

わ はま ミ 

\ 、 : 、 

J ^さみせ 



w やきく 

リ きさ だ 

ゎミ ない 

もぶ; 2 み 

れっか ぞ 

. わむ いの 



すて ゲの 

らにら -fi 

な ざから 

かみち あ 

ばの の は 

へみ ひろ 

•w ぐ か I 

つめち 二 



む 鎏ち) 御み い 糧 * て、 た 

つ 徒- 旨お ビ ぞ まモ 

ぞ f> も ふ 
ぶぶな X 貴お ト卒; : 

時 まざれき ど 和 b 

やひ や 日 ひき ど 

» * 



わか 

1 一 1 つぎつぎ 分て よ 

しるしの さ か づ き 

J*o あら 

古く も 新 た の 

みちび 

つかさの 導く 

み ねま かん 

鎏靈に 感じて、 

ちか ひの ちから ぞ 

四 こ VJ ばに ちからの 

眞理は 正 し き 

なほ さわ やかなる 

裏なる つ VJ めの 

塞 徒 は を は の 

こ、 ろ は あらたの 



さけし パ ンを 

つぎ 

次へ ま はせ 

騸昔 によ hN て、 

子等す ベて 

かく も か は る 

いか た ふ -J 

如何に 貴 VJ き C 

满 つる 時ぞ、 

こ ゑ を 出, たす 

あめ 

め ぐみ の 雨、 

みち ふ > 

まに 降る よ 

いの b やめて、 

のぞみい だく 



第三 十八 心 を 献げて 父よ • 



こ 、ろ を さ 、げ て、 

御靈 のた すけ を 

穢れ しお も ひ を 

よ, 9 賴まし め よ 

『もし わが 名に よ ,9、 

つ >」 へば 必, ら や 



父 よ、 われら 

いの b もどむ 

はな 

離れ, し め て、 



M ス のち かひに 

ふ た -9、 み た り、 

わ れ も あ KV ?o 



な ちん >- く び 

二 汝が安 息 日 に 

いこ ひ VJ いのち ど 

*e か ひ W ひ 

.V 日に 一 日の 

これ こそ かしこき 

さい は ひなる か な、 

めぐみの 御座に て 



into dlmit CIjc MistimtL 



ィ ライザ、 T _n^、 スノ一 作 耽 
No. 39. ホ ラス、 :!: ス、 3: ン サイン 作曲 

. Reltc^ioiisly 



一 い か 
二 ミ 

三: E ス 
四:!: ス 
玉 い か 
六 主の 



hi. 



醫 



3!— =:J= 



J —— ^ 
レ 



さ 



でれ ぬび はぶ 



k いけえ たきた 

- れ に いして^ 

ふて くめく. y 

^ あすむ しも パ 

かかさ \1 る 

^ どち ゆか ひた 

か の, はまく け 

み いま、、 す さ 

L つ そえて るら 



_* こかべ なれ 

^ も 主 さすね わ 



K 一 



+,^ ャ し {^ 主 よ W し 

- _■> だくれ に ひる 

, ,L くす、、 よじ L 

ぞ り さ W W る 



g ば 



.. つ <VJ がぶ は LL ;: 



ォ 



ま 



よし まつ 

^のの 



き い 

さ 



す 



一- & » 



1$- よれち 

しのむ の 

み い 

のよ さ 



T ス 



ぜ 



ひの よ W lL 



す 



みみる 

つかち 



そ 



キ 

わ 



S. 



务ケォ めへ なて なの 

しに る- J- る; 2 

せけ ざ、、 もら 

うい かそ: さ 

V さ ぞ ひば 



T き 



里 







W よ リ るりむ 



リな 

ちつ 

みぞ 

やれ 

お」 卜 



の か 

V き 

€ づ 



みよ さ 

力 さみ 



ぶ- 

一一: A 



卜卞 一 



iii- • たち 



す ひ 

め な 



に さ は 



る て 

わ W 

ゑ lL 

はで 

に ひ 

か も 

リ る: 

ち け 

み さ 

I み 



第三 十九 如何に 大 なる その 11。 

一い かに 大 なる その 智、 そ の 愛、 

あまつ 御門 を あふれ 出で、 

すく ひ 主 をば ffi にぞ下 だしつ、 

なやみ、 血ぬ ,9 て、 失 せしめぬ。 



二 貴 VJ き t.- しほの ながれ VJ .5 'め や、 

主 こそい のち を棄 てに けれ 

つみのこの 世 を 死よ hN 救 はん ど、 . 



つみ 



これ ぞ 罪な きいけ に へ よ- 







み むね 



一一 1 ヱ ス はきび しく 御 旨お こな ひ、 

さ かえ まば ゆ、 き 償え ぬ 

『神 よ、 御 むねの ま 、』 ど、 こ れ 主が 

世の 旅路 を かざ る な ,90 



^ * ち をレ 

四 M スは 行くべき 道を敎 へて、 

す ベ て こまかに 示し 給び- 

智慧 どい のちのつ きぬ 世に 呼ぶ 

かみみ ォ て • 

瞬の 御 かほ ぞ そこに 照 る 



玉い かに 滿ち足 b 、い かに 榮光 ある、 



偉な る すく ひの 目的 は f 

そこに 正義 ビ愛 慈悲 VJ は 

垂く VJ ゝの ひこ もるな hNO 



•K 主の 身 さけた るお も ひ 出に VJ て、 一 

ね し 

われら さけた るパ ンを 賜ぶ 一 



しゅ 



しん 



わが 主、 キリスト、 信す る しるしに、 

み さらの..' 

御 さか づき をば 更に 飲む 





1 • 



















fet m^t iols Spirit m^t 



* ドウ イン、 :!: ス、 パ - 3 作歐 

No. 40. * , ス、 エス、 :i:j^ サイ J/ 作曲 



[まき 三 




-, PL ^ , 








-1 — r • 


t 1 1 圍 fa^ 




十— 





― * —— P- —— ^ —— き ~ 












ユ" よ 


1 1 ^ 廣 


二 ひ ■ 







しし じ 

力 力ら 

な?】 

W りに 

きも も 

ぴ. i I 

ちの- W 

みまら 

がれれ 

なみな 



ら でに 

かえめ 

ちる- J.1 

つむす 

ま W ま 

わ もす 

るば .J- 

かけ- 

らすこ 

す- T 力 

やみな 

のの も 

そそ そ 



さ 



宣 



Itfi な ひも 



• 



I ま 一 I |_ U 

拳 多 参, A 

- : : ニー • I ニニ 一 



,! 



ヰ 



ま 



しし n 

かべ 《 

よ ゆ リ 

めかの 

す ひい 



に ざ- 



る わち 

£ ふろ 

つな 



41. 



rr 



. ! 



じけん 

さきら 

よ &J ま 

*<、 、 れ 

に きみ 

ち さぐ 

みちめ 

か i リ 

らく よ 

れぇ 

なさう 



ま 



41 



リ ばす 

も なた 

i ひみ 

,え ダか 

せたい 

ふし も 

ん しろ 

なめ t 

さ: 一 

のし は 

て さみ 

ベの か 



すそみ 



さ 一 



rtt 



P 



む CI し 

しか ぺ 

れし I 

がの も 

のれれ 

て 3 

ベ く 

すかお 

か^か 

きち ** 

_ しのれ 

,よ もい み 



5_ 



拳 s 

FL ニニ 一 



せい れい みちび ^ 

第 四十 聖靈の 導き • 

みたま ひ ぐ ,、 

一 違靈の はげまし 日々 にたえ す、 ^ 

なが みちびき ど爲 せよ かし 一 

その やすらかなる あまつち から、 一 

ながこ ゝ ろに ぞ 住めよ かし 一 

そ はなが 爲 すべき 義務 を 示し、 i 

みら ; 

なれら を 道 に ま よ はさ じ P 

き なん まも j 

すべての 危難 を, ふせぎ 守り、 _ 

惡し きをす ぺ ての がれし む 一 

二お こな ひ に、 こビ 葉に、 おも ひまで も、 一 

み たま 1 

罄靈 の まも -5 あれよ かし C: 

み 一 

その 镝 たすけ をば もどむ るまで、 " 

ひ VJ つの わざ も控 ゆべ し 



みたま W も 

聖靈を 友 VJ し、 む ねに いだき、 . 

こ s£ 

きょく もちさき 聲 をき け。 

しめ したが 

その さし 示しに 從 ひなば、 

P ) 

いのちの 限,.^ たのし か らん 

1 一一 聖靈に うれ ひ を あたへ なさば、 

なれら ビ共 にど. 5. まら じ 

そ を ながこ ゝ ろに 住ます 爲 めに、 

あめなる 父に い の- 9 せよ 

しん か- 3 ねが かみ 

信仰 もて 願 は >、 神 はこた へ、 

う へ よ hv めぐみた ま はらん 

みかみ あいみ 

御 神 はこ ゝ ろに 愛 を 満たす 

聖靈 をお く お まふ ベ し。 







: —— 


:;^ 二 




~ 1 — 1 -1 — 1 










— I 1 , 
















i_ ^ 





11 




: , -4 _~ 1 一 




「一 r"*= 






P 二: 薛 


1_ 夢 • -jJ 1 — 

二 n~ * 


~ 1 1 1 — 

— 1 \1* —— «»— 







No. 42. 

■:dtai:;qs: 



醒 



耳 



ゥ弁 1J+A、 ダズ /^=t、 フエ; 1/ アス 作 R 

ホウ ス、 :!: ス、 ェ ン サイン 作曲 



4: 



3t 



53 



二 ひ 



ち II 
さ It 



[產む =riz"_^^ 



ニニ 土 



It 
ま 



な 



:— tZ 二 



"かざ 
こやま 



TT/" 一 



一 》■ 



專- 



の 
ぷ 



<S' » ^ a 

tl llZZZ ヒ! 1|_ 



ち 
ふ 



な 
し 



: L ム 
I の 

h は 



も 
せ 



K 



1 V 



"リ 第 四十 二 神 は 愛な り • 

1.1^ 地 はいくへ 花 を かざし、 

よな くう き みづ 

ザ i<H 氣は水 どひ か, 5 ふくみ、 

み 

限. 9 もな き は あまつ 御 そら、 

美なる は ひろき 海のお もて、 

もの ち もの 

it あめなる 物 も、 地 なる 物 も、 

ノめ V ^ ら, * 

かく こそ 示 せ —— 神 は 愛な bo 

みみ た U こ 

二 ひ^き は 谷に、 また 小 やま- レ、 

はたまた 森,、」 ち さ き 川 に、 

£ / かぜ ごり 

ゼ , は た、 そ よ 風 VJ 鳥の こ ゑ ど、 

しづかに 起る 音に あれ ざ、 

/ f ふし あ 

_ あめ つちき よき 節に 合 はせ、 

かみ あい I 

そそ かく こそうた へ — ^神 は 愛な be 

わ 

:: 三こゝ ろの いづみ 湧きて いづる、 

い V,- たのもし き のぞみす ベ て、 

くく よ なみ 

この 世に すま ひ 馴れし 身に も、 

たえ すぞ 下る めぐみ あまた、 

うへ き 

上よ- 9 來 たる こ ゑ もす ベ て 

- かく こもかたれ 11 神 は 愛な .50 



て ど 

もれ 

おわ 

の に 

うお 

さる 

る、 * 

ひお 

ろか 

なづ 

びし 



もさ 

ろち 

なつ 



めめ 

\ わお 



丄 



TnJ- 



5 みに 



J. 



L "さ 



L 



一 



ひち 

づリ 

み も 

はた 

さま 



I く は 



J 



r 

. 一 



ら vr 

そお 

みこ 

つの 

まり 

ゎミ 

は- VJ 

き. ゼ 

なか 



I 



さ f 

か は 



% 護 apu gOT 濃お ^ollcir #ir. 



寸 一 ^ 



: ま 











一 ] 


まー ま 






- 一 《 1 ! ~ ~* — 


-— び — 













No. 41. 



ホ ラス、 エス、 ェン サイン 曲 



— _ I —— I: 



: き i=zi=: 二 n^s^ 



一 ン •— 



リ でぞれ 

たいひけ 

わ し ベ- 

れ みて く 

しゃみ. ^ 

りたの ゑ 

ま ム > - 

の はハみ 

め リラの 

じん ブス 

はし ァ ヱ 



リはぞ て 

たち ひき 

きし も リ 

た • ちぞ も 

ま V- のむ 

しくち) a 

VT> らまら 

* のがの ひ 

ひな マ」 か 

かるい つ 

. ちょせ み 



ttftf 1 一 1 



きみな ベ 

T せ び やひる 



一; 



T, 



たの 



す K-c^ し 



ちまの た 

みいこ か 

し *J*V^ ざた 



よ ひわ ま 

T 滲 のく み W 

ャ やの- W 

.、v みび 



ポ 四十 1 藥 しき 日 は 回い ソ 



樂 しき 日 は 

はじめの 眞狸 

て^ し 

ちか ひの 天使 



メ シ ャ の 世 を 

ふく いん 

1 一福 音 のこ ゑ 

眞 狸 はまた 

よる 

夜ながら く 

か > やく 日 を 

三預 言 者ら の 



ァ ブ ラ 



ム の 



せい 



聖徒の 待ち 

かみ み 

神の 御 わざ 

ひ 

四 この 日に こそ 

み 

M ス の 銜こゑ 

御つ か ひら も 

H is ご 

世人 どまた 



め 

し 

P 

み 

いま 

今 



み 

せ い 

き 

かた 

吾 

言 



來 

來 



れ わ 

ナ ^ 

ち び 

こ え 

み を 

ら 

おし 地 

や 見 

きし 日 

てし 曰 

ぞむ日 

ひな 、 

の 日 成ら 

徒 ら 

くべ け 

き 

る ベ 



て * 



す Q 

て 1 

で、 

ま * 一 

るぶ 

ぞ. _ 

ぞ、 一 

〃。一 

i 一 

j 

れ 

てュ 

し 



てて ぞは 

きき ひら 

り .a し- yj 

ぐ- 、き パ 



に めき- 一 

I は ゑの そ 

ひ 二ら こ 

きの (ill 

し (t.^ ひ 

^ぼ. 



,一 




1H 



:r-, ュ よ,、 

二三 四 







^ =1:=^ =t= 








1 1 


— 1 













- -Mt 1 1 


"~ ^ » 陴 » ~ 


-一 ~" 

















' ~ 7^ ' 



® 継 a お • 



No. 43. 



イ, ィ ザ、 了 ―、 スノー 作 »t 

ホ ラス、 エス、 a: ンサ イシ 作曲 



づー 



やぬ り 

ぞめた 

つ ザリ 

、- € し 

むすめ 

が だ じ 

. ^いは 

ほひり 

かもの 

みお そ 



や. リぞ 

ぶ さわろ 

; リ の、、 

卞 

J* わ も、、 




まくる 

たやけ 

力 1 'む 

わさ そ 

て: も 

かみり 




のて マ J 

れ く、、 

15 わか ま 



き 

て りミ 

だ ミリ 

そ さわ 

5?」 

iL 、 、 

かで し 

ちい か 

ばリ も 

そ- rt k 

みよ は 



1 ォ 



1 



- しぬ 



ち はり 

T ザ 力 か- W 




わつ さ 

ま. r4 ; I 

しのぶ 

まこぶ 

ひ^- VJ 

まれち 

すわち 



i 




重 



T き 



きばれ 

ゆ ら 

リビ へ 

へ.. * た 

か- W わ 

へれ か 

ままの 

It.- うち 

もの ど 

たミれ 

まも さ 



^_ ててば 

lL も- 

「II るれ し 

「二 こむ ま 

J V みい 

一.: る さて 

^;. ゆこリ 

厂; かしょ 

ぶ さかに 

くもま 

r かミれ 

.〕 たいみ 

J ュ 




四 

さ 父, い 

ら ど よ 靈;: の 

ばえ、 ち 

もま は は 

なせ i、 た わ か 

の あ 母, ひ >♦ な 

― iK&l み ゝ ? V 



か さ 
世よ く 耳? れ 思? 







1 、 
い 




わ 


ビ 


yj 


れ 


ち 


め 


を 


か 


ま 




し 


れ 


し 

の 


し 


ど 


世よ 


さ 



を 及 f に 御み 
ビ どつ It 

どよ の や、 * を 力 3 も 
b き あどめば はて 
ぬりぬ し 





わ 




さ 


み 


れ 


か 


よ 


そ 


の 




き 


は 


つ 




い 


ば 


じ 


て 


ま 


近! 


'、め 


わ 


し 


< 


て 


が 


の 


や 成な 靈 1: 住 


そ 




b 


ひ 


た' 


し 




に 



て 時 I き は ぞ 



み ねま 

1 ュ微靈 によ- 9 て、 い ま し を ば 

ち よ 

父 ^ ぶこ VJ さ V」 ,5 ぬ 

ち かぎ あた 

さ れ V- 、智 の鍵與 へ ら れ、 

その 理 はじめて 知 b た bo 

み おや 

あまつ 御 親 を ひ VJ b € は、 

锂 にも そむける こ ゝ ろ ぞ 

すな は り 

まこ ど 即ち 锂に よれば、 

は f い } 

母 も かしこに あ ,9 ど 云 ふ 

X はな 

-世を 離 ■ れ、 

み さ >i き 

身 を 去る 時、 

天 門 にて、 

しめた まふ や 

わざ をば 

すべて 成し 就げ てし のち、 

いまし ふ た, の めぐみ 得て、 

ど もに 住まし めた ま へ よ C 



V- 、『旅 人なる ぞ 

にさ ゝゃ くも 

み さら 

」 わが 身 は 更に 

より 出で し を さ 



てん ぶ 



第 四十 三 我が 天父。 



た * 



古 向く さか ゆる ど こ ろ に て 

ち i 

すま ひまします わが 父 

か へ b 行 き、 



またも 铜ま へ 

一 5_ ォ 



や 



や 

る 



No. 45. 

齒屆 



ゥ »i リ ャム、 タ' ブ' レ 

ホ ラス、 :r- ス、 

1 二 3; 



フ ザ, 作 耽 
ン サイン 作曲 



:ェ 



— • - 





: ^ 專 ^ 




^> ーリ 






15 



び にら LL 

なれれ A 

まつわ レ 

^ ミが LL サ 

一 -ぷ. -さ^ 



み? H 

J スる . , 

こら だ や 

るし くみ 

よは.: r の 

i ら W よ 4i 

れび めら 

1^ よわお 



ョ 



さ 



1 一 し C 

リ # 

I r 



リリに ひ 



た... r」 また 

ぞの ろ,^ 

, Li スはな 



一 



L 

一 



でて にら 

I リら a 

らの さわ 

. ちに つき 

はおぶ W 

れ のん の 



L わ iv- そ. 



リさの ひ 

なさ 主 V 

る I lL ま 

また <yj み 

みい WJS 

力く わろ 

むむ、 * 

ば にきの 

,^03 よ:. V、 

主 V でさ (5 



一 二 i 

に 二 一 

I - 1 



L 



. ^ななべ 

る つ むう 

-W -W ぞけ 

さ ひの. 5 

ひさ かか 



k> たぺ つち 

わうた さ 

のリ w« 

-VJ ょスき 

ひた M つ,, 



第 四十 五. 我 恥 ら はで。 

1 われ 恥ぢら はで 生に ぞ たより、 

ま をば をが みまつ るな ,5。 

み こご 

われらよ ろ こ ぶ、 銜 言 まなび、 

ひご あ. ひ 

人 の 價. さ. VJ る をば 



二 ほのほに の b て エスの 來た 

義人に むくいた まふ 

よび ご し せい ご 

世人 は 知ら ん、 徒が つね 



時 • 



たよ b 得べ きひ どつ 名 を A 



はん ぶつ まへ 

1 一一 萬 物 さらに か はる 前, 

きょき 群 どせ ハに生 



天 よ 



る 時に われ 



の 

ら、 

ヱ ス ビ 立つ を のぞむな hNO 

四 そ の 時 わ れら新 名 をた まひ、 

正義の ころも 身に まど ひ、 

あらたの 都ェ Awtn^ に 

さら う '7 

つきぬ 幸 を 受け 得 ベ し。 



f0! #n % 腿 atos "gnnk 



No. 44. 



ン サイン 作曲 



7^ ~ ! 



一 4 



-(fit 卜-一 

二 t 二 h"- 



3?. pel 
美び つ 垂;^ 御み 精: 開-さわ 我^^我; 

け か 



な 



ぬ 



徒な, 



る る 



等ら 等' 



る ない は ラ>^新ま造はゝ は を 

の 、ウ J カゝ \ 

冠 i 命ち 墓まパ た よ お 罪-: 活; 
をに にのに りのに す 



罪 

: あ 罪: 
る を 



我に 汝な 天/で 此こ悔 二ぎ み、 我; 

等ら ミ の 2 す改 P 等 
, 水' も 
り 使し の 我?^は 
< 一の め 



'ド 命? 日 ひ 等 vK: 
る をに てに の 



: 其 "御; 
, の 命: 
御み の 

• ^こ ネ 
口 ご 3% 

^■i§r* は 乂 



天め 四 

な 十 
四 

る 

父'? 水 



をに の 



の 



永-後え 勝 か 吹ュ水 IhS. 中;; 汚; ほ 

1 活力 二ち かよる にれ に 

るり た 死 
b 現 h 1 が 沈 



に 
い 

た 



あ " レ しつ-る し 
、、、 て れ 時き-が 如 さめ 身み た 
く はてに るくて を () 



; 人さ赦 1 
に し 
味 1 合て 
方;; は 

レ ん 



祈お 喜お IT ぷ其 S 罪 2 岸; 
をび つ 罪が よ 邊' 



か 



h に 



聽 て は をれ 立 1 
許' 受 5 し 棄 す ざ て 

てく、 て も b 



こ パ 
\ プ 
に テ 
遂-ス 
げ マ 
ん 受 
ど け 



御み に 

旨 にな 
て 



を 
守 



り 



3 

f 



,s 、 

まれ さ 

かおお 

れはリ 

むみの 

みつい 

クー のにる 



« ちれ- 

一二 り 

ぶ なよ へ 

IT き めみ は 

ii- わかな 

二三 



一; tsE^ 



ま 



一 け てん 



JJLU 



■i うす は 

ス みた 

£ テ つし 

ブ のる 

4, そ少 

I めみ 

ふ またつ 

y のらの 



-,51 



わら 

こいれ 

みくわ 



I) 



再 



n 



7 よ 

TT き 

一. 

一. 

づ 



r3 



, ^一 



ま 



"1, : 



リくリ 

一 

てうた 



I 

P 



たて、 

にび し 

ベ、、 -_L 

しろめ 

の^す 



一 づ いか 

みめい 

はしか 

ら の ら 

れんれ 

わて わ 



難 Co CIjcc, 

ac ス、 ビ—、 ヒ 1 イシ 作 欲 

No. 46. * ラス、 エフ、、 :!: シ サイ 作曲 





わ 


が 


す 


< 


ひ 


J0 


し 3: 


ス 


ぶ 


み 


1 


t£ 1 


: み 


ち 


び 


け 






の 


つ 


ら 






-> よ 


よ 


リ 


み 




S 1 


: み 


ち 


び 


け 






ら 


そ 


ひ 




つ 


み い 


で 


ば 


み 


1 


S 1 


: み 


ち 


ひ' 


け 


四 


し 


ぞ 


ち 


か 




せ 


ま る 




き 


み 


1 


^ 1 


: み 


ち 


ひ' 


け 







一車 一 一 




ゆ^ =^ 




1/ 1/ i^r 


当 



な 


が 


み 


V 


n 


な 


さ 


し 


め 


て 


み 


1 




: み 


ち 


び 


け 


さ 


ら 




ぶ 


さ 


i. 








へ 


み 


i 




: み 


ち 


び 


け 


わ 


が 


ま 


な 




< 


1 






さ 


み 


1 




- み 


ち 


び 


IT 


わ 


が 


お 


そ 


れ 


お 




し 


づ 


め 


み 


1 




'- み 


ち 


ひ' 


IT 







—— 1 _ 

! 


【が U» t*» ~ "- ' 


=g— ^_ ^ば」 し にし 





いさく ら さよ はに- "C も 

ながす くひ わ が うへ I 二 

よに の ぞ みき えう ぜ て 

な 力、' じ ひ;^ み にた ま ひ 













—— 1 ― 



い ミ Jb 力 * さ ib さに て も 

ひ I: た えす-ち 力' らゎ れ 

す: のしみ のな きミき i 

ながし のぶ ぁ い 11 よ り 



わ 


が 


ひ 


か 


リ 




ぞ 


な 


リ 


て 


み 


t 


i I 


二 み 


ち 


び 


け 


わ 


が 




リ 


で 




ぞ 


な 


リ 


て 


み 


1 




: み 


ち 


び 


け 


な 


が 


さ 


か 


i. 


ふ 


リ 


そ 




さ' 


み 


i 




-- み 


ち 


び 


け 


み 


ち 


び 


け 


i. 


さ) 


め 






そ 


み 


i 


S 1 


: み 


ち 


び 


IT 



四 

みなな わ 死' 

御み ち が が 御み が 御み ぞ 

もし も もち 

け 悲ひ そ 
ひ の ゾ 《か 

e よ を e れ C 

_5» く 
に あ 身み に お に 



'み 



め 



愛?' 



にみ しみ 



に に た 



せ 

し ま 



ち, > 1 ち * ちえ 
こよ ま つ る 

びそ ひびめ、 び 時^ 



4 ナ 





け け 

* 





な 


た 


世よ 




わ 


御 


み が 


の 


に 


御み 


が 


ち 


さ 


し 


の 


ち 


ま 




か 


み 


ど 




な 


ど 


お 


み 


ど 






の 


消き 




し 


に 


ふ 


に 




み 


b 


な 


え 


み 


< 




そ 


さ 


失 5 




も 


ち 


、 


時 f 


せ 


ち 


る 


び 


ぎ 


ち 


て 


び 


時 5 



け 





あ 
ら 
そ 
ひ 
ど 
ク 

み 



け け 





わ 日 ひな 更! こ わ い い な わ 

御み が に が 御み r 御み の 御み が ^ど 御み が 御み か' 



み も みちび 

第 四十 六 御醉に 導け。 

すく ひぬ し I ^ よ、 

も VJ にみ ちび け 

御 むね 爲 さしめ て、 

も € に みちびけ 〇 

よ は 

くらき 皮 半に て も、 

あかき 朝 にても、 

光 どぞ な りて, 

も VJ に みちびけ 

つらき うき 世よ hN、 

もどに みちび け 

よき 世を敎 へ、 

もどに みちびけ 

すく ひわが 上に 

た. et すち から あ れ 

ど でどぞ な, て、 

もど K みちびけ 



No. 47. 



ィ ライザ、 ァ' 
ホ ラス、 エス, 



、スノー 作 IR 

0/ サ ィ ン 作曲 



お 



ま ぐ 



,. 

, 



しに 

(も 



み わか 



ふ 



み ひ 

し はま 

ろざげ 

くわ は 

さはる 



LL - れ 



X や 

みし 

I な 

すお 



そ や た 



し 

力 

ペ 

し 



お 

リ ざるし 



よこ わ 力 

二三 四 玉 



耳 



,■ 



土 



匡 

-.it 



伫 



翁 

: - - - 



11 



よ 



し i もリは て 

かれ W なば し 

じかる る 



€ み 



みなら { 

はるめ. 3- 

,<YJ むすぐ 

-W やかめ 

もび リ *u V 



ろ へ 

け し 

ミ な 

や 



な 

んん 



I がろ き るげ み 

すなよ てな よ G 

めに- J- らいし る 

t かれれ I かな 

すいつ わお むち 



TrTP 



セレ 



一, 



口 



て LL 



れ 



き み 

V さ 

が よ 

ひ み 

の き 



す 

れ 



はてる 

にり た 

くこめ 



み 

ょス. i る1 

さ N さす 

一 ) ち 

むリ のみ 

みな ざの 



て 



は I 



の し 

く め 

たろ 

かひ 一 



が X 

み が わ み 

よやく か 



のしの ひ 

い みく 



t す 



£」 



& んめミ 



す- 

一 

彝 



た, 



1.1- 

ョ豸 



さらし 

らたべ 

< さ う 



ひ 



くま LL 



こたす ご 

まま や 

-W そ は 

りこ.; r ひ 



よかの 



しれ 

な ざ 

しさ 

よ つ 

んぇ 

さ 力 

T さ 

JV は 

ま に 

く な 

あ み 

3V の 



、一れ 

かわか やひ か 



七 

m% す 地ち ill 
のく な く 
聖み ひるた 

名な の 諸 k v« 
に 道き 民え し 
は を をき 



玉 

m 祌ぇ' 

の のの 
み ちみ 
わ か む 
ざ ひ ね 
は は は 




ふか くるし みち ふさ 

第 四十 七 深き 苦み 道 を 塞ぐ も- 

ふか み _ , 



一 I 深き くるしみ 

進 め、 進 め や、 

ひ 

よみが へりの: W 

ひかり 

ひろく 光 VJ 

二世に はわ ざ は ひ 

いかに 長く も 

きみ 

やがて ェ ス君 

かこまれて こそ 

ミこ ゝ ろ はげまし 

常によ ろ こ び 

苦 あ る 世 にても 

『われに たよりて 

四 われら 權利を 

て *- 

われら 敵よ- 9 



かみ せい ご , J 

神の 聖徒よ C 

やがて 來た て、 

て J- 

まこ VJ gs^ らさ ん C 

われ を 待ち つ ゝ、 

でき みじか > 

時 は 短し 

み むれ 

きょき 銜 群 に 

またも 來 たらめ 

かみ . 

神 をた、 へよ、 

やむ るな かれよ 

TT, ス ぞ のた まふ、 

卒 安 得 ベ し』 ど 〇 

お- V I 

襲 はる、 VJ も 

かすめら る VJ も * 



さまたげられす、 

たが ふこ ビ なし 

速く 進み て、 

めぐ, 來 るな be 

すゑ み くに 

末つ 御國は 

満たすな る べし" 

またく さ, しゃ 

說 ける こ V "葉 は. - 

かたくの こりて、 

消さん よしな し 〇 

しもべつ か はし、 

をし へため して、 

ひろめ しめたる 

さいえ つき ざれ 



お ほいなる 事俾 

『小 石』 な .0 て ふ 

やがて この 地 を 

サタ ン いかる も 

むかし 預 言 者 

かみ ざ 

神の 座の ご ビ 

ひご あくま 

人 も- 耍魔 も 









- -1-r- 




二 j » ~~ 


—T ~~ 舞 _ m 1- 

: 1 1 r -V- 


― ^ 













二 J 


― ^ 一 * --wi— 





No. 49. 



一 'レ》 ビ 一 



* A ソン 作 秋 

ゴン サイン 作曲 



ヒ t 



ニヒ 



2^ 



—— 



-ま- 



4E_ 



汝 

受 5 が m 方 も 
く シ 人え に 
) も 危ミ 



る ォ 
卒, 



だ 



難 f え 
の 



和 わの リ 
は 聖 さお m 
限 徒-な た 
り 等ら や ち 
などむ て 
し 時? 



へ 

主 
わ 

ど 

生いく 

の 

命ち 福 
の 音 
こ を 
ど 受 
ば け 
守 ま 入 
れ れ 
よ て 
色 



よめし さ 

みやべ w 

^*J- るむ 

れ くだ や 

かわくな 

る の さえ 

だ ひば だ 

くそ さも 

にきばん 

ちリか LL 

の • * ひく 

こ は ひお 

む 



みきよち 

. ^よの た 

ぶ- W V* み 

. W ひひな 

ひ いさん 

L かめいな 



つのの き 

L のしし LL 

んんん も, 



てて よ 

1 二三 四 



り 八 



へて lL-vj 

たれ へら 

つ いき 

ベけ 5" い 

のう こ ^ 

かかの の 

ちん ひ (レ 

みいの シ 

きくみが 

ミ ふし. ち 

一 くるん 

-W v> くな 



第 四十 九 天の 使者の 飛ぶ を 見よ。 

し 

てん つか ひ ご み 

1 天の 使者の 飛ぶ を 見よ 

に,) ttv. 一 £ こ ち くだ 力 み 

一 ん f 此の 地に 降る 彼 を 見よ 

L § r- i J れふ みち 

- V 貴 VJ き 福 昔 をのべ つたへ 

を し へ 

ih,? も VJ の 信敎 をお こ さ ん VJ 



てん 



1 



夏 



ミ のん く 

E 四 

もい はう 

なん g 



し、 * の レ てん し いさめ i 

11 一天 の諌ひ ど の 世に 

んへ 響かば、 審判く だるべし 

くるしみの 日の 來ぬ 前に 

L のちぐ る はん ぐん しゅ でも 

萬 群の 主 を 友 ど せよ 



てんし めい ひご き 

お 力 11 天使の 命 を 人よ 聽け 

ほこり きそ ひ あく 

誇 オ爭 いん のう 惡 1 やめ 



i ま 三 



-4- 



ニ^ =^ 



-1^ 



No. 48. 



Anda7ite Dolce 



イサク, 

ホ ラス、 re . 



タ 一 タ作欲 

,、 :!: シ サイン 作曲 



さ 



らさて 

すか • 

厂: びた よ 

JJ- ろろ ス 

よ ひ ヱ 

ぬの、 * 



マ- - 

一. 



二 



ばみ み 

よぐ の 

おめ そ 

にのば 

ばみ い 

•VJ か (り 

、、み (S 



.1 

£ 



I 

リ 



き ti 



かみ 



むへ よ 

らまめ 

し- し 



にせげ 

,i ねら k 

むし さ 

はさ, ま 

、ちか や 

^ わふう 

さる 



くさな 

力が は 

ふな- yj 



第 四十 八 来れ、 愛する 神よ。 



み 

くだ 

こご 

き 口 

ぶか 

深 



一一 來 

われ 

我 



なが 

長 



れれ 

三 我 

お ほ 

大 



力み し t 力- フ 

神 よ、 信 仰 



われ ら 

て 我等 



の 

に i^. ばぬ 

ひ 



あ 一ち は 

も 味 



て > じに 



ら む 2 

等が 胸に 

かみ めぐみ 

神の 惠 

さ- yj li^ さ 



て 

を 



等 が 思 望 に 

ち 力ら 

いなる 力の 



けうく わい その み こ 

敎會は 其 御子, 



永 却なる 



を 



愛に よ h- て 

むね I? 

胸に 宿れ 

よろ こ J- 

欣喜 すら 

むね し 

胸に 知らむ 



ちから み 

力、 満た 



せ 



はかり もな き 

か 

さ 一 さ 

知らせ 給へ 



ひろ 

rap 



は.? 'るよりも 

み かみ 

ある 御 神 に 



M ス によ b て 

捧げし め よ 一 



-ザ 



Ft 

ョ」 



5 



5_ 



てせ も! 

よみよ ; 

にらる 一 

い 力 力 一 

わち は," 

ず に 11" 

ん、 も: 

しこお 一 

,よて が 



ぶ 

:) 

釋 



せ 



みリら 

かたれ 

みき わ 

1 二 2 



5 



戴.」 



... ず 



れき! i 

,w なみ 

や も か 

LL リみ 

れ かる 

むはお 

のての 

ら11 ら 

れれか 

わむ ち 

てがる 

リらな 

だれい 

くわ (S 



oLlje ま 0rtr Is Pi) figljt 



1=^ 



-t 1 ~ 



±1= 



-I ~- 



-I 1 1 ~ 



\~m- ; ~~ P 



[^1^ 芏"^ ^三 f 逢!^ ■ 



-bpo 一 t^' 



主 はわ が ひ か リ ぞゎ 力'' よろ 二 び わ が う 



な リ 



Ko. 50. 



ジヱー ムス、 ニづ; 1/ ソン 作 欲 

ホ, ス、 エス、 サイ;/ 作曲 



:1V 





1 * 丄— 夢—. 




- -1 -r« ~ 




s— ま 


— ^ 9 


w- y- 1 

~" i 


-4= 


1 "~ 1 ~~ ^ 




3^ 



ひ 



れも すよ マ 力、' らゎ がみな こそみ ち びく なれ 



—J ^一し! i^—^- 



.=i リぞ 

なス たみ 

±1: N めき 

はろ よの 

. I むつ ひ 



1. 



LJE 

_ I 

ニニ 

- 



す,^ 主す 

リし し 

i べきぬ 

みう わ ひ 

つみよ な 

、、,- に の が 

ひらみ も 

れ そが は 



EfE 

i うみ わ 主 



ふ 

-」- 



I 



A お 



T 爹 



, 

き 



や 

な 

ぞ 



で 



な な 

ら て 

か ベ 

ち す 

力 力 

わ わ 

ぞ ぞ 



主. Hi 

1 二 



ひ ひ 

が が 

わ わ 

主 主 

三 四 



せ さり (タ 

めべ た I 

し う え た 

ひリ ち,^ 

はま さ 主 

きひ ビれ 

さ r* ひわ 

そ に X £ 

、、き み € 

くら タ い 

かく もせ 

は .S < ひ 

まな も か 

たれん つ 

み わしみ 



ti 



F 

1 一 



厂ヒ 



ョ 



しばん す 

かれたら 

ちて かわ 

はくば Ll 

へる lL へ 

ま 力 ひま 

み わつ み 

ら も V./ く 

カリら 

すよ がつ 



^ お よめす ま 



す I に ば 

i 、、でき 

れん うら 

ひしみく 



靜ト 



+4 



.0 ひか J 



第五 十 主 は 我が 光 



しゅ 



主 はわが 光ぞ ,1 な V- おそれん や 

日ね もす 夜す がら 御前 はち かし 

うれ ひ VJ 罪よ すく ふ は 主な. o、 

基靈 はかく こそ さき は ひ 示せ 



しゅ ひかり 

ま はわが 光ぞ、 



折 



返 



わが よろこ び、 わ が 歌な h^o 

ひよ 

日ね もす 夜す が ら、 

わが 身 を こ そ みちびく なれ 



二 主 はわが 光 ど、 雲いで 來 VJ i 

11^ 仰 目よりも あかるく 照れば、 



みそらに 見得 べし を さ む る ^^ ス を0 



われ、 な V- 、くらき に € > ま ,^^ 得 ベ き ハ 



しゅ ひか. 9 

S 主 はわが. 光 ど 



わがち からな, o、 



御う でに すがらば つ ひに は 隙たん ハ 



しゅ 



わが 身の よわ き を 主な つよめた, o、 



しん 



信 もて あゆみて. 日々 幸 得た hNO 



四 主 はわが 光ぞ、 わがす ぺ: て. なり、 



らきは 全た 



しゅ 



主 は あがな ひぬ し、 

み つか ひ せいご 

御 天 使、 龜徒 ど、, 



みまへ にあら す 

すく ひのき みぞ、 

われ ま をお、 へん U 



No. 51. 



ゃ井リ ャム, 
ホ ラス、 



グ' r I 



ブス 



サ ィ 



請 

作曲 



9 ^ 



-» 一 7^ 



一 JT- 



-t— 12— tz: 



I 



3 二: 




It 



よ Li ひ 

くきん 

み i た 

たる ..VJ 

lL その 

くお 主 

. れ のて 

. づらは 

. <yj され 

おびい 

さみり 

よっか 



I *- ため 

^ ひいせ 



さ 



5 



ネ 

卞- 

ま 

ft 



(》 ^一まん 

たたら 

のの な 

れ れつ 

たた- W 

きき ひ 

-i- 一. は 

〃ルビ 

H H み 

ララた 

ススの 

イイ そ 

t はや ,1 

ススス 



一 し,^ な 



かひへ 

ち ("が 

はたみ 

ひさよ 

のの な 

そ 主み 

ひん に 

なま も 

がぞ W 

わ? 

のち- VJ 

主 まひ 

V* らる 

がれな 

やわ Av」 



リ # 



T き 



♦1 



^ ひひ ひ 



せゼせ 

のの の 



のの の 

そそ そ 



き 



つつん 

ええけ 

たたう 

i 《か 



のの の ^ 

ひひ ひ 

力 力 力 

ちちち 

ひひ ひ 



5- 

十. I 、、、、む 

#1》 ビ £ か 

のの の 

liil もも ひ 

るる 力 



再」 



u』 



M 沴 



少ゅ つ 

:U わ わ ま 

、わ 

いいれ 

力 力 力 



八 $ 



てて て 

ななな 

ノノノ 

一 デデデ 

:i H H H 

もも も 



一 a fff 

? i わ あわ 

ちちち 

る る る 

^.v めめめ 

で: k すすす 



」ft 



i. やん (i 




+i のし 一 



第 五十一 いざや 救の 日 を樂み 



送らん „ 



すく ひ ひ 

1 いざや 救の 日 を 



おく 



たのしみ 送らん、 



ぴご 



今 はこの 世に まよ ふ たび 人なら す 



おご 



ひ. 5- ぐよ き 音 づれ、 國 たみ 聽 くよ 



ちか 



やがて 主の あがな ひ その 日 は 近し 



せい 



その 日, ちか ひの もの 聖徒に たま ひ、 



がい く は ェ 

害 を 加 ふるもの 



た 

ど こしへ 裙 えつ、 



住める 地 は あたかも ェ デ ン ど 成. て、 



エス は イスラエルに 來れ ど のた まふ。 



二 われら 互 ひに 愛し * 

あし こご な 

惡き 事を爲 さす、 

つみ ? b ご 

いたく 罪人ら の 



あ ひ 

相 あらそ はす、 

ひご 

一 つに ならん 

おそる ゝ 時に, 



われら 待ちの どまん 

その 日、 ちか ひの もの 

がい く は ュ 

if n を 加 ふ る もの 

住める 地 は あたかも 



主 の 來た まふ 日 を 

罄 徒にた まひ、 

どこし へ絕, £1 つ、 



M スは イス ラエ \ に 



ェ デ ン ど 成 て、 

き た 

來れ どのた まふ 



11ー かく もい VJ 物憂き 

, しん かう 

われら 信仰 も て 

迫害 ど 刈 でれ 果て、 

き ひ ご ご も 

義な る 人 ビ 共に 

その 日ち かひの もの 

かれら あまつ かひの 

住める 地 は あたかも 

たみ 

エス VJ その 民 ど は 



すゑ ひ 



エホバ にたよ らん 

しゅ き た ひ 

生の 求らん 日、 

みな } 

皆よ みがへ らん。 

垂 徒にた まひ、 

かむ b を 受けん 



ェ, テン ビ 成りて、 

ひご 

一 つに ならん 





-1 ~ ^ き 








き 一; 


—— ^ f ~ f— 
響 1 


-t— iii 


1 ^ ^ 1 


ま 



Cljt Spirit (! f)f ^0b. 

や 井" ャム、 ダブ)!^ ェ、 フ: TIP ブス 作 砍 

No. 53 ホ ラス 、エス、 ェン サイン 作曲 





— 1 —— —— 1 — 1 — 






ま 


-ホ 
も 

! 

1" 


— - ~ i 1 


-1 ~~ r-H-^^-F -"" '- 





CHORUS 




f ^ —— ^ 

-I ~ I ~" 夢-! ~ 



=1=4 

'づ; "2*- 



'^~4^ P " ^ : 

1_| _ I 1 _ H - 



もまつ みむれ ミぅォ : ひさ け かみ ; J みこ;: に- ホ ザ ナゃホ ザナ 







:=}^ 














: まョゃ 


-づ マ; 




づ す 


因 - rzrf 目 

'-- ""- にし 




しな M 



す: か さみ くら 



み さ かえ わ れ すゑ II S -> 11 



. ァーメ ンァー 



^ いお 

んか 



革. 



, 



でき 



まみつ 

kill 



お 



のく 

すご 

1> やの 



1 

4 ま 



^ えり 

みな 

しる 

スま 

ぼる 

まひ 



參 



l>UJ み- 

ぐ る 

めし 

しん も 

L メ にみ 

r か 



ろむ 

たじ 

さは 

りれ 

わ や 

ひ は 

カリ 

つば 

み M 

つの 

ま よ 



かみ 



み ft* 



第五 十三 神の 御 11 

かみ み ひ t 

ー祌の 御靈は 火の ご VJ 燃え、 

レま す^^ よ い 

今 や 末 の 代、 みさかえ 出で, 

み 

いにしめ ぐみ VJ まぼろし 見 わ、 

あまつ 御つ かひ 天降 來 たる C 

} ^まつ 御 群 VJ うた ひ 叫け ばん、 

折 祌 VJ 御子 VJ に ホザナ や、 ホザナ 

た 力 tC fc 

古 问き銜 くらに ^さかえ あれ、 

すゑ は どき はに ァ I メ ン 



返 



かみ 

二 中 



の 



は 聖徒 

も, yj の 如くに 

かみ し 

钟 を 知る こ ど 

こ i 

此 世の VJ ばり は 

三 きょきつ Vj ひ に 

み くに 

あ ま つ 御國を 

しん かう 

IJIS 仰 もて よく 

かみ 

; ffl: のま ぼ ろ し 



四 



力 



し き_ 

ひ て 



其に いこ I 

I ぺに エフ ラ ィ IT 

ひ 

ヱス 火ぐ る まに 



ァ 1 メン 

ひろ 

さ ビ り弘 め、 

お 

つかさ を il^ き 

ひろまる なり 

やぶれ は じむ。 

人 を あ つ め、 

おしひろめなん 

繼ぐを 得べ し、 

さか >ん VJ さち 

ひつじ し - 

羔 VJ 獅子 

いかり を 見や、 

めぐみ を 受け、 

あ もらん 日 は〕 



:ビ 



2^ 



-1 1 1 ― 



-ai ~ -""^ 1^ 1—- 1 1— 



: ま 



ヰ 



■== 
土 =t: 



1^ 



No. 62. 



ホ ラス、 エス、 ェン サイ y f お 曲 



二 [二 



—9 



― ^ ― * 二 IJ 二 



_ I— 



ゴニ 
ーォ. 



=t=q 二 
: 亡 ま 



Hi 匸: 
ニまョ 



四 

御み 爲な汝 K 如い 
^たす jpj*^ 

S£ まか を jj 

等ら 世よ へ k か 
どに のち 



を を 



御み 之 こ 我お 死" 
まれ 等ら は 
は 皆 さ 力 ^ 現 Y 
正 ナぐ 後 ま' 《 世』 
し に 望: な 
きぞ をる 



神 友 f い 生 
は ど 



は 



水 C て 



困: 



命; 
は 



神 ミ欣ま 生 御み 
は 喜 さ, ち 旨 S 

永 《え C に 



遠 ヒ敵ま 難お 短カミ 遠へ しん ぎ從 き 

の ははく の 《も ひ 



居'>吿1^我1^ 味み 證 * 奪 欣 
ら ぐ が ^, 力す 明し ひ 

等ら 

せる 味み な 立た 去 さ 
給 4: 爲な 方;; 終ミ るて る を 
へに ミに をむ もも 



我 わ 反"^ 迫ず 其 

が抗" の 
P ぶみ ふ 來く 
お I え る 『" ] 
ぞ ももに 



我ゎ汝 ^ 何 f さ 我 
力 > に に が 

味み た 遇 あ 御み 
" 方 力よ ふ ま は 
ぞる もよ 



ま 



7, 



せ 



ほ 



T 一 



もも も lyj 

I るる-;^ 

おくさ か 

にり ひみ 

LL まばが 

なぜう わ 

も は,^ の 

LL みみ へ 

しし ぞし 

もろの こ 

- - くが さ 

ち ひ ら VJ:- 

のされれ 

い いわな 



に. 



ぎ 







ー$ 

二 



ゆ i 



る もむ- s 

ん 

よ W てめ. 一 

tra ! 2: しる i 

力く 一 

再 U なて わつ 一 

€ は ぞ!. 1/ 

んき Ll よ 

えてち On 



J. ての か 



ぴ すなな 

、、はみ か 

ろ もれす 

よ -VJ - 、な 



?-へ 第五 十二 永遠の 我が 味方- 



たたる ま 

力 力なれ 

みみた VI 

力 力 力ら 

わ わ.? 

のの き- VJ 

へ へしら 

しし ビれ 

、、こた わ 

ビ _、」 は 

ははみ ま 

みみ 力た 

かかみ み 





1 










;きヶ ま r"j^~ な. * 


す _^ 1 1 ~~ 


一 m 1 1 i ― 

-] * ~ 4 















[巳 b —— -f- 



さ 



-m —— 



-I 1- 



ョ: 



-琴 - 



n0- 



一 



No. 54 



サ并 9 ャム、 9 

ホ ラス、 エス、 



'一 ト > ^作 w 

✓ サイン 作 曲 



? 3 ョ 



— —- 



めじ ぞ 

すわく 

か,! ±0 

ち" VJ し 

み ニニ 

てきさ 

びむ-, i 

こし か 

るなる 

f* か! 1 



り 



一. il 

r 

一 r 

, 

し f 1 

拳 



れ ばて 

ゆけ- ん 

みされ 

ば ひ は 



つた そ 

そりの 

、 r も 

びます 

たいな 

へ ら V5< 

されい 

わが 



) d きん 

たべけ 

きうう 

みいみ 

ぐく ぐ 

めむ め 

さ V- な 

L > ^なみ 

の はは 

ひに や」 

^ がちい 

なの^ 



ョ 



,-- 

「Tf 



\ぉ (ら (は 

みたい 

1! か は 

れ くく 

..1.2 力 力 

びはぞ 

、 、らく 

るれ か 

よわた 

ぞうは 

ばてき 

ら が- W 

さや ひ 



1 



一 



i 







T え 



5 



III 







す もぐ 

れ おさ 

おしろ 

かな: 

く か ビ 

ぶかし 

V- よへ 

いがな 

せわ そ 

れ での 

たかみ 

さいか 

1 二三 



li てて ゑ 

め ひご 

W るれ 

つよう 

は^は 

ら みら 

れ がれ 

わな わ 



4 し 「 



」- ゆ 1 



ぞ^. 5? 

くらみ 

ぞれか 

の わみ 

はる 

ひみな 

れ かみ 

|9 うみき 



f 1 



さてげ 



な;: わ 

も, t く 

しさ か 

よ レナ 一 



さんへ 

ベら- 

る ざた 

か め 



や 御み な 
よが まぶが 



きた せい >J 

第五 十 H 來れ、 徒よ • 

一 來れ 、聖徒よ, 苦 をお それやに、 

みち 

よろ こ び もて 道 をす、 め 

たど へ 旅 こそつ らく は 見 ゆれ、 

なが 日の ご どめぐ み來 らん 

われら はつ VJ めて、 由 も な き 

うれ ひ をの ぞく どよ かる べき 

さらば ぞ、 よ ろ こび 胸に 滿 たん 

善き かな、 いど も 善き か な 

二 いかで 我が^ を かなしく 思 はん、 

悲しむ ベ きこ VJ は あら じ 

われら 今よ, 5 たゝ かひ 避 けば、 

の ち に は な Vi 報酬 得べき 

身 をよ ろ ひ て、 男み 立て、 

はわれら を棄て ざらん 

てぞ われ ら はかく かたらん、 

善き かな、 いど も 善き か な 



11 一 神の そな へし どころ を 探 らん、 

は るかに 遠き 西の 國 ぞ- 

がい な 4: 

害 を爲す もの そ こ には^ えて、 

1IH 徒 はみ なめぐ み う け ん。 

わ れ ら は うた ご ゑ 高く あ げ、 

きみ みかみ 

主君なる 御 神 を ほめた ゝ へ、 

ひ;、 - たか い } 

1 き は 高く ぞ か く は 云 は, リ、 

善き かな、 いど も 善き かな 

四た VJ へ わが 旅 を はらで 逝 くも、 

さ い は ひなり、 い VJ もよ レゃ 

われら うれ ひ を のがれ ぞ 出で ゝ、 

正しき もの 共に 住ま はん 

若し また われら はながら へて.' 

1^ 徒の やすら ひ 得ん を 見ば、 

この 折り返し ぞい か な らん、 

善き かな * い VJ も 善き か な 



1— 



—m- 



ョヌ 



-mh—j- 



~ «- ~~ • -- 



No. 56. 



ェ ン サイ 



-夢 一 

二 t^— 



i= に 



-fc^ 着' 



哩 



: お 



作 欲 

作曲 

-I —— l-q 



—― 



よ にて 



ス かし 

がた そ 

わ まお 



あみみ 

らしく 

ちくの 

にが W 

(ねれび 

シ なよ 

ニー 三 




て はて 

リられ 

よれら 

II わむ 

しろ 一 

めし ほ 

のん =.1 



いす W 

はろ ス 

らな ヱ 

れいの 

わに 主 







口 



L 



し LL る 



-卞 



や 



1 一 



一 な あ 

たづ づ 

しみみ 

みく く 

の. うし 

し マ-;,: 

まスゎ 

い テろ 

たバ *、 



第五 十六 浸 鱧の 歌 • 



ちか, 



1 シ オンに 力 ある 

なれ われ ら 

汝の み 我等 を 

われ ら , いまし 

我等 は汝の 

たじ いまし 

只汝 にの み 



11 汝が 

か たま 



勝ち 給へ る 其の 

すく ひ 

なる 救 を 

ブ タス マ . を 受 く 



よ び- 



み を 



.C れ ら むかし 

我等 は 昔の 

しゅ 

生の M ス ど ハに 

こ. * ろ あ 4^ ら 

精 鱗 新しく 



我が 王 M スょ 

ベ し 



みち び: 



召 

ゴ 

し 4,. 力 

從 ふ 



據 



て 

し 



るし み ど 又 は 



はか 

1 墓. 



しるし どして 

われ 



知る 我等 は 

の 



みづ 

水 



な 力 

中 に 



畏れす して 

みち まも 

道 を 守. 



葬 ら 



て 



みづ 



水 を あがる 



♦it 



して 



§Q 徹 Ijat Is ,g お, 



i 



旨 

















【牵, 




-1 '- 


1 » ト 


f Jf- 


i ~ 1 


1- 



U ほき/おな せよ や fc? X れす おめ す 



-T m ~- 1 I ! - ! I I m ~~ r 



から. もつ 'ヽ して じ ゆ 一 ズぉ おへ 



:No. 55. 



ホ ラス、 エス、 



ン サイン 作曲 



や ひ 
や て 



はいで そ め 
か ぜは ゆる 



み 



12: 



塞 



すす 

^ く か 

e や 

かぐ 

でか 

L V- た 

かま 

の は 



! 



T 

, 



ひく 

-yj の. 



ゆれ 

I じ ど 



,> 



. ^ん 

さが 

/ ;ら 

すろ 

なか 

が は 



Lt 



さ 



再 



5 



一ん」 



l-i わ そ. 

ひみ 

かぞ 



3 



や r 



つの 

る は 

なて 

めが 



き: 



り 腿 



, よぶ 

. なな 

かな 

ささ 

一 なな 



S3 なほ な 

.ま 一よ 第五 十五 逭 きを 爲 せよ- 



一 



一, 

ヨ 



U 



な 

ん 



み 



,IT4 み 

IL め 

でさ 



.3 



1 



一 

4- 一 



る 



み 

ナ 

か 

マ 



9 も 



なほな ひい 

直き を爲せ よ や 日 は 出で そ め て、 

じ いう ひかり かで で しゅく 

自由 ど 光 の 前 途 を すリ 

あめなる 使 は わが 爲す こ ど を 

み ふみ しら なほ な 

御 書に 記 すぞ G 直き を爲せ よ 

なほ な 

) 直き を爲 せよ や, おそれ や、 おめ や 

折 ちから を^して 自由 を 追へ よ〕 

- 明日 をば 樂み、 こ、 ろに 勇め 

み かみ まも なほ な 

( 御 神 は 守らん、 直-き を爲 せよ、 し 



二直. きを 爲 せよ や 手 か せ は ゆるみ、 

, れい 

奴静 のく さ, 5 は 

やがて は のぞみに 

まこ W f なほ な 

眞理は 進む ぞ 直き を爲 せよ 



また か > やかす 

そ は 輕らが ん 



なほ 



三直き を爲 せよ や ひるます、 お; f- す、 

進めよ、 進め よ、 行くて は 近し 

さ 

まなこの うるみ も や が て は 去らん 

ま なほな 

めぐみ は 待てる ぞ 直き を爲 せよ 




No. 67. 



ホ ラス、 エス、 ェ ン サイン 作曲 



E き 



ーづ - 



13: 



lit 



— t 



-T^ 一 



-^1 




^ んミ 

、れ" つ 

^ かた ひ 

.: わい お 



ひり か 

わむ じ 

ざの が 

SIS 



ニニ I 



らち- yj 

けう ご 

のる ミ 

ば たれ 

らま 力 

さわけ 

ざ (ひの 

、レ ざよ 



丄 

f 一 



^ め まれ 

や,; ざら 

L もさめ 



まもよ 

いかき 

で はな ひ 

れ がら 

わ わ あ 



1 



ぞ のす 

ひて" 

すすみ 

るぞん J 

^ なて ひ 

r* めさ 



, さ もつ 



一 



-ク 



tt 



ゴ 



^ タきの 



W サ うそ 



かつよ 

ざび き 

一 のゲ 

さしみ 

.rsj.- みる 

r* やぐ 

^ ンなも 



「一 か 



巨 



>レ ばれ 



-of 



まが *• 

ほ, ひ 

^ のみけ 

厂, 

T 一 よ 力、 つ 

^ ばの^ 

一;. ら .》 .C- 

,;. さちし 

ら ざまら 

パー いわ、、 

14 ニニ 二 



」 



にの る 

れへ ゆ 

i つし も 

ノー が これ 

1 わ 一」 わ 







I 

丄 

爷 

r 



J 



れ み-し 



る^な 

む ら \i 

•yj かま 



さ よ ほまれ 

第五 十七 いざ、 去らば 世の 譽。 

1 いざ、 去らば、 低の ほまれ、 

いざや、 相 わかれん 

X T らく 

いざ、 さらば、 世の 快 樂、 

われ は いま も V」 め や 

わが 常に 求む る は、 

どこ 世なる 住ひぞ 

サタン よ, 5 遠ざか, 9、 . 

つみ エフ 

罪に け、 が れ ぬ 世 ぞ 

二 あま 父の 神 を が み、 

義 のかん むりいた^ く 

義人 あまた あるう ちに 

わ が 名 を もき ざま れん 

どこし へのた から をば 

, もどめ てぞ、 すべての 

うきな やみし のびつ ゝ、 

そ を ば わが 所有物 v> せん 

5 ひ .; 

Ill こらしめ を 受 け、 曰 々 に 

わが 十字架 負 ひ つ 、、 

世の けがれ こど ごどく、 

あら ひきよ め られ なん 



& み 

わ れ 燃 ゆ る かま V- を 見、 } 

つよき 火 を 身に 感ゃ „^ 

み t 

その あぐる 果ぞ聖 く、 

こがね こそき え ざ れ r- 

四 世の なやみ 皆 こ ぞ -9.- 

しばし の 間な るの み 

し,, かう たも 

信仰 を 保ちな ば、 

義 のかん むりいた^ かん 

い VJ きょき もの VJ なり 

あまつ 糧 た ま は り、 

かみ ,51 - 

お ほ 祌の御 まへ にて 

御 さかえ をた のし まん 

玉;^ は そこに 住 ひ を ば、 

約 し 置きた まへ bo 

P みな 

主 二 つ く す もの は 皆 

しゃ-つ り しゃ え" li - ) 

勝利者の しるし 得ん 〇 

ぎぞ 照らす かむ り をば 

すく はれし もの 受 けん 

『御 さかえ』 どく. 9 か へす 

うた ぞそ のかち V> き 



Wit Cljunh Hbtt # (Soir jor % |!nj お Ijrt, 



ゥ并, ャム、 フ アウラ一 作砍 

No. 58 Jh ラス、 エス 、エシ サイン 作曲 

















チほ • r 




夢一 


'-^ ~ 1~ r 象 


— - — 




Z — _ ^一 




LJ ^ ― 一— 







【赛 ニー ョ 



— «■ 一 , 一 



: お 一 



—だ 



一 



7t) 



=1=4 



I— ^ 



^ 卞ニ 7 一, 

' ^ 1 ~ - "~ ^ 




一 二 - 一 1 一 

II 二 



*」 



t 松 なみ 

Q んぐ 

ん さめ 

げ だの 

よみ そ 



t 卞 



,ダ 

r 



if 



くな ひ 

びわ じ 

ちいの 

み へ そ 

か f 

らる主 

れ りか 



U わ、、 わ 



t. 



ーネ, p- 

i し, 

ぎ. 



1 1 



き 



ヒ 







ば.: T て 

vj- わみ 

ろ にし 

I への 

一 、また 

がが に 

わ わみ 

ぶ は か 

みお 

かゲく 

みの ュ 

すむ る 

?ゅ 

ん. -か 



,3 りろ (i- 

IF 



十 1 



fT,p 



わ r- あ 

んは^ 

いら リ 

くれ か 

ふわ ひ 

く かる 

やき I 

ケか ミ 

かちあ 

ての 

しひち 

らくの 

てす い 



るみ さ 

なぐ ゆ 

かめみ 

たの I 

ゆ 主す 

ミ がく 

いわか 

み じら 

かばの 

み 力 も 



?し 

んゅ 

かった 



t . ?ん 



ま 



« みたえ 

めかき 

のした 

そた ま 



は ひせ 

ま: i-ti 

た ひつ 

W はへ 

ぶら し 

てれ、、 



Ji み わ W 



」 



すなし 

な-か 

め K- で 

W たか 

つうい 

て f.' ば 

へら 

力 力 ひ 

つか 5:- 

ひに い 

がに さ 

た ひの 

しつ 二 



r LL なの 

, めみ も 

し は む 

まのば 



がつ!.! 

なた み 

^ ぶ ひれ 

、らづ 

ろか w 

一 よさお 

は lI き 

らン ri 



、 、ら 



一 

む 



れォの 

ゎシ; 



LLi 

, 



► かん: Ji; 、 p < 

第五 十八 感謝す 御満ょ 



かん しゃ みかみ ょ, . 

1 感謝す、 御 神よ、 この 末の 代に 

みちび よ げん しゃ 「ン 

われら を 導く 預 言 者 あ り 

かん しゃ み かみ 

感謝す、 御 神よ、 わ が こ、 ろ を は 

て ふくいん 

照らして か > やく 藤 音 あ bo 

かん しゃ み かみ > 

感謝す、 御 神の いど ゆたかなる 

御手よ 賜 はる そのめ ぐみ を 

われら は よろこぶ、 汝が いましめに 

從ひ つ かへ て、 つ VJ め 爲すを 



く. 5 な みせ ま • 5 

二 雲爲 すわ づら ひわが 身に 迫り、 , 一 

へい; みだ * 、、き * + 

こゝ ろの 1^ 和を亂 さん 時 一 

ほゝ ゑむ のどみ はわが 前に あり、 ^ 

救 ひ の 近き を われら は 知る 0,; 



つゆうた が はじよ、 わが 生の 恩惠、 

ひ ひ 4^ しか 

われら は 日に日に 確め た. P 

みな 



シ オンに さから ひ 立 つもの は 皆 



つ ひ 



か な 



遂 に は 必らす 打た るゝ な- 5" 



三 われら はた、 へ ん、 晝 よる を 籠め、 



しゅ 



わが 主 VJ その 慈悲 そのめ ぐみ を 

さか ゆる 福 一 者 を 身に たのしみて、 



あた 



ひかり B 



いのち を與 ふる 光 を 浴 びん,. 

1^ しきものら はかく 進み 行き、 

つ ま たき え 

ど こしへ 盡 せぬ 完全 を 得ん ハ 

おご づれみ ► » 

このよき 音信 身に こばむ もの 

このさい は ひ をば いかで か 知らん へ 



r 



(^- ^ 傪 1 1 ^ 1 1 —— 


- ~~ 

—— m m m ->d 




l-tH> 1 k# 1 & 1 

^ ^ ■ ~ き —— ' 


— 1 1 [ -tf 

し is* ^ tp» 



No. 60. 

一 nti 



ジ ョ 
ホ ラ 



t> 1 一 タフ、 作狀 

フ、、 ノ サイン 作 



れり ー 

けなろ 

-W みが 

一 ぞ $2 

W のま 

へきび 

た- W ろ 

わ (なほ 

の さの 

りい. Hi 

んれく 

しこ (が 



一 



第, K 十 眞理は 何ぞ。 

一 眞狸 は何ぞ そ は 世の中の 

齊 のうちの 寳な b〇 

おごれる 國君 のか む は 朽ちて、 

棄 てらる 時に 至 b て こそ は、 

しん .9 あたへ ト , J 

眞埋の 偎たふ ど:^ れ 

二 眞理 VJ 云 は K 世人 も 神 も 

追 ひも VJ む ベ き寶な 

さぐれよ、 深き 水底に ひかる 

もどめ よ、 高 き 御 き にあらん 

これ 、いど 贵 VJ き のぞみな 

やくしゅ しゃく せい ぎ かぜ 

三虐 主の 笏は、 正義の 風に、 

そ の 手 を 落つ る 時 は あらん C 

しん り ふご はしら 

理ぞ 太き 柱 ど つ > き、 

その 极は固 く あらしに 堪 へ て、 

虐 主の ほろ びまぬ がる、.. 

四 具 理 ど 一 14 は > 、時間 を も 越えて ノ 



萬 物の はじめ 終りな h-c 

御 空 は ほろび、 地 は あせ 行く も t 

眞理は ひ ,1 レ よろ づ を統 ベ て , 

變ら す、 消えす、 どき はな h^o 



卩 



の, *LL 

かみ ゼ 

ぶ 一 なか か 

の もの 

一 HTJ ざ 

, はび い 

そよ ぜ 



« ケひは 

ゆ. レん はく 

," 一一 ない (S 

:」 リリ主 

<ー.レ んんく 

_rA しし a 

4^ 二 1 三 

- : - 一 



ニー 二 

j I 

;! Ill んて 

^ そらえ 

ナ - 、あた 

Fl> て, しに 

まリ らし 

ナ そら 

一- いみ も 

4」 -」 さく 

さかた 

ミ たか 

ろ ト 6 は 

ら めれ 

てミ の 

lil^y す も そ 



一 



! i, 



k ななお 

ららは 

k たた. w 



のさ, * 

>ー ちべ つ 

rn き うむお 

二 

「「ヹ のざ^ 

,ヒ らもて 

かひの 

たお そ 



一 



ちか ひ 

くひつ 

は- 一 k 



^ リ、 一ら 

む そし 

^ かみ は 



のさ さ 

t き みか W 

き ュス 

一一 に k ご ぐん 

CiU おさし, 



- : : ニニ 一 



No. 69. 



-=1: 



-— I- 



さ: 



パー? 、ビー、 ブラ タト 作歌 

ホ ラス、 エス、 ェ ン サイン 作曲 



さ- 



33 



: ま 



づ 二 



—-pmrt^ 二に 



ネ- 



-F 



-^- 



二 fa^ 二 tlfe^: 



るし のめ 

きくた つ 

一 お.^ みみ 

が; て; 

て はなの 




* かるろ し 

W らな むま 

L れめ よん. - 

わ わさ I 



W よは 4v 



みま みん 

かいつ し 

1 二三 四 





1 



^ まあ.^ ま. つ 

きのる 

L ち たれた 



リ^に. 



-で 



! のびり に 

^ ん こよ ひ 

い K: きき 



J ,、J しま 

なわる ほ 



. み (? よな 



さ 



.ll- リ へよ や 



;ー 



あん しゅ れい 



け まめ. i 

ひたしめ 



^1 がし ぜ< 



さ 



TO 



目 



ELt 



.T ナんぐ 

しみ かな 

みに る 

これる I 

しむた こ 

か のれの 

<w ららら 

、、れ れれ 

み 力 レカ 



五十 九 按手 鱧の 歌 



かみ われ ら. 

1 神よ 我等 



いまし 

汝 

みな 

皆 

み 



いま 

1】 <r 



平 



を の 

の 男 

ふく いん 

福 音 

こご かしこ 

命 畏 

あめ 

は 天な 



こ 

る 



牢の 小さき 



ら むね - 

等の 胸 

を きょむ, 



こび 

喜 



つみ 

三 罪 

ち. ^1 ら & 

力 を 持ち 



る 

て 



よろし 現在よ, 5 

入れられ たる を 



しん かう ま 

S 信 g を增し 

すく 力 h 

救 ひの 門に 



猶全き 日 

かれ ら 

彼等の 



> ひ 



手 を按き たる 

をみ な み 

女子 を 見よ 

みち まも 

道 を 守 b 

し 4.i が 

從 ひけ 

はや. * くだ 

鴒を 下し 

ひつじ 

羊の 如 

全き 愛 を 

み たま 

滿 たし 給へ 

な みたま 

汝が 御靈の 



力 

しん かう ね 

^ を 練り 

なれ をり 

汝の牢 に 

かん 、 メ 

或せ しめよ 

のぞみ 

望 つよめ 

みちび 

導きつ、 

まで 

到る 迄 も 

たぐ さ 

慰めよ や 



Ho. 61. ホ ラス、 エス、 3: ン サイン 作曲 











參 1 ^ 


― 奢 ( — — き ― 

- f- ^ 1 1 ~" 


1 1 — 1 — 1 — ~ 


_ r リ' 



f き 


h ■ ― 


- ^ ~" 1 « 








、-き 1 1 — 


-— 1 mh- ~ 1 1 


― 1 1 -i 1— 


づギ 

二 d 


O; りの みち;^ は' 


i ら 


て 



t 



か 
の 



し 
る 



(I れ 



て 

5' 



そろす 

リ たら 

しな 

ち ざ- w 

く- yj ひ 

(r 

(^ スょ 

よ ひた 

れち の 

た レビ 

さた (せ 

1 



サ E 



1 1 



, 



さ 



) 



- - - 



力 よ 

け みら 

さや わ 

> /ら に 

1 みく ズ 

のろの 

力 そ ひ 







さ 



一. I! 

ニー 



へ たら 

たせの 

うみ も 

く ほむ 

力 力ば 

たみこ 

は,^ 

ゑみ ス 

、 、か M 



I I 



!」」 



ち く 

みよら 

るて へ 

めリし 

のちみ 

(i また 

(^- や の 

よわ そ 

しし は 

かか ス 

むむ ヱ 

二 四.! ハ 



攀 i 



.1 



_ I 



f へ 

ししが 

たさた 

み ゆし 

LL ひに 

I よば 

ら こ 

れ びが 

わよ わ 



々ヒ 



ま 



ま 







ti 



r. 



れゎ 

さ 之し 

たちろ 

ま 力し 

1 1 1 

(,ん 

よせし 

やの る 

まみけ 



^k」 



や 



リ * は ,、J 

せ で 



^4 へ ち ま 



TT 



さ 



tt 







かみよ 

か さの 

まふ 

させす 



... 一 さく も 



- ない 一 



さ 



參 



十 

す シ 

ベ ォ 
さてお ン 



九 

す 



ベ 

/^い -f- 

は》 て 

St. 千ち は の く ベ' 

き 'り 末 成- 

年せ く 御み る 



f)(D の 山? 



も 

の 



た て り 

n 過す に 

末?、 £ 



ベ 
し 





よ 

せ 



し 

ビ は 約; 
死し 最もし 束: 
せ 初 二-時 f に 
し 世よ 



ど 





に 



八 

は 

まや さ 

た 奴: れ 
も 隸 



の 
ち 

か へ 
ざ ら f> 



七 

あ 
ぶ 

加 ら 

. そ 



い 

ど 



い 

け 
る 



ェ 
ス 

わ は 
が そ 



I "ん の 
ち 仰 ま 民 



きた よ げん し&' くち 

第 六十 一 來れ 預言者の 口より ぞ。 

きた よ げん しゃ くら 

1 來れ、 預 言 者の 口よ b ぞ、 

かみ み こごき 

神の 御 言 聽け かし じ 

しん 9, みち 

眞理の 道 をば よろこびて、 

こ ゑ たか 

聲も 高く うたへ よ。 

よ D しゃ ふ みち 

二む かし 預 言 者の 踏める 道、 

われら こ、 に 見出しぬ 

今や 預 言 者 はまた 來た り、 

か へ 

こ の さ VJ り を復 せり 

三 大地 ひろく も VJ ざした る 

くら よ 

そ .V ろ 暗き やみ 夜 は、 

活 くる 主領に やら はれて、 

かみ み ォみ 

胸 は 御 か ほ 見せた bo 

四む かし あやまち あ h> てよ, o.、 

よ ご ゆ 

世人 ま よ ひ 行 きし も、 

かみ せい W か え 

神の 疆徒 は赢ち 得たり、 

なほ せま • 

直く 狹き みちをば 

せい ご ひご 

玉 聖徒の たよる は 人なら す、 

ひご て 

人の 手に も あら ざ .90 

すべ ての ろ ひを受 くべき ぞ、 

M ス を 拒む ものら は 



に 救 ふ ものら、 

ひご 

人 をよ び- 

い こひ經 て、 

數に 入る 



をし へら く 

葉に したがへ、 

に 奇跡 あ, 9、 

す, 0? よ 

末の 代まで ど0 

" れ、 優 手 をば 

や まう f, 

れ し 病人 は、 

に 癒されき、 

信仰 あ b てぞ 

〉 おそれな く、 

なわ 目 受け じょ C 

もはやな やみに さそ はれす、 

まよ ふ おそれ あるな し 



%U Creation loins. 



No 62. 



ゥ fl^ リ ケム、 ダブ, レュ、 フエ ブス 作砍 
ホ ラス、 エフ、、 i ン サイン 作曲 



六 そ 



-H 1 <S> - 

— I —— —— I —— 



に- か 



h づ 
の や 
そ ら 
の ほ' 

か み 

V や 



:ヒ 二 二 口 二: 



-~ I » - 

-■m — I —— 



-— f- 



の 


1 


の 


It 


わ 


げ 


て 






ん 


の 


や 








は 


じ 


め 




ま 


ひ 


る 


し 


ろ 


さ 


< 








い 


ぶ 






か 


< 




1 


の 


は 


す 


へ 


て 



Ei^^ F= ま 




二 お = ^-"一 


—^- r - 




― t — 1 "~ 







ひ 
か 
ち 
は 
み 



か 



な 
つ 
ち 
ふ 
な 
み 



る 

ふ 
る 

の 



ひ 
It 



み 
よ 
さ' 
め 
ろ 



プぉ 



リ 


ひ 


か 


リ 


は 


な 


ち 




さ 


た' 


め 










つ 




ろ 


ゆ 


さ 




さ 


わ 


ま 




そ 


ら 






し 


め 




な 


れ 


ビ 



お: 



二に 



-づ 一 



:!=: 



~ 



ま 



15. 
み 
な 

む 



み 
わ 

わ 
お 



め 
し 

ろ 

げ 



な 
め 



の 
は 

い 

い 

ん 

ョ 
-ォ 

の 
(1 
み 



み 

の 
か 
る 
の 

ョ三 
言 
め 

す: 

ち 
み 



む れ 
か さ 

ま V 

づ ち 

レ、 



は 



う 
す 



一せ 一 



二 3t 

n 
み 
ま. 
ら 
み 
め 



ん 



< 

が 
リ 

て 



た 
ら 
る 

へ 

な 
ろ 



-皞丄 — _ 二 

It —— -wt— 



ほ 

い 

は 
た 

7 



ひ 
め 
は 
て 
び 

—— ]_ 

ろ 
れ 

な 



で 
つ 

み 
リ 



か 
し 
か 
し 
ま 



^ — - . -^— 

せ 

め 
た 
め 





て 

さ 
の 

は 



リ 
す 
ろ 
す 

ぞ 



一 _ 

J 



t 



よんみ に. す 

げきはら た 

およみ そわ 

あ.^ 力,^ み 

1 二 三 四 五 



%% 星き 日 ひ 見み 

の は ^ よ 
月? 金え 

^ U^】 か >^ の 

生み きょ 矢 や 
が に b ど 

讃ほ き 光力 ひ、 m 

ら h の 

第れ . 9 

1 め 矢 や 

示お き « ど 
つ 

すゝ ちに 



玉 

共 f 雲 I は 見み 

に 射い て 渡?: 

な す 
御み るく 3 

祌 * 如 廣ミ 上み 
をき きに 

た 電》」 天き い 



或; 
は 

止 

ま 

b 

功 

蹟 

PP 

る 



歌さト 知し 示お 物!) 

ふるす は 
ぺ 聖? な 

き 徙- れ ^ベ 

ぞ は r て 



光 は 凡 3 積ミ白 k 

舉ぇ 

&て るき 
を 

示お m mt 雲く も 
すの もも 



かみ そ 

三 神 は 天體を 

かたち ふしぎ 

形不 思. 議に 

み こ S 

御 命の まゝに 



はじ お i 

砉め給 Kj 

さ だ ねま 

定め 給 ふ 

ある ラ 

或は 動き 



そち 

六 空に か > やく 

みかみ は. 

御 神の 光榮を 

む げん あい 

無限の 愛 を 

よ ほめ 

い VJ 善く 讃美て 



み tl よろ づ 

第 六十 二 仰け、 萬 

あ ふ よろ づ 

一 仰 げ、 萬 の 

ご は かみ 

永遠なる 祌を 

あめ みむれ 

天の 御 群 は 

み な あまね 

御名 を 普く 



もの あ 

の 物 は擧げ て。 

も あ 

物 は 擧げて 

たゝ へまつ る 

ラた 

歌 ひいで、 

轟かせ- 9 



た 力 

よ 、 高 ( 

ら 

つ 空 も 

光 も 

ゝ まつる 



み そら の ほ 

四 御 空 に 上る 

ち ふ あめ 

地に 降る 雨 も 

な いかづち 

嗚る雷 も 

お ほ み ちから 

大 御カビ 













u 


れ J ._=! — i 


—― ^ ft ^ 一 


_ ^ — づ 















すく ひの 
わがみ ミ 



力 * ち 
む n に - 



え せ 
み て 



1 



專- 



:22 



ま 



の 



し 



の 



の 



し 



の 



=1: 



固 



-|» —— ,一 



f —— J —— ^ —— 1 —— —— - 


»■ —— <s> —— 




1 1 —— : _~ L-I —— 1 —— i 





No. 64. 



二 ti— 



クョ チ'、 プ 》レ y , レ 作砍 
ホ ラス、 エス、 a: ン サイン 作曲 

N_ W r ~~ ; n 



み 
め 



-r 一 



1 

ゆ 



―, - 



: 巨: 



-0- —— ^ — 夢 - 



一 か 



みよ わ 
ゑ もた 



れらの 
のしき 



さ 
ふ 



:4 



: に: zt= 



に ニニ! 



さえつ 
われら 



It 



なわ;^ 

かん しゃ し 



み 
力 



てに 

ベ は 

す さ 

らそ 

れこ 

わみ 

むひ 

わす 

のみ 

みの 

か 主 



^ ぶし 



一め ベ 

ぐた 

なし 



れリ 

わな 



る は 

すら 

_ びれ 



さんく. n い -7 た 

第 六十 四 散會の 歌。 

1 神よ、 我等の 去る にの どみ、 

きえつ へいわ 

. 喜悅 ど le '和 をみ たしめ よ 

神の愛 もて、 われらす ベて 

すく ひの 勝 利 を 得せし めよ 



この あら 野 



おび 



旅する われら なぐさめよ 



こ ゑ たの ふく いん 

二 聲も樂 しき 福 昔の 爲め、 

, かんしゃ かつ ュ 

われら は 感謝し 且た ゝ ふ 

主の 御す くひの 實 こそ さはに 

みむね み 

わが 身 VJ 胸に 满て よかし 

ビ こしへ に 

£ れ しんり 

我ら は眞理 にした がふべ し 



一 



ぞ;: 

のの 



ろ. 



し T 一 

J 一 



め 



し. < 



たつ 



Come pitljcr, %ll §c WitRX]i Bmh 



イサク、 ターク 作歌 

No 63. ホ ラス、 エス、 :ttj^ サイ ゾ 作曲 







:=l=q=ZT=f5i 




三 翁=^ - 










「ョラ 




:-p し 


― , — ^ — 1 


1 








め 

が 

か 



ら 




れ 
ら 

汝さ軛 ふ 御み 無な 

さ 

に を 则ミさ 

し f 3 ん 

^'"'^ 伏"' 仰 S') 
むひす ど 



や 
や 

す 

我り 我 1 犬き 汝 ^ま' 

S や" 等ヒ 

惠み軛 I' て の 

に こ 負お— 

よそ ふ^た 

b は は に 

其 そ 肩?; 幸 f. 我 わ 
の に 福 まが 
輕ち、 易? な 貌ま 
しく f) を 



如 「纩 海ん e: 、ミ平 や 
ろみす 

く の 持 も 女き 
を 

荒 は n さて ; 

しく b む 



汝な I 我1^我" 

を < に に 
i ^す: 

め 慰! 來ま來 き 
むめれ れ 



誇き さ 我^^我1: 
を 
知し 
る 

者 急 
は 



る み I か 
れ 

き た 
る 

ぞ^ の 者 も 

よ よ 



お. 



ま 



T タ 



rr 



謹 



れリリ す 



たてな ふ 

さも ひ 12 

LL ろ はへ 

れ ^ いま 

わ こさみ 

よろ はて 

の だ 一れ 

もく おら 

きリ てめ 

へびせ 

ふ はこ-. 2 

みれ ろみ 

つ わよ つ 



t さ W すお 



^^1 



めくく ひ 



ぐご や 

なの: i き 

くみた び 

h よう 力く 

さはば さ 

ぞ.: r そし 

のか こさ 

vj* いさや 

., ^み もび リ 

ふ しどく よ 

nif るれ がま 

■6 くさ わ い 



四然ば まよ 我等 

b-x つち つみせ ノ 

罪に 責められて 

今よ... 5 や さしき 

,ちか や マみ 

り 誓 ひの 休息 を 



みはみ や 

る はぐの 

な リめひ 



めら ろ- yj 

かわか も 

のれ 

なご そな 

にの リな 

ねて よみ 



むしし む 第 六十 三 我に 来れ。 



は へ りく だる 

れ ノレ KM は 

y はやて 

は 疾風の 



勞苦を 除き 

あめ みや ゐ, 

天 な る宫 居に 



明治 三十 八 年 五月 卄 九日 印刷 

明治 三十 八 年 六月 一 日發行 



不許複製 



n 

印 



1 了 

\ィ 



者 

者. 



人 



發 行 所. 



東京 市 四 谷區霞 ヶ岡 町 十六 番地 

ホ ラス 、エス、 ェ ン サイン 

フレデリック、 ェ 1、 ケ イン 

東京 市 四谷區 霞 ヶ岡 町 十六 番地 

末日 垂徒 耶穌 基督 敎會 

日 木 傳道部 

右 代表者 

ホ ラス エス、 ェン サイン 

東京 市 京橋區 銀座 四 丁目 三番 地 

ゼ 1、 ヱ ル、 カウ H ン 

東京 府下 豊多摩 郡 漉 谷 村 大字 

靑山南 町 七 丁目 一番 地 I 

脊 山 印 rtg 

末日 塞 徒耶穌 基督 敎會 

日本 傳道部 



ま 0l0g2, 











-' ■■ ■ - ' ■ '■ 






—— 1— ?:-^ —— ョー 
-? 7^ 才 ■ i 




り d 


<S —— ~ 
1 1 


ひ 一 





^ 「ノ P— 士 


~~ 1 —— ' 




hd —— 1 —— 1 


^ ― 

~~ S —— 1 — 


„ ひ 






1 1 






1 ( — 1 





Nos. 6 ひ, 6o. ホ ラス、 エス、 ェン サイン 作曲 











千"" 1^ マン- 






お 




d ジに 


ひ 


- , 1 ! ~~ 







-<s»- 



122: 



122- 



リリょ 

タなめ 

: へ ほ 

かし か 

の、、 み 

tC み- 

な ぐる 

ため ふ 

しみ あ 

がよ み 

めみ ぐ 

あかめ 

ニニ 



めれ も 



しわ W 

へ -yj び 

> * 、ろ 



ば そ も 

. ^こら 

し-.. L の 

わても 

リ -W る 

くこな 

つみち 



.1 二 -tij 

一 . . PC rFC .. 



め ほつ 

めみ め 

_« ^かえ 



ス& 



f か 

しらま 

^ ぬうた 

ひらみ 

なう こ 

力 r 

わつ ち 



第 六十 五 頌歌。 



イサク、 ターッ 作歌 



あめが 下なる もの を擧. 9、 

つく. CN 主 をば た、 へしめ、 

よろ づ國 たみ 口 を そろ へ、 

あがな ひま を讃 めしめ よ G 



二 祌 よ、 御 め ぐみ VJ こしへ な- 5、 

み き ft *<• こ W ,1 

御 言 葉に こそ 眞理 あれ 

日 の 出入す る その かぎ b は、 

つ うら >.\ かみ 

津々 浦々 も 胂をほ め ん 



しょう か 



—IT* 作 欲 



第 六十 六 頌歌 

かみ r^ 

一 め ぐみ あ ふる ゝ神を ほ め よ 



ぴご 



地なる ものら も, も ろ 人 も • 

み むれ かみ 

あまつ 御 群 も、 神 を ほめよ、 

キ子 、聖霊 を ほめ ま つ れ。 



3- 

Jesus Once Of Humble Birth (Sacramental) 

Join The Children Of The Lord 

Joseph Smith's First Prayer 

K 

Kind And Gracious Father 5 

Kind Words Are Sweet Tones Of The Heart 28 

Let The Holy Spirit Guide 

Little Children Love The Savior 

Lo ! On The Water's Brink 

Lord Dismiss Us With Thy Blessings ... 
Lord I would Own Thy Tendor Care ... 

Love At Home 

Loving Parents 

Marching Homeward 20 

Nay Speak No 111 2$ 

Now Let Us Rejoice ... 51 

O 

O My Father 43 

O Say What Is Truth ? 6o 

Our Everlasting Friend 52 

Parting Hymn -. 

S 

See All Creation Joins 

See The Mighty Angel Flying 

Sing And Pray 

Sowing 

T 

The Children's Song Prayer 

The Happy Day Has Rolled On 

The Lord Is My Light 

The Spirit Of God ; ... 

Though Deep' ning Trials ... ., ... i 

'Tis Sweet To Sing The Matchless Love (Sacramental) ... 

W 

Welcome, Welcome Sabbath Morning 

We'll Sing All Hail To Jesus' Name (Sacramental) 

We're Not Ashamel To Own Our Lord 

We Thank Thee O God For A Prophet 

When The Rosy Light Of Morning 

While Of These Emblems We Partake (Sacramental) ... 



Number. 



33 

31 

24 



40 
IS 
44 
64 
4 
27 
17 



2 2 P3 3 3 I □ 3 7 7 2 6 58 6 4 

3 6 4 12 ^ +5543 345 3 



Index to Titles. 



A Precious Jewel 

Baptism 

Beautiful Day Of Rest 

Beautiful Words Of Love 

Break Not The Sabbath Day 

C 

Children's Song , 

Christmas Carol 

Closing Hymn 

Come, Come Ye Saints 

Come Dear Children Join and Sing … 

Come Dearest Lord ,• 

Come Hither All Ye Weary Souls 

Come Listen To A Prophet's Voice .,. 
Confirmation 

Did you Think To Pray ? 

Do What Is Right 

Doxology 

Far, Far Away On Judea*s Plains 

Farewell All Earthly Honors 

Forbid Them Not 

„ For Our Devotion 

G 

Gladly Meeting Kindly Greeting 

God Is Love 

God Will Bless The Pure In Heart ... 
Guide Me To Thee 

How Great The Wisdom (Sacramental) 
Hymn Of Praise 



Improve The Shining Moments 

I ひ Our Lovely Deseret 

In Remembrance Of Thy Suffering (Sacramental) 



COPYRIGHT 



1905 

BY THE 

'Japan Mission. 



Preface. 



Ringing has always had a great influence for good upon the hearts of 
W men. Songs are potent factors in the spread of truth. Appreciating 
these facts and realizing the need of hymns, the sentiments of which fully 
harmonize with the doctrines of the Church of Jesus Christ of Latter-day 
Saints, it was decided by the officers and missionaries of the Japan Mission 
of said Church to publish this small psalmody containing sixty six songs. 
Selections were made from various English song books of the Church, care 
being taken to choose some songs for the children of the Sunday School, 
some for the use of the Saints in their Sacrament and other meetings, some 
adapted to missionary work and some to be sung in connection with the 
administration of the ordinances of the gospel. 

The translations were made by several persons, but in every instance the 
services ot Japanese poets were secured to arrange the hymns into 
Japanese verse. 

Care has been taken to preserve, as fully as possible, the meaning 
of the original. This required, in most cases, that the Japanese verse be 
made longer than the English, consequently the music for the English 
verses had to be discarded and new tunes written for each hymn. 

Trusting that the Spirit of God will accompany these songs wherever 
and whenever they are sung and that those who sing or read them may- 
receive a testimony of the divine truths which they contain, we offer this 
psalmody to the public, 

JAPAN MISSION OF THE CHURCH OF 

JESUS CHRIST OF LATTER-DAY SAINTS. 



Tokyo, Japan, June I, 1905. 



PSALMODY 

OF THE 

JAPAN MISSION 

OF THE 

CHURCH OF JESUS CHRIST 

OF 

LATTER-DAY SAINTS. 

Compiled I) や 

Elders Horace S. Ensign and Frederick A. Caine. 
jfirst Bbition 



iPubUsbeD tbc Japan /iRfssfon. 



U ft ^ 
1905 



rnd タ 5* 'よ 
A/9?>? 'リ 

no5